血管の若返りと花粉症

リンクユニット

なんとか花粉症の時期を
軽く乗り越えられないかと情報収集中です。

血管と握力

まだまだ寒い2月ですが、寒さによって血管が
破裂することもあるといいます。怖いですね。

寒さで老朽化した水道管が破裂するように
人間の血管も老化によって寒さで破裂する可能性があります。

老化によって血管にしなやかさがなくなり
硬くなるというのはよく聞く話です。

ただ血管が硬くなってもまた柔らかくできるのです。

血管の老化と握力には深いつながりがあり
握力を鍛えると血管が若返るといいます。

血管を鍛えるって難しそうですが、
握力ならやり方がありそうです。

しかも家事程度の軽い握力を使うことで
血管を若く維持できるようです。

お風呂で握力アップ法

お風呂に入るとカラダが温まり血管が広がり
血流の流れがよくなります。

この状態でビニール製のボールを手で握ります。
ちょうど手に収まる大きさのボールですね。

手は2本なのでボールも2個用意して力をいれて
ボールを握ってはゆるめてを繰り返します。

このボール握りを1週間続けた検証では、
血管年齢が15歳も若返っていました。

週1回のジム通いより毎日の家事で握力を維持しましょう。


花粉症対策

私はアレルギー性鼻炎で
花粉症なので、毎年つらいです。
今年はスギ花粉が昨年の倍飛ぶといわれています。

マスクと眼鏡

名医は当たり前の対策をすることで
症状の軽減が可能だといいます。

まず三原則ですね。
1.花粉を持ち込まない

2.花粉を排除する

3.花粉をまき散らさない

では具体的な対策です。
「1.花粉を持ち込まない」
・帰宅したら玄関の外で花粉を払い落としてから家に入る
・アウターは起毛した素材を使わないものを着用する
・洗面所で手洗い、うがいをする
・洗濯物は部屋干しする

「2.花粉を排除する」
・花粉症用マスクを使用する
・鼻うがいする

「3.花粉をまき散らさない」
・掃除機は控えめにしてフローリングは拭き掃除する
・空気清浄機はリビング入口の人の動きがあるところへ置く
・加湿器で湿度60%に保つ

知っていたようで思い違いをしていた対策も
ありましたがみなさんは実践できてましたか。
だいぶ症状が軽くなるようですよ。
是非お試しください。


0
広告
336_280
336_280
広告
336_280