エスニック料理をレトルトで食べれば夏バテ知らず

リンクユニット

暑いですね。
これだけ暑いと
もう火を使った料理なんか作りたくありません。

グリーンカレー

広告
336_280

エスニック料理はスパイスが命

マツコの知らない世界のエスニックレトルトの世界です。

エスニック料理ってスパイスが特徴ですよね。

スパイスの効果って アーユルヴェーダでも漢方でも食材が薬だという考えです。 食べたものがカラダになるということですね。 最...

暑い夏にはスパイス効いたものが合います。
特徴的なのはカレーですよね。

私がエスニックレトルトでイメージするのは、
グリーンカレーやナシゴレン、ガパオライスなどでしょうか。

グリーンカレーは、タイやインドのカレーで緑色をしていますね。
辛いけれどココナッツミルクが入っていて甘味もあるものが多いです。

ナシゴレンはインドネシアの焼き飯です。
目玉焼きやエビ味の揚げせんべいなどが添えられることが多いです。

ガパオライスは、ガパオ(ホーリーバジル)が入っているごはんです。
タイのガパオ炒めですね。

ただホーリーバジルは日本であまり手に入らないので
スイートバジルなどが代わりに使われることが多いです。

まずは試したいエスニックレトルト商品

今回、エスニック料理のレトルト商品を
紹介してくれるのは伊能すみ子さんです。
エスニック料理は香りが特徴的なので、慣れない人には
受け付けないものもあるかもしれません。

では初級編です。
日本人向けエスニックレトルト商品です。

・無印良品 グリーン
無印良品はレトルトカレーたくさん出してますよね。
中でも私はグリーンカレーが好きです。
ハーブが効いてスープっぽいですよね。ドロッとしてません。

・ヤマモリ マッサマン
タイカレーです。こちらは赤いです。
マツコさん「草のニオイ」がするといいます。
ピーナッツ入って肉もゴロっとしてます。

伊能さんのおうちには、エスニックが目白押しです。
大きなエスニックの家具が玄関に。

プラスチックケースには、
エスニックのレトルト商品がぎっしり詰まっています。

現地で買ってきたレシピ本が本棚にぎっしりです。

レトルトだから作るのは簡単ですね。
伊能さんが食べていたのは、
マレーシアの「ナシレマと煮干しのサンバルソース」です。

ナシレマはココナッツミルクで炊いたご飯で、
サンバルソースは唐辛子で作ったチリソースです。

あまりメジャーではないですが、おいしそうです。



本格エスニックレトルト4選

続いて本格的なエスニックの味に移ります。

・フーティユボーコー
ベトナムの屋台料理です。
牛シチューにフォーに似た麺を入れます。
八角入ってますが、エスニック感はないようです。

・チェッターヒン
ミャンマーの国民食です。
鶏肉煮込み料理になります。汁気がないですね。
粉唐辛子とトマトと玉ねぎなので
おいしいはずですが、スパイスはどうなんでしょうか。
結構辛いようです。
マツコさんはカレーみたいでおいしいと絶賛です。

・プリック
タイの郷土料理です。鶏肉とえびの唐辛子スープです。
ヤマモリの一番辛い商品です。

・ルンダン
世界で一番おいしい料理といわれています。
マレーシア、インドネシアの家庭料理です。
鶏肉のココナッツとハーブの煮込み料理ですね。
ココナッツオイルが大量に投入されています。

マツコさんは辛いのは平気だけど、
ココナッツミルクが苦手みたいですね。

エスニックレトルト商品は種類も充実しています。
レンジ使って手軽に試してみたいですね。
スパイスは食欲を増進させるし夏バテにはよさそうです。

本当に日本人は、
いろんな国の料理を食べようとしますよね。

それも日本人向けに味を変えるものもあれば、
本格的な本場の味もレトルトにしちゃうんです。
すごいな。

私はおいしいものを食べることが好きです。 おいしいもの食べるの好きな人は多いはず。 でも、気づいてしまったのです。 日本人って食に関し...



広告
336_280
336_280