助けてほしい肩こり・首こり

リンクユニット

みなさん肩こりでお困りではないでしょうか。
私は20年以上の肩こりを抱え、鉄板のようといわれてきました。

正直肩は凝っててもあまり困りません。慣れでしょうか。
困るのは首です。
乳鎖胸突筋が張りまくりで
首と後頭部の付け根がもう・・・言葉にならない。

「首を整えると脳がカラダを治しだす」
 島崎広彦 アチーブメント出版

katakori.jpg

 

不調の原因は首にある

腰痛やひざ痛の人も首のズレを治すだけで治ります。

なんで首を治すと腰痛が治るのかというと
首のズレを治すと神経への圧迫がなくなり
本来の脳のコントロール機能が働き
自然治癒力が発揮されるからなのです。

緊張性頭痛

後頭部の筋肉が緊張して
神経を圧迫することで緊張性頭痛になります。
こちらは交通部から首の後ろ・首の横の筋肉を
ゆるめると痛みが軽くなります。

ストレートネック

首のカーブがなくなるだけでなく、正常なカーブを
失うことがストレートネックです。

ストレートネックの改善には
腰が関係しています。
腰が反りすぎて背中が後方に
押し出されてしまっているので
首がバランスをとろうと前にきたり、曲がったりするのです。

腰の反りを戻して、首から肩にかけての筋肉を
鍛え長い時間の下向き作業を避け
円筒状の枕を使って改善していきます。


肩こり

良い姿勢であれば筋肉が少なくても血流が悪くても
改善される、とのことです。

では良い姿勢を作ってみましょう。
①立って肩をすくめるように上げます
②そのまま肩を後ろにひきます
③肩をストンと落とします
気が付いたらやって、良い姿勢を習慣づけましょう。

基本の首押し

実際に押してみます。
順番としては、手もみ→前腕ほぐし→上腕→肩回し
→首と押していきます。

では基本の首押しです。
①両手を組んで後頭部へ当て、下を向いた親指で
 首の両側を押します。

②ひじを下げて脇を締めるようにして親指に圧をかけます。
 頭の付け根から少しずつ下にずらしながら押します。

③首の付け根まで下りたらまた頭の付け根に戻って
 同じように位置をずらしながら押します。

親指が疲れてきたら人差し指、中指、薬指で首の横を
上から下に少しずらしながら押していきます。

首押しのポイントや改善プログラムはやはり図つきが
わかりやすいと思うので
興味ある方は本を見てみてください。


0
広告
336_280
336_280
広告
336_280