健康な体のために体温上げていけ

リンクユニット

体温が一度下がると
免疫力が30%落ちると云われています。
逆に一度上がると免疫力は5、60%上がると言われています。
体温計

広告
336_280

低体温は不健康を引き寄せる

やはり体温は高い方がいいようです。
血液のの流れ、血流がよくなり酵素が活性化されるからです。

酵素は高いほど活性化され、48度で壊れます。
人間の体温が48度になることはないので、
体温は高いほど酵素が活性化されるということになります。

風邪をひいた時も、高熱でなければ
お風呂に入って体を温めた方がよいようです。
風邪をひいたかな、と思った段階で
カイロや腹巻、上着などで体を温めることが大切です。

体温が低いとがん細胞が活発になります。
そして体温が低くなるのは、ストレスが原因であることが多いです。

そこで一日一回は
体温を上げる行動をすることで低体温を改善していきます。
歩いたり、スポーツしたり
お風呂に入ったり体を温めることを習慣にしましょう。

ストレスが低体温の原因

低体温が不健康の素というのは説明しましたが、
では低体温の原因は何かというとストレスです。

ストレスを感じると
自律神経のバランスが崩れ、低体温となります。
バランスが崩れた状態が続けば、
低体温の状態も続き、恒常化します。

日本人の環境ではどうしても
交感神経が優位な状態となりがちです。

ちょっとしたストレスでも交感神経が
極端に優位な状態となり、緊張状態となります。

また忙しい日本人は、
ちょっとした頭痛や腹痛を治そうと市販薬で対応します。
つまりすぐ薬に頼ってしまうんです。

これも体にはよくありません。
薬によるストレスというのもあるのです。

副交感神経が優位の人というのは、
アレルギー体質の人が多いですが
交感神経が優位の人でも
環境によってアレルギーが出てしまうこともあります。

ストレス状態が続くと、
脳はストレス軽減ホルモンを出します。
ただストレス軽減ホルモンを出し続けると、
脳も疲れてしまいホルモンを出すのもやめてしまいます。

このホルモンは細胞を元気にする効果があるので、
ホルモンを出すのをやめてしまうと
細胞も疲れたままになってしまいます。

ホルモンを出すのに疲れてしまった脳は
自律神経のバランスを崩し、低体温となってしまうのです。



体温を上げる方法

体温を上げるには筋肉を増やすことが必要です。
体温が高いと基礎代謝が高くなります。
基礎代謝が高い人は、普通に歩くだけ
または息をするだけでカロリーがたくさん消費されるのです。

体温を上げることに成功すると、
基礎代謝が上がり、太りにくい体になります。
ただ筋肉は使わないとすぐ失われてしまいます。

例えば足を骨折してしばらくギプスをつけていると、
つけていた方の足はすんなりしてしまいます。
これは残念ながら筋肉が落ちてしまっているのです。

リハビリが必要なのは、筋肉を元通りつけるためでもあるのです。

筋肉をつけるのに運動しますが、
運動は3日に1度くらいがちょうどいいです。
毎日運動をすると筋肉に負担がかかりすぎるのです。
筋肉に負荷をかけた場合、
修復中は普通に筋肉を休めた方が筋肉をつけるのに効果的なのです。

じっくりと時間をかけたスクワットを
15回行うだけでも筋トレ運動になります。
また運動前にはバナナ、
運動後にはたんぱく質としてチーズ等を摂ると筋肉をつけやすいです。

また姿勢をよくしておしりの穴を引き締めるだけで
インナーマッスルが鍛えられ、基礎代謝が20%も上がります。
この筋肉をつけることも体温アップにつながります。

筋トレ

疲れた時にはクエン酸

毎日暑くて、ただ座っているだけでも暑さでやられそうですね。

汗をかいて夜も眠りが浅く疲れてしまいます。

そんな時にはクエン酸です。

ナイアシン、ビタミンB2、クエン酸を摂ることで、
疲労の原因である乳酸を分解して疲れにくくなります。

ナイアシンを摂るにはタラコ
ビタミンB2を摂るには豆類
クエン酸を摂るには梅干しがオススメです。

朝食時に食べると疲れにくい一日を過ごせそうです。

朝いきなり筋トレをするのはオススメしません。
軽く30分ほど歩いて体温を上げるのがよいです。
朝体温を上げておくと、一日の調子がよいです。

またりんごと人参のジュースは朝飲むのにもよいです。
デトックスとアンチエイジングの効果も感じ取れます。
この組み合わせは味も飲みやすくていいです。

本当は体温が37度がちょうどいいといいます。
体温を上げて、病気をよせつけない健康体を作り上げていきましょう。



こんな記事も書いてます。

第2の脳と言われる腸ですが、 腸が健康だといろいろいいことがありますよね。 健康な腸の影響 美肌 お肌がキレイな人は腸がキレイと...
広告
336_280
336_280