【汗臭を知って、正しく対策】アロマを使ってニオイを改善

リンクユニット

ウォーキング

汗臭の原因

汗臭の原因は主に細菌の発生によるものです。
汗は元々「無臭」なんです。その99%が水です。

そこで原因として考えられるのは4つに分けられます。
1.衣服に臭いがたまっている
2.汗が衣服に移って時間が経ち最近が発生している
3.汗腺が弱って質の悪い汗が出ている
4.病気によって汗の臭いが強くなる

まず1つめは衣服に臭いが染み付いているものです。
洗濯をしても衣服は新品に戻るわけではありません。

蓄積された汚れやニオイは溜まっていき、それ自体が
臭ってしまっている場合があります。

そして2つめは、汗や皮膚の汚れをエサに細菌が臭うものです。
時間が経つことで細菌が増え、臭いも強くなります。

部活で使用したユニフォームなどが、家に帰る頃にはよりニオイが強くなっているのは、
時間が経って細菌が増えているからです。
すっぱいニオイやぞうきんのようなニオイは、汗から細菌が作ったニオイなんです。

3つめは汗腺が弱って質の悪い汗になってしまって臭うものです。
汗をかかない生活を送っていると汗腺が弱ってきて、そこからは汗が出なくなります。

その為、他の汗腺から汗を出す必要がでてきて1つの汗腺への汗の量が増え、
質の悪い臭う汗が少ない汗腺から大量に出てきます。

質のよい汗はサラサラですが、質の悪い汗はベトベトします。
そのベトベトには細菌のエサになるものが多くあるのでニオイが強くなるのです。

4つめは病気によって汗がにおうものです。
こんなニオイがしたら病院で検査してみましょう。

<主な病気と臭い>
・糖尿病→甘酸っぱい臭い
・肝機能低下→アンモニア臭
・胃腸機能低下→腐敗臭
・腎機能低下→アンモニア臭
・痛風→古いビールの臭い


 

汗臭の臭いの元はどこ

一般的には末端部分より胸や背中などの体幹部分の方が汗の量が多いです。
特に脊柱付近によく汗をかきますが、一番は額でしょう。

頭が一番大切な器官で、脳をクールダウンさせるために汗をかく必要があるからです。
女性よりも男性の方が汗をかく量は多いようです。

汗腺が弱くなるのは末端部から、そして下半身からのようです。

汗臭を抑える4つの方法

・衣服を清潔に保つ
 洗濯はしていると思いますが、外出先で着替えるのは効果的です。
 着替える場所や時間がない場合は、汗が衣服に移る前に汗ふきシートで拭きましょう。

 タオルやハンカチなど渇いたもので拭くより濡れたもので拭きとることをオススメします。
 臭いがついてしまった場合は消臭スプレーを使ったり、洗濯に漂白剤を使うのもいいです。

 また何年も着ていて臭いがついてしまった衣服については思い切って処分しましょう。
 
・体も清潔に保つ
 お風呂に入って体も清潔に保ちます。この時あまりゴシゴシ洗わないでくださいね。
 逆に臭いが強くなる原因となっていまいます。
 
 耳の後ろや足指の間、汗をかきやすいわきや背中など、隅々まで優しく洗ってください。

 夜はぬるめのお湯でゆっくりと体を温めましょう。
 寝汗が気になる場合は、朝風呂ではなくシャワーで済ませましょう。
 汗を抑えるために出かける前にベビーパウダーをはたいておく方法もあります。
  
・汗腺を鍛える
 弱った汗腺を鍛えるためには、汗をかく練習が必要です。
 ぬるめのお湯での半身浴やサウナで汗をかいたり、定期的に運動をして汗をかきましょう。

 これからの季節では少し動けば汗はかけそうですね。
 運動は有酸素運動がオススメです。
 汗をかきやすくするためにも水分は補給しておきましょう。

・病気かもと思ったら受診
 臭いで早めに病気に気づけることもあります。

汗臭に効果的なアロマ

サプリや消臭スプレーもいいけど「アロマバス」って手もあります。

私は好きなアロマの精油を5滴ほど垂らして
いい気分を味わっていますが、
精油は溶けにくいのでキャリアオイルと合わせて使うことをオススメします。

キャリアオイル10mlに5滴ほどの精油を混ぜてからお風呂にいれます。
好きな香りもいいですが、消臭という意味でのオススメの精油を紹介します。

<アロマバスにオススメの精油>
・グレープフルーツ
・レモン
・ティートリー
・サイプレス

後はボディミストを作って持ち歩くのもいいですね。
意外と作り方も簡単なので試してみてください。

<アロマボディミストのつくり方>
1.まず空のスプレーボトルに精油10滴ほどを入れます。
2.水を50ml入れて混ぜます。
精油は以下のオススメ精油からブレンドしてみてください。

・ティートリー
・サイプレス
・ペパーミント
・ローズマリー
・ラベンダー

柑橘系は紫外線を浴びるとシミになりやすいので避けた方がいいです。
2週間を目安に使い切ってくださいね。

※肌に触れるので、アロマの精油は信頼できるものを使ってくださいね。
 そして決して飲まないでください。妊娠中の方も使用はしないでください。

汗をかいた後でも自信を持って行動できるように対策しましょう。



広告
336_280