花粉症が治っちゃった、かも

リンクユニット

ちょっと早いかもしれないけど、書いてしまいましょう。
実は私、花粉症治ったかもしれません。

vitamin.jpg

花粉症歴

花粉症なんて言葉がなかった頃から、
アレルギー性鼻炎持ちで春や秋には結膜炎になってました。

だんだんひどくなって薬なしでは
季節を超えられなくなって20年くらい経ちますか。
そんな私が今、全くの快適状態なんです。

周りの人は目がかゆいとか
鼻ずるずるさせてるのに!!

腸内環境を整えようとヨーグルトを
1年食べてみたけど私には全く効果なし!

もう割り切って薬で乗り越えようと思っていました、今年も。

経緯

もちろん、怖いので今でも外へ出る時は
マスクつけてますが、カラダが楽です。
この状態でいられる原因として
思い当たることといえば、ビタミンCなんです。

2月中頃に隣の人が咳ゴホゴホしてまして、
私もちょっと喉痛くて咳コホコホ始めたので
「これはヤバい、風邪のひき始めだ」と思い、即検索してみました。

「風邪にはビタミンCを
大量摂取して寝るのが一番」
と書いてありました。

そこで会社近くの薬局で適当に買った
ビタミンCのサプリメントを
大量に飲んでぐっすり寝たところ、
風邪はそれ以上悪化することなく症状は改善に向かったのでした。

風邪はすっかり良くなったのですが、
まだ瓶にはビタミンCサプリがたくさん残ってます。

もったいないな、と思い1日2000mg
(朝と夜に1000mgずつ)飲むことにしたのです。

そう、このビタミンCしかいつもと違うことはしてないので、
これが原因だと思うのです。
職場の人には老化現象と言われましたが、
それにしては「少し楽」くらいではなく「快適」なので
自分的にはしっくりきません。(老化って徐々に進むものだと思うので)

ビタミンCがお肌にいいことは知っていたので
「美肌になるかも♪」くらいの
気持ちで飲み続けたビタミンCがまさか花粉症に効くとは!!


ビタミンC

ビタミンCの効用を調べてみました。
・抗酸化作用
 細胞の老化を食い止めます。
 紫外線やストレスによる酸化を防ぎます。
 つまり美白・美肌作用があります。

・免疫力アップ
 体内の免疫力、肌の免疫力を高めます。
 風邪の予防にも効果があります。

・抗ストレス作用
 抗ストレスホルモンの合成をサポートします。

・骨を丈夫にする作用
 鉄分吸収を高め、傷の治りを早めます。
 コラーゲンを合成し、骨を丈夫にします。

有名なだけあって、効用もたくさんありますね。
ビタミンCは体内で合成されないので
食物もしくはサプリなどで摂取するしかありません。

食べ物から摂取するのが一番でしょうが、
足りない場合はサプリもうまく取り入れるといいでしょう。

3~4時間で体外に排出されてしまうので
こまめに取り入れることが必要です。
食べ物で摂取する場合はアセロラ、レモン、柿、
ブロッコリー、ケール、赤ピーマンなどがおすすめです。

ビタミンCと花粉症の関係性

私以外にもビタミンCで
よくなった人はいないかと検索してみました。

いましたよ!
もちろん風邪に効いたという人がずっと多いですが
花粉症治ったという人もいました。

ビタミンCの免疫力アップが作用したのでしょうか。
ビタミンCはアレルギー物質である
ヒスタミンの量を減らすことができるといいます。

アレルギー物質であるヒスタミンが
多量に分泌されることで花粉症の症状が起こるので
このヒスタミンの量自体を抑えることで
花粉症の症状が出ないんですね。

よかった、私の推理当たってました。

ビタミンP

初めて聞きましたがビタミンPとは
ポリフェノールの一種ということで
ビタミンCの効用を助けてくれるものです。

一般的にはフラボノイドと呼ばれています。
こちらの方が聞き覚えがありますね。

ビタミンCは水溶性ですぐに体外へ排出されてしまい
体へ吸収されにくいですが、
それを助けてくれるのがビタミンPということです。

ビタミンCと一緒にビタミンPを
摂取することでより効果的に
ビタミンCの効用を享受することができ、血圧の上昇を抑えます。

またその他にも毛細血管を強化し、
ウィルスの侵入を防ぐ働きもあります。
ちなみにビタミンPはルチン、ヘスペリジン、ケルチンのことです。

ビタミンPが含まれる食べ物は
そば、いちじく、みかん、りんごなどです。

柑橘類に関しては実より薄皮が豊富なので
むかずに食べましょう。
こうして今年は快適な春を迎えられそうな私ですが、
もちろん全員に効果があるとは思っていません。

たまたまビタミンCが不足していた私には合ったのでしょう。

ただお手軽な方法ですし、
ちょっと試してみてもいいなと思えたら是非挑戦してみてください。
花粉症のつらさは身に染みてますので、
快適に過ごせる人が増えるとうれしいです。


0
広告
336_280