交感神経と副交感神経のバランスが大事

リンクユニット
広告
336_280

昼間に活発になる交感神経と夜や安静時に活発になる副交感神経

自律神経は大事だっていいますよね。
臓器は手足みたいに
思ったように動かすことができません。

交感神経と副交感神経がバランスよく動いて
臓器をコントロールしています。

yoga.jpg

「聞くだけで自律神経が整うCDブック」
小林弘幸 アスコム

この本はCD付きなので音楽聞けます。
他のリラクゼーション音楽と違って
この音楽は医学的根拠をベースに作られているそうです。

聞いた感じではきれいな感じの曲です。
ずっとBGMとして聞いていても嫌な感じはしません。

自律神経のバランスが崩れると
よくないというのはよく聞きますが、
交感神経が優位になった状態が続くと一日中イライラして
血流が悪くなり免疫力が低下します。

副交感神経が優位になった状態が続くと
注意力散漫でミスを起こしがちで
うつ病に陥りがちな傾向があります。

交感神経、副交感神経が両方低い状態が続くと
大変疲れやすく覇気が感じられずぐったりしています。



バランスを整える

実は結構繊細でちょっとしたことでも
バランスは崩れてしまうようです。

精神的ストレスや昼夜逆転などの
不規則な生活も原因となります。

ここでなぜ音楽を聴くかというと
人間の脳が本能的に音楽を「快」と感じるよう
プログラムされているからだそうです。

音楽を聴いて心身ともにリラックスするというのも
その効果かもしれません。

本ではこんな音楽もおすすめされていました。
・テネシーワルツ
・アメイジンググレイス
・卒業写真 ~荒井由実~
・Beautiful life ~福山雅治~ など

効果的な食べ物もあります。
・バナナ
・乳製品
・大豆製品
・いわし
・亜麻仁油 など

まず朝日を浴びて歩き
音楽やアロマでリラックスして
ストレッチや意識的な呼吸してみることで
自律神経のバランスを取り戻して毎日ワクワク過ごしましょう。



0