実はよく知らないお茶の種類|日本各地のご当地茶を調べてみた

リンクユニット

日本茶は種類が多くあります。
やはり産地によって育ちやすい品種もあります。
お茶の産地を知っていますか。
関東以南はどこでもお茶の産地になります。

茶畑

広告
336_280

関東地方の日本茶

狭山茶はよく知られているブランドですが、
埼玉の西部から都内にかけての地域で生産されているお茶です。

栃木県:黒羽茶

黒羽(くろばね)茶は山間地ならではの小さくても味が濃いまろやかなお茶です。
新茶は5月下旬からです。

茨城県:猿島茶、奥久慈茶
猿島(さしま)茶は埼玉県で一番多く生産されているお茶です。
葉が肉厚で濃厚な香りをまろやかに仕上げています。
新茶は5月上旬からです。

奥久慈(おくくじ)茶は一番北の産地のお茶です。
深いコクと高い香りの高級煎茶です。
新茶は5月中旬からです。

埼玉県:秩父茶、狭山茶
秩父(ちちぶ)茶は強い甘味と奥深い香りが特徴です。
新茶は5月中旬からです。

狭山(さやま)茶は味に定評があります。
寒暖差があるので旨味が凝縮されるのです。
煎茶が多く、新茶は5月上旬からです。

東京都:東京狭山茶
狭山茶の中でも東京都内で作られているものを
東京狭山茶といいます。コクのある煎茶です。

神奈川県:足柄茶
足柄(あしがら)茶は春先の朝霧によって新芽が守られるので
うま味が多く渋味が少ないです。
つまりやわらかな味と香りのお茶です。
新茶は5月上旬からです。

中部地方の日本茶

やはり静岡県が飛びぬけてますが、他の県でもおもしろいお茶があります。
バタバタ茶なんて知りませんでした。

新潟県:村上茶
村上(むらかみ)茶は日本海側では最も北にある産地です。
苦味が少なく甘味やうま味が多いお茶です。
新茶は5月中旬からです。。

山梨県:南部茶
南部(なんぶ)茶は温暖な気候と豊富な降水量に恵まれ
渋味が少なく、うま味が際立つお茶です。
新茶は5月上旬からです。

長野県:天龍茶
天龍(てんりゅう)茶は、山脈の谷間にある天龍川が
産地のお茶です。葉が肉厚で爽やかな香りと味が特徴です。
新茶は5月初旬からです。

富山県:バタバタ茶

バタバタ茶は日本では珍しい黒茶です。
プーアル茶のように後発酵されたお茶のことです。
7月頃成熟した茶を枝ごと刈り取って蒸してから1か月ほど発酵、乾燥させます。
茶筅で泡立てて飲みます。味がまろやかで爽やかになります。
バタバタと泡立てるのが名前の由来でしょうか。

石川県:加賀棒茶
加賀棒(かがぼう)茶は茎でつくったほうじ茶です。
軽やかな香ばしさが特徴です。

岐阜県:白川茶、揖斐茶
白川(しらかわ)茶は山からのミネラル分を多く吸収し香り高いお茶です。
生産量が少ないけど、高級茶として人気です。

揖斐(いび)茶は上品な香りが特徴です。
新茶は4月下旬からです。

愛知県:西尾抹茶、新城茶
西尾(にしお)抹茶は恵まれた産地のお茶で、高級抹茶として有名です。
鮮やかな緑色、上品な香りと深いうま味が特徴です。
抹茶なので碾茶を生産しています。新茶は5月中旬からです。

新城(しんしろ)茶は愛知で一番の煎茶です。
爽やかな風味が特徴で、新茶は4月下旬からです。

三重県:伊勢茶、水沢茶、度会茶
伊勢(いせ)茶は全国でお茶の生産3位の三重県のお茶です。
かぶせ茶が有名です。ほどよい渋味と甘味が特徴です。
三重では2番茶までしか摘まないので高品質を保っています。

水沢(すいざわ)茶はうま味が豊かなかぶせ茶が特徴です。
ぬるめのお湯でいれるとうま味や甘味を楽しめます。

度会(わたらい)茶
は霧の多い南部の山地のお茶です。
香りのよい煎茶が有名です。新茶は4月末からです。

静岡県:静岡茶、川根茶、掛川茶、天竜茶、本山茶、清水のお茶、朝比奈玉露、遠州森の茶
静岡茶は日本一のお茶の産地、静岡のお茶の総称です。
地域によってブランドが確立しています。
山間部では普通蒸し煎茶、平地では深蒸し煎茶が有名です。
新茶はだいたい5月上旬からです。

川根(かわね)茶は昼と夜の寒暖差があり、川
霧も多い産地の特徴を生かした普通蒸し煎茶が多いです。
澄んだ水色と豊かな香り、甘味が特徴です。
新茶は4月下旬からです。

掛川(かけがわ)茶は葉が肉厚で苦味が特徴だったけれど
飲みやすさを考慮した深蒸し製法が有名です。
深蒸し製法によりまろやかさが引き出されています。
新茶は4月下旬からです。

