体質チェック

リンクユニット

漢方での体質チェックです。
自分の体質を確認しておいてください。

chinese-medicine-2178253_640.jpg

証チェック

実証タイプ
 ・血圧が高い
 ・がっちり筋肉質
 ・首が太くいかり肩
 ・目に力がある
 ・肌につやがあり血色がよい
 ・元気で積極的
 ・声が力強く大きい
 ・食欲旺盛で胃腸が丈夫
 ・便秘がち
 ・トイレの回数が少ない
 ・疲れてもすぐ回復する
 ・汗はかくけど量が少ない
 ・暑がりで冷たいものが好き
虚証タイプ
 ・血圧低く、貧血
 ・華奢でやせ型
 ・首が細くなで肩
 ・目に力がない
 ・皮膚にはりがなく色白
 ・元気がなく消極的
 ・声が弱々しく小さい
 ・小食で胃腸が弱い
 ・トイレの回数が多い
 ・疲れやすく回復も遅い
 ・汗の量が多く寝汗もかく
 ・寒がりで熱い物が好き
実証タイプの質問でチェックが6個以上→実証タイプ
 筋肉質で元気、仕事も遊びもできる人。カラダをよく動かしバランスのよい食事と
 リラックスできる休憩タイムを作って下さい。
虚証タイプの質問でチェックが6個以上→虚証タイプ
 朝が弱く顔色も優れない体力がない人。自分のカラダと相談しながら規則正しい生活を
 心がけてください。
実証タイプ、虚証タイプのどちらも同数、もしくは5個以下→中間証タイプ
 どちらにも傾いていない中間タイプの人。


 

気・血・水バランスチェック

健康のバランス取れてますか。当てはまる項目をチェックして数えてください。
気虚タイプ
 ・疲れやすく倦怠感、無力感がある
 ・風邪をひきやすい
 ・手足が冷えやすい
 ・下痢しやすい
 ・朝が苦手 
 ・月経が長く続く
 
気滞タイプ
 ・イライラして怒りっぽい
 ・ゲップが出やすい
 ・喉や胸がつかえた感じがする
 ・頭痛になりやすい
 ・拒食、過食を繰り返す
 ・月経前の不快感がある
 
血虚タイプ
 ・夢をよくみる
 ・不安感がある
 ・爪や唇の色が薄く、爪が割れやすい
 ・皮膚も髪も乾燥してパサつく
 ・便がコロコロしている
 ・月経血が少なく周期が遅れがち
 
お血タイプ
 ・しみ、そばかす、くすみが気になる
 ・肩こり、頭痛がある
 ・脚の毛細血管が目立つ
 ・目の下のクマができやすい
 ・便秘気味で色が黒い
 ・月経時かたまり状のものが出る
 
水滞タイプ
 ・下半身がむくむ
 ・車酔いしやすい
 ・体が重くだるい
 ・お腹がポチャポチャ音がする
 ・下痢、軟便になりやすい
 ・おりものが多い
 
一番多くチェックがついたものがあなたのタイプです。
3個以上のチェックが複数タイプについた場合は、複合型になります。

タイプ別養生法

・気虚タイプ
 すぐ疲れてしまうエネルギー不足の状態です。
 免疫力も低く風邪をひきやすく、長引きます。
 対処法としては根を詰め過ぎず、休息を確保して睡眠時間をたっぷりとること。
 また山芋や雑穀、カボチャ、生姜、ネギなどカラダを温めるものを積極的に取りましょう。
 胃腸は強くないので腹八分目を心がけましょう。運動も無理ないウォーキングやヨガなど
 呼吸とともにゆっくり行う運動を取り入れましょう。
  
・気滞タイプ
 エネルギーがよどんで停滞している状態です。
 日中眠くなったり、食欲がコントロールできなくなったりします。
 対処法としてはストレスがたまりやすいので深呼吸したり、趣味にはまったり
 アロマなどで気分転換しましょう。
 香味野菜やハーブなどを利用して過食を留めましょう。運動はジョギングやエアロビクスなどがオススメです。
 
・血虚タイプ
 血の力が足りず、カラダに栄養が行き渡らずに老廃物を排出できずにいる状態です。
 血を作り出すエネルギーも足りないので新陳代謝が悪くなり消化吸収力が低下します。
 対処法としては夜更かしは禁物です。長時間のテレビやパソコン、長風呂にも注意しましょう。
 肉や魚を取りましょう。魚は赤身や青魚がオススメです。黒豆やひじきなど黒い食品や
 ナッツやドライフルーツもオススメです。軽めのウォーキングやストレッチなどを取り入れて
 ぐっすり眠ることが大切です。
 
・お血タイプ
 血の流れが悪くなり各所で滞っている状態です。冷えを伴ってますます血の巡りが悪くなります。
 対処法としては冷え対策です。湯舟につかったり体を動かし体を温めてください。
 生姜やニンニク、ラッキョウ、梅干しなど体を温めたり血の巡りをよくする食べ物を取り入れましょう。
 骨盤回しやストレッチ、軽いジョギングがオススメです。
 
・水滞タイプ
 体内に水が過剰にある状態です。むくみや冷え、関節痛などが起こります。
 冷たい飲み物や辛いもの味の濃いものの取りすぎに気を付けましょう。
 対処法としては雨の日や湿度の高い日に体調を崩しやすいので寝具などに工夫しましょう。
 また足腰は冷やさないように温めましょう。運動は30分以上の有酸素運動で汗をかきましょう。
 
・複合型タイプ
 ・血と気のタイプ
  ストレスが多い人です。ストレスが多いと気の巡りが悪くなり、不安やイライラが募ります。
 ・血と水のタイプ
  冷え性の人です。水が冷えを生み滞って血行が悪くなり冷えが進みます。
 ・気と水のタイプ
  くよくよ思い悩む人。気の巡りが悪くパワー不足になり水の代謝が滞ります。
 ・気と血と水のタイプ
  精神的なストレスからきていることが多いです。日常生活をしっかり見直しましょう。
  
体質が分かったら、自分にあった食材も分かります。
漢方スープで取り入れてみましょう。


0
広告
336_280