おいしい昆虫を食べる旅

リンクユニット

ミャンマー人に応援されている昆虫食の愛さん。
私は虫だめなので、食べれる人は尊敬します。
やっぱり世界を旅していると、
その土地の人の食べ物を食べてみないといけないですよね。

トビイロウンカテングビワハゴロモの配色に似てる虫

広告
336_280

テングビワハゴロモを食べる

ただ愛さんは、そういうわけではなく
ただ昆虫がおいしい、とハマってしまった人です。

日本にはあまり昆虫食ないので、食べるの大変そうですね。

今回はタイのコーンケンへ行きます。
タイは昆虫食が盛んな国ですが、
その中でもコーンケンは昆虫食が盛んな町です。

今回目的の昆虫は2つです。
テングビワハゴロモは天狗の鼻を持つ虫で、
ヘビトンボの幼虫はエイリアンのようだとのこと。

見た目にインパクトがありそうな2匹ですね。

テングビワハゴロモを食べた人は、
見た目は強烈だがおいしかったといいます。
裏のラムヤイ果樹園で見たというので連れて行ってもらいます。

そして3分で捕獲しました。
鮮やかなオレンジ色が見えます。
これはチョウチョですね。
(注:正確にはセミの仲間だそうです)

確かに頭部が赤くとがっているので天狗の鼻に見えます。

羽がオレンジと緑にオレンジの斑点で、暑いの生物ってカンジです。

そして愛さん、テングビワハゴロモのおしっこを
舐めてみます。甘くておいしいと言われていますが、
スポーツドリンクみたいな甘い水ということです。

15匹もゲットして、愛さんはウキウキと
調理に入ろうとしますが、ツムギアリの巣を発見します。

マンゴ―の木にツムギアリの巣があると聞き、
食いしん坊の愛さんは取りにいきます。

ツムギアリは今が旬ということで、笑顔の愛さんです。
ツムギアリは噛む力がすごくて、
切り傷にギ酸をかけてくるのでかなり痛いようです。

テングビワハゴロモを調理

こうしてテングビワハゴロモとツムギアリの調理に入ります。
メニューはちゃんとしたものです。

・テングビワハゴロモの蓮根はさみ揚げ
見た目は、上にテングビワハゴロモが
乗ってるのでオレンジで色鮮やかです。
羽もいっちゃうんでうsね。

・ツムギアリのレモネード
ツムギアリのつぶつぶ感がハンパないです。
ギ酸が多いのかレモン感が強いようです。

テングビワハゴロモの食レポです。
ボディはセミみたいで、羽はピーナッツの皮、頭はゴボウみたい。
おいしいって言ってましたが、
セミ食べたことないから想像つきません。

コオロギの養殖

近くにコオロギの養殖場があるというので、行ってみます。

やっぱり食べるから養殖するんですよね。

愛さん一目見て「ヨーロッパイエコオロギですか?」
さすがです。
愛さんが飼っているのと同じ種類です。

エサは芋やトウモロコシ、大豆を混ぜたものです。
愛さんはマンゴーをエサとしているようです。
なんて贅沢な!!

バケツ一杯のコオロギをすくいあげる愛さんに
思わず悲鳴を上げてしまいます。
腕に這い上がってきてる!

ああ、ぞわぞわする。



ヘビトンボを食べる

ヘビトンボはメコン川にいるといい、やってきました。
ヘビトンボ捕りの名人の村では、
ヘビトンボを捕るのは女性の仕事です。

ヘビトンボの幼虫は石の裏とかにいました。
もうだめ、ムカデみたいです。
これエイリアンですか?
エイリアンよりムカデの方が怖いです。

ヘビトンボを調理

10匹ほど捕まえて、調理を始めます。

・ヘビトンボの幼虫の揚げ焼き
シンプルに塩コショウで味付けします。

カリカリしてそうです。
ボディは甘エビみたいな味だそう。

愛さんは満足そうでした。

ウェタウェタ

食べたい昆虫ベスト3

それでは愛さんが食べたい昆虫です。

3位:コチニールカイガラムシ
小さい虫です。イチゴ味とかかまぼこの
着色料に使われたりしています。
つぶすと赤い色なんです。

ウチワサボテンにくっついている虫なので、
甘くておいしいのでは?と予想しています。

2位:パプアキンイロクワガタ
オスはカナブンみたいな光沢ある緑で、
メスは光沢ある黒紫に見えます。
カラーバリエーションが豊富な虫です。
菊の汁を食べるので、フローラルな味がするのでは?と予想しています。

1位:ウェタ
ジャイアント・ウェタは、手のひらサイズのコオロギに見えます。
バッタの仲間だそうですが、
絶滅の危機に瀕していて食べるのは難しいかもしれません。

愛さんが今楽しみにしてるのはカマキリの卵です。
チリメンジャコみたいな味なので、
ふ化したらお茶漬けにしたいといいます。

いやあ、すごいですね。
普通、虫を食べたいから海外行こうって思いませんよね。

私は虫がダメなので、
かなり追い込まれないと昆虫食には手が出ません。
でも日本のすぐ近く、東南アジアでは
昆虫食の文化がある国も多いです。

食べれないからこそ、食レポは想像できるもので例えてください。
愛さん、よろしくお願いします。



こんな記事も書いてます。

今回、アリを紹介してくれるのは島田拓さんです。 長い時は10時間以上アリの行列を観察するほど、 アリが可愛くて大好きな島田さんです。 ...
0
広告
336_280
336_280