天竜(てんりゅう)茶は高級茶葉の産地である天竜川流域のお茶です。
手摘みでよい新芽だけを選んで摘みます。

本山(ほんやま)茶は鎌倉時代に最初に栽培された産地のお茶です。
香り豊かなお茶で普通蒸し煎茶が有名です。

清水のお茶は清水市で生産されるお茶で、
煎茶がメインです。黄金色の水色が特徴です。
新茶は4月中旬からです。

朝比奈(あさひな)玉露は「こも」と呼ばれるわらで茶園を覆います。
わらのミネラル分によって香りのよい玉露ができます。

遠州森(えんしゅうもり)の茶は気候が穏やかなのでコクのあるお茶です。
深蒸し煎茶が有名です。
新茶は4月下旬からです。

さすがのお茶の名産地・静岡県は、お茶のブランドも多いですね。
深蒸し製法を開発したり、お茶へのプライドが垣間見えます。



近畿地方の日本茶

近畿地方ではやはり京都が名産地ですね。
そしてやはり抹茶が有名です。

京都府:宇治茶、京番茶
宇治(うじ)茶は上質な抹茶の産地である宇治のお茶です。
宇治茶の栽培は鎌倉時代から始まっていて、足利義光が茶園を開いて有名になりました。
碾茶と玉露の産地が中心だが、煎茶もあります。特に有名なのはやはり抹茶を作る碾茶です。
新茶は5月上旬からです。

抹茶は秋が旬になります。
碾茶を春に摘んでから熟成させる時間が必要だからです。

京番茶は日常的に飲まれる炒り番茶です。
玉露や碾茶を摘んだ後、成長した葉を枝から切ってお茶にします。
カフェインやタンニンが少なく、さっぱりした味わいが特徴です。

滋賀県:朝宮茶、土山茶
朝宮(あさみや)茶は日本の5大銘茶として知られています。
山間地のため、清涼感のある香りと上品な甘味が特徴です。
新茶は5月中旬からです。

土山(つちやま)茶はかぶせ茶が有名です。
産地の土山町は滋賀県一の生産地です。
香りと味が濃いのが特徴です。

奈良県:月ヶ瀬茶、大和茶
月ヶ瀬(つきがせ)茶は穏やかな気候と水はけのよい土壌が産地のお茶です。
栄養たっぷりの良質なお茶です。

大和(やまと)茶
は高原で作られています。
じっくり育ってうま味が多いお茶です。
煎茶や碾茶が有名です。

和歌山県:川添茶
川添(かわぞえ)茶は伝統的な手もみ製法を活かした機械製茶のお茶です。
新茶は4月下旬からです。

兵庫県:丹波茶、母子茶
丹波(たんば)茶は歴史が長く、江戸時代には上方のお茶の
消費の半分を占めていたという産地のお茶です。
アミノ酸などの栄養をたっぷり含むお茶です。

母子(もうし)茶
は寒暖差の大きい六甲山麓にある冷涼な地で作られたお茶です。
煎茶が中心に作られています。

いろいろな日本茶

中国・四国地方の日本茶

量は多くないけれど個性的なお茶が作られています。

岡山県:海田茶
海田(かいだ)茶は美作番茶などの番茶が有名です。
番茶なので7月頃枝ごと刈り取って作られます。
きれいな茜色で香ばしいお茶です。

鳥取県:大山茶、用瀬茶
大山(だいせん)茶は大山の山麓で生産されるお茶です。
山陰で雪も多くお茶づくりには向いていない環境だけど、手間暇かけて作られています。
新茶は5月上旬からです。

用瀬(ようがせ)茶は古くから番茶が有名でしたが、
今は煎茶はほうじ茶がメインです。

島根県:出雲茶
出雲(いずも)茶は日常的にお茶を飲む習慣が根付いている地域のお茶です。
煎茶が有名です。新茶は5月上旬からです。

山口県:小野茶
小野(おの)茶は霧の深い鷹ノ子山麓で生産されるお茶です。
味わいの濃い煎茶がメインです。
新茶は4月下旬からです。

徳島県:阿波番茶、寒茶

阿波(あわ)番茶は昔ながらの製法でつくる素朴な味わいのお茶です。
一番茶を夏まで待って使用するめずらしい番茶です。
乳酸菌発酵でお腹にやさしい健康茶です。

寒(かん)茶は大寒の時期に作られるのが名前の由来です。
寒くなると甘味とうま味が増すのです。
カフェインやタンニンが少ない番茶です。

香川県:高瀬茶
高瀬(たかせ)茶は恵まれた気候で栽培された色、味、香りが優れた煎茶です。
新茶は4月下旬からです。

愛媛県:富郷茶、新宮茶
富郷(とみさと)茶は朝霧が多い山間で作られるお茶です。煎茶がメインです。

新宮(しんぐう)茶は挿し木による苗木つくりに成功し生産が拡大したお茶です。
香りは日本一といわれる煎茶がメインです。

高知県:土佐茶、碁石茶
土佐(とさ)茶は高知県で生産されるお茶の総称です。
朝霧の影響で苦味が少なく香りが豊かなお茶です。煎茶がメインです。
新茶は4月下旬からです。

