親孝行するために親に長生きしてほしい

リンクユニット

親には長生きしてほしいものです。
今回はこちらの本です。
「親を長生きさせる31のこと」
米山公啓  泰文堂

roujin.jpg

健康でいてね

時間が経っているのだから当たり前なのですが、
久しぶりに会うと親が年を取っていることに気づきます。
親に元気でいてもらうために必要なことを知っておきたいですね。
・ウォーキングシューズを贈る
 1日20分歩くだけで効果があります。ウォーキングを習慣にしてみましょう。
 「吸って、吸って、はいて、はいて」の呼吸法で歩いてもらいましょう。
・歩数計を贈る
 日本人の平均歩数は7000歩です。
・眠りやすい寝具を贈る
 やはり睡眠は大事ですね。体に合う寝具を選んでもらったり
 評判の枕や寝具を贈って眠れるようにサポートしてみましょう。
 睡眠1時間前は飲食せずにリラックスするよう促します。
・電動歯ブラシを贈る
 歯は大事ですね。好きなものを食べられる喜びは持ち続けたいものです。
 口の中を清潔に保つことが健康維持につながります。


食べ物で若返り

・旬のものを定期的に贈る
 旬のものはやはり栄養価高くておいしいですからね。
・おいしい水を定期的に贈る
 水を飲むということは健康にいいらしいです。
 老人になると水分が少なくなっているから気づかずに脱水症状になっていることもあるようです。
 体内の水分も循環が必要ですからこまめに水を取ることは必要です。
 おいしい良い水ならなおさらいいですね。
 寝る前にコップ1杯の水を飲むことをオススメしてください。
・スーツを着て高級レストランへ
 普段とは違う環境、食事で脳に刺激を与えます。
 適度な緊張感が若返りの秘訣です。たまにはおしゃれしてスーツを着て
 高級なレストランでのお食事を楽しみましょう。
 また赤ワインやコーヒーも健康によくストレス緩和につながるので
 生活にうまく取り入れてみましょう。
 

生きがいも必要

・孫を育てることに協力してもらう
 人生には生きがい、張りが必要です。
 「こういうことで、あなたが必要です」とアピールしましょう。
 孫のことなら機嫌よく協力してくれそうです。
・アロマを贈る
 香りには記憶を呼び起こす作用があります。
 レモングラスやローズマリーなどは記憶力アップに向いているアロマオイルです。
 嗅覚で脳を刺激して、香りでリラックスできるよう手助けします。
・週1回親に電話する
 新しい話題で脳に刺激を与えます。親はいつまでも子供のことが気になるようですから
 最近の自分のことを話すのもいいですし、親の話を聞いてあげるのも必要です。
 体調や心配事について聞いてみてもいいでしょう。
 また最近の流行りについて話して興味を促すと生活が広がるかもしれません。
 友達の親はiPadを贈ったところ写真が趣味になり、常に持ち歩いているようです。
 スマホの画面は小さいからiPadくらい大きいと使いやすいようですね。
 おかげで趣味が増えて生活も楽しそうです。

挑戦して

・塗り絵を贈る
 塗り絵が脳を活性化するというのは有名な話になりましたね。
 塗り絵は脳全体を使うからいいのです。完成品はほめてやる気を起こさせてください。
・携帯メールを送る
 日頃から携帯を使いこなすことで自信を持たせます。
 また携帯メール、LINEなどのやり取りでお互いの状況もわかりますし
 安心の材料になりますよね。
 写真なども共有できればもっと楽しめえるはずです。
・親子で旅行する
 旅行プランはあえて親にお任せします。旅の計画は最高の脳トレーニングです。
 親に旅行会社との交渉を任せて自分はサポート役に徹しましょう。
・メイクセットを贈る
 新しいメイクセットを贈ることで母親にメイクをしてもらいましょう。
 外見が変わることで心も若返ります。
 メイクでうつ気分を発散させましょう。化粧品も若い時とは違いますので
 高齢者用のメイク商品を探してくださいね。


0
広告
336_280