簡単に脳を健康にする4つの方法

リンクユニット

日本人の平均寿命は男女ともに長くなっていますが、
健康寿命は平均寿命と10歳ほど差があるといわれています。
この10年間は、介護が必要だったり寝たきりになってしまう期間のことです。

脳

広告
336_280

認知症という病気

長生きはしたいですが、10年も寝たきりになるのはごめんです。

もちろん原因はさまざまですが、要介護の1位が脳血管疾患2位が認知症
なっていることから脳の働きの低下が大きな原因の一つとなっていることが分かります。

65歳以上の人のうち8人に1人は認知症予備軍といわれています。

ここで認知症についてですが、認知症は脳の老化とは違い、病気になります。

老化現象の進んだものではなく、脳梗塞などの脳の血管にかかわる病気や
アルツハイマーなどの病気によって引き起こされる病気なのです。

認知症は、脳血管症、レビー小体型、アルツハイマー型があります。

最も多いのがアルツハイマー型といわれています。
近い記憶から失われていき、一部がごっそり抜け落ちた形になります。

物忘れではなく、例えば日付や曜日などがわからなくなり、ごはんを食べたことも忘れます。
自分のいる場所が分からなくなり、家に帰れなくなったりします。

もう少し進むと数十年単位で記憶が抜け落ちて、自分が若い意識を持ちます。
またお箸を使ったりする日常動作が難しくなります。
歩行や排せつも難しくなってきます。

そしてもっと進むと、相手が誰なのか分からなくなり、体を動かすことも難しくなります。
自分でごはんを食べることもできなくなります。

このように見ていくと自分が違和感を持った時、
認知症だと認めるのは怖いと思ってしまいます。

でも認知症も病気なので、早めに手を打てば症状を抑えられるのです。
自分で、もしくは気づいた家族や周りの人は早めに治療にかかれるように
知識として持っておくことが必要です。

脳を健康にする方法

有酸素運動

脳を健康にするのに、きつい運動や激しいスポーツは必要ありません。
1日30分ほど歩くだけです。
これくらいの軽い運動が効果的です。

継続的に酸素を取り込むには、ウォーキングや水泳などがオススメです。

有酸素運動をおこなうと脳細胞のエネルギー源といわれる栄養素が作られます。

この栄養素は年を取るとどんどん減っていきますが、
有酸素運動を行うとこの栄養素が増え、それによって記憶を司る海馬の体積が増えていました。

脳の血流を増やし、認知症を引き起こす原因を壊す酵素を
発生させることができるのも有酸素運動です。



十分な睡眠時間

よくいわれる睡眠も、健康な脳のためには必要です。
睡眠時間が1時間短いと1年で脳の中にできる隙間が0.59%拡大し、
認知機能も0.67%低下します。

また睡眠には、アルツハイマー型認知症の原因物質を洗い流す作用もあります。

脳は寝ている間も働いていますし、睡眠中に記憶の整理を行います。
そしてストレスを取り除く作業も行っています。

ストレス社会にとっては必要な時間ですね。
理想的な睡眠時間は7時間ほどです。
人によって若干違いはありますので、自分で一番よい時間を見つけましょう。

冒険

知的好奇心

見たい、聞きたい、知りたい、行きたいなどいろんなことに
興味をもちワクワクしている状態は脳にとてもよい状態です。

知的好奇心が強い人は、側頭頭頂部の萎縮が少ないのです。
つまり認知症の予防にも効果的です。

新しいことを学ぶときに、自分の興味のあることほどすぐに覚えられます。
これは、興味があることに対してドーパミンが出ているので記憶力がアップするからです。

この興味があること=好奇心をもって取り組むことで長期的記憶にもつながります。

つまり好奇心を刺激する趣味をもつことが脳の健康には効果的です。
新しく趣味をみつけてもいいですし、昔やっていた趣味をもう一度始めてみるのもいいです。

新しい体験をする

毎日が単調になるのがよくありません。
脳には新しい刺激がよいのです。

全くやったことのない新しいことにチャレンジするには勇気がいります。
ちょっとだけやったことがないことを少しずつ取り入れることは挑戦できぞうです。

例えばいつもと違う道を通って帰ってみたり、読んだことのないジャンルの本を読んでみたり、
今まで入ったことのない店に入ってみたりします。
いかがですか。これならできそうです。

音楽も効果的です。特に音楽を聴きながら歌ってみたり、体を動かしてみるのがオススメです。

またコミュニケーションを取ることは脳にとてもよいことです。
人の反応は毎回違いますからこれも新しい体験といえます。

相手の話を聞いて理解し、考えて話す、相手を思いやることは、脳にとてもよい刺激を与えます。
そういう意味でも誰かと一緒に過ごすことは、脳の刺激となり脳にはよいことなんです。

特に難しいことはありませんでしたね。
・有酸素運動30分
・睡眠時間7時間
・知的好奇心をもつ
・新しい体験をする

脳の健康を保って、目指せ平均寿命=健康寿命!



こんな記事も書いてます。

疲れたといっては、休日に寝だめしたり、寝すぎたりしていませんか。 そして寝た割には疲れがとれていません。 質のよい睡眠で疲れをスッキリ取...
広告
336_280
336_280