碁石(ごいし)茶は夏に摘んだ葉を蒸してムロに寝かせ発酵させます。
その後切り分けて碁石のよう(?)に四角いまま乾燥させます。
プーアル茶の20倍の乳酸菌の量が含まれており甘酸っぱい味わいと香りのお茶です。
生産量が少なく幻のお茶と言われています。

九州・沖縄地方の日本茶

気候が温暖なのでお茶づくりも盛んです。
鹿児島の煎茶や福岡の玉露、碾茶が有名ですが、釜炒り茶や蒸し製玉露茶のような独特の文化もあります。

福岡県:八女茶、星野茶
八女(やめ)茶は温暖で昼夜の寒暖差が激しく
霧が発生しやすいというお茶づくりにぴったりな生産地のお茶です。
煎茶がメインですが、かぶせ茶や玉露も有名です。特に玉露は生産量も全国一位です。
新茶は4月中旬からです。二番茶は6月中旬からです。

星野(ほしの)茶は八女茶のひとつで有名なのは昔ながらの玉露です。
新芽を摘む前30日ほど稲わらで覆います。
そうすることで独特の甘味と芳醇な香りを持つ玉露となります。
新茶は4月下旬からです。

佐賀県:嬉野茶
嬉野(うれしの)茶は釜炒り茶発祥の産地のお茶です。
また蒸し製玉緑茶の生産も盛んになっています。
深い色つやと味や香りが強いのが特徴です。
新茶は4月中旬から秋の番茶まで4回収穫します。

長崎県:彼杵茶、世知原茶、五島茶
彼杵(そのぎ)茶は蒸し製玉緑茶がメインです。
収穫前に数日覆いをすることで上品な香りと味を引き出します。
新茶は4月中旬からです。

世知原(せちばる)茶は冷涼で霧が深い産地のお茶です。
明治時代から生産が拡大していて蒸し製玉緑茶がメインです。

五島(ごとう)茶は五島列島のお茶です。甘味が強く口当たりがよいのが特徴です。

熊本県:くまもと茶、矢部茶、岳間茶
くまもと茶は熊本県で作られるお茶の総称です。
蒸し製玉緑茶が有名で全国の1/4の生産量を誇ります。

矢部(やべ)茶は釜炒り茶と蒸し製玉緑茶が有名です。
甘味と香りの強いのが特徴です。

岳間(たけま)茶は江戸時代に細川家に献上されていたと言われています。
葉が肉厚で、深蒸し煎茶や蒸し製玉緑茶が有名です。

大分県:耶馬渓茶、因尾茶
耶馬渓(やばけい)茶は山を切り開いた奥深い谷間にある大自然で作られたお茶です。
まろやかで香りのよいお茶です。
新茶は5月上旬からです。

因尾(いんび)茶は釜炒り茶が有名です。
葉を300℃の鉄製平釜で炒るのが特徴です。
新茶は5月上旬からです。

宮崎県:都城茶、高千穂釜炒茶、五ヶ瀬釜炒茶
都城(みやこのじょう)茶は江戸時代から栽培されている盆地のお茶です。
古くから茶の木は自生してましたが、宇治から煎茶の製法が伝わってきました。

高千穂(たかちほ)釜炒茶は宮崎県の7割の釜炒り茶を生産している産地のお茶です。
直火の平釜でじっくり炒るので独特の香りがします。

五ヶ瀬(ごかせ)釜炒茶は標高800メートルの冷涼な気候が産地のお茶です。
伝統的な釜炒り茶が有名です。

鹿児島県:かごしま茶、知覧茶、えい茶
かごしま茶は鹿児島県で作られるお茶の総称です。
800年前から始まったお茶の栽培ですが、生産量は全国2位です。
新茶は3月下旬からです。

知覧(ちらん)茶は煎茶や深蒸し煎茶が盛んな産地のお茶です。
鹿児島県内でも有名な銘茶です。
新茶は4月上旬からです。

えい茶は知覧茶と並ぶ銘茶です。
香り高い煎茶が有名で、煎茶がメインです。
新茶は4月上旬からです。

沖縄県:やんばる茶
やんばる茶は日本一早い新茶として知られます。
なんと3月上旬です。
生産量は少量なので幻のお茶と言われています。

いかがでしょうか。
飲んでみたいお茶は見つかりましたか。

産地によって同じ玉露でも違った味わいがあると思います。
お酒なんかも旅行に行くとご当地のお酒を試したくなりますよね。
お茶もいろいろ試して自分の好みのお茶を見つけてみて下さい。
今はティーバッグでもいろいろお試しセットなどありますからね。

時間をとってきちんと入れたお茶を味わう。
そんな豊かな時間を一日の中に取り入れていきましょう。



こんな記事も書いてます。

日本茶は私たちの身近な飲み物ですね。 各地で作られるお茶にはそれぞれ特徴があります。 そしておいしいだけではなく、おいしい効果もあるんで...
広告
336_280
336_280