【加齢臭を知って、正しく対策】アロマを使ってニオイを改善

リンクユニット

ラベンダー

広告
336_280

加齢臭の原因

パルミトオレイン酸が年齢とともに増加し、
過酸化脂質と結びつくことでノネナールができます。
40歳を過ぎるころからノネナールが増えて加齢臭を発生します。

最近はスメルハラスメントという言葉も出るように、
ますます日本人はニオイに敏感になっています。

周りの人に不快な思いはさせたくないですね。
ニオイを消そうと香水をたくさん振るのは逆効果なのでやめてくださいね。

ただ加齢臭については、ちょっと思うところがあります。
昔からおじいちゃんやおばあちゃんは、加齢臭しましたよね。

加齢臭っていう名前はなかったけどおじいちゃんの臭いがしました。
でも別に嫌じゃなかったです。
昔はおじいちゃんやおばあちゃんと住む人も多くて加齢臭に慣れていたんですね。

相手との関係が良い場合はそこまでニオイを不快には感じないといいます。
また慣れていたニオイもそこまで不快には感じないものです。
でも今は核家族ですからきっと加齢臭にも免疫がないんでしょう。

加齢臭の臭いの元はどこ

頭部や首の後ろ、耳の周り、胸元、脇、背中などから臭います。

加齢臭のニオイは「枯れ草の臭い」と言われています。
おじいちゃん臭ともいえますね。
男性の方がニオイがきついようですが、女性でも臭うんです。

自分から加齢臭が臭ったらそれはショックですが、いつかはにおうものでしょう。
そういう気持ちもどこかにあります。



加齢臭を抑える6つの方法

・入浴やシャワーで体を清潔に保つ
 できれば入浴、湯船につかった方がいいです。汚れや脂を浮かせる作用があるからです。
 ゴシゴシ力いっぱい洗うのは、必要な皮脂まで
 取ってしまうことになるので、力はいりません。
 汗をかく場所を中心に丁寧に洗うようにしてみてください。
 
・外出先でも皮脂や汗を拭きとる
 やはりニオイは衣服に移ってしまうと、長時間取ることができません。
 移る前にこまめに拭きとっておきましょう。
 
・洋服もこまめに洗濯する
 ニオイは長時間放置するほど、強くなるので
 早く洗っておくことをオススメします。
 またニオイの元が脂だと考えると、
 お湯で洗うこともニオイを取りやすくすることにつながります。
 
・食生活を見直し、和食中心とする
 加齢臭の原料となる脂肪酸を抑えるためには、
 肉類を抑えて野菜を多く摂ることが大事です。
 またビタミンC、Eを含む食べ物や食物繊維を摂ると
 抗酸化作用があり、ニオイにも効果的です。
 
・ストレスを解消する
 やはりストレスを感じると、ニオイも強くなります。
 運動やストレッチ、アロマオイルなどを使って
 ストレス解消方法を自分で確立させておきましょう。
 
・加齢臭対策の石鹸を使用する
 加齢臭については、いろんな商品も出ています。
 企業努力の結晶をうまく使うのもいいですね。

加齢臭に効果的なアロマ

リラックスすること、ストレスを解消することも加齢臭には大事ですが、
これはアロマオイルの得意分野です。

また加齢臭にオススメなアロマオイルもあるんです。
それが、この精油です。
・ラベンダー
・ローズ
・ベルガモット
この3種類のアロマオイルは、加齢臭を包み込み、いい香りに変化させる効果があります。

まずは、このアロマオイルを使って消臭スプレーを作ってみましょう。

まずスプレーボトルに重曹2gを入れ、アロマオイルを2滴入れます。
そして水200mlを追加してよく振ります。はい、できあがりです。

枕や気になる首の後ろ、脇などにスプレーしましょう。
香りは長続きするものではないので、外出先にも持ち歩いてスプレーするとよいです。

かなりの改善を実感できると思います。

※肌に触れるので、アロマの精油は信頼できるものを使ってくださいね。
 妊娠中の方も使用は控えてください。

こんな記事も書いてます。

足の臭いの原因 ブーツの季節じゃなくなったけど、 あったかくなってきたら、足の臭いは気になりますよね。 いつも気持ちよく過ごし...



0
広告
336_280
336_280