もうひとつの関ケ原の戦い|北の関ケ原

リンクユニット

直江兼続は大河ドラマにもなりましたが、
見ていなかったので(笑)
北の関ケ原といわれる戦いがあったとは知りませんでした。

愛の兜で有名な方ですね。
なんとなく三成と家康をはさみうちにしようと
計画し、家康に追い打ちをかけようと進言したのに
上杉景勝が卑怯なことはしないと軍を引いてしまった、
くらいの認識しかありませんでした。

なんかだいぶ違いましたね。。。
兜 武士

戦までの流れ

磯部さんは直江兼続を日本一の武士と称賛しています。

上杉景勝の補佐役として
直江兼続は活躍した武将ですね。

5歳の頃より一緒に学問を学んでいたので
もう二人はツーカーの間柄です。
上杉家は秀吉と密接に関係していて、
越後を支配していましたが、
徳川家康が東北の伊達政宗や最上義光と不穏な動きをしていました。

豊臣秀吉が上杉景勝を越後から
会津へ移してこの間をけん制しています。

上杉は正直で義に生きることで有名ですから
秀吉も頼みにしていたのでしょう。

景勝は五大老にも選ばれて、家康を抑える役目を担っていましたが
秀吉が亡くなると家康は動き始めます。

家康は、上杉景勝が築城していることを
「謀反の現れ」だとして
上洛して弁明するようにいいます。

家康からしたら一番煙たい相手ですからね。
これに対して直江兼続は「直江状」を家康に叩きつけます。

家康はとうとう会津征伐に出ます。
上杉景勝もこれに対して出兵します。
そして戦いが始まろうという時、石田三成が挙兵したのです。

石田三成は前もって上杉に協力を申し出ていたんですね。
これに対して家康は会津征伐を中止、引き返します。


英雄の選択

賊軍となった家康に対して直江兼続は、
石田三成に加勢するのか、様子をみるのか
直江兼続ははどちらを選択するでしょうか。
①すぐに家康を追撃
②奥羽を固めて関東攻め
・笠谷和比古(歴史学者)②
 秀忠軍は簡単に追撃できない要塞線を作っている
・鈴木由紀子(作家)①
 逃げたら追うのが常套手段
 城も落とせるはず
・小谷賢(戦史研究家)②
 情報がなくて判断がつかない
・磯田道史(歴史学者)①
 会津城は簡単に落ちない
 佐竹が合流すれば江戸城は落ちる
 

兼続の決断

直江兼続は②を選択して、
最上・伊達に降伏勧告を出し
最上へ出兵して長谷堂合戦が始まります。

この長谷堂合戦が「北の関ケ原」といわれるものです。

これは「西の関ケ原」と同じ日に
合戦が始まったためこのように云われています。

最上は、長谷堂城の守りを固めていたので上杉軍は苦戦します。
兼続は3回に渡って攻めますが、攻めきれず
「西の関ケ原の戦い」の結果を聞き、上杉軍は撤退します。

東海道・中山道を徳川軍が押さえていて
情報が届かなかったのが
致命的なところだと言っています。

やっぱり情報って大切ですね。
地点は取り返すことができるけど、
機会・チャンスは取り戻すことができないといいます。
このチャンスではなく地点に重きをおいたことが、
この結果を招いたのではないかと結んでいます。

タイミング、ですか。見極めるのって難しそうです。
直江兼続でさえ見誤ってますからね。

ただ結果としては戦国の世を終わらせ
「文治の世」を作ったということで
家康と兼続はこの結果に満足がいっていたかもしれません。


0
広告
336_280