自律神経失調症になりやすい人とは

リンクユニット

自律神経失調症ってよく聞きますね。
でも結局どういう症状だったら
自律神経失調症になるのかよく分かりません。
ストレス社会だからほとんどの人はかかってるのでしょうか。

ストレス

広告
336_280

自律神経失調症って

自律神経失調症は、頭痛や吐き気などを感じて
診察を受けても原因が見当たらない状態の病気です。

少し前までは気の病とされてきたものです。
それに名前が付けられたのですね。

体がだるかったり、頭痛、肩こりなど症状は様々なのも
この病気を分かりにくくしている要因です。

ただうつ病とは違って命にかかわるものではありません。
それでもつらい状態のまま
毎日を過ごすのはテンション上がらないですよね。

それに放置していると悪化することが多いです。
早めに対処すれば、それだけ早く改善に向かいます。

では、自分が自律神経失調症かどうかを確認しましょう。

自律神経失調症の症状

自律神経失調症は精神的な症状と身体的症状があります。

自律神経のバランスが崩れると、
無意識に動いている心臓や胃腸などの動きを
コントロールする機能がうまく動かなくなります。

またホルモンの分泌にも関わっているので、
精神的にも不安定になります。
具体的にみてみましょう。

精神的な症状

・不安、憂鬱、イライラする
気分が落ち込んだり、悲観的になったり、
わけもなく不安を感じたり、ささいなことでイライラします。

・記憶力の低下、集中力の低下
物忘れがはげしくなったり、仕事がはかどらなくなったりします。

・無気力
無気力になって何をするにもおっくうになり、
人に会うのも面倒になります。

・不眠、いつも眠い
寝つきが悪く睡眠が浅かったり、昼間でも眠かったりします。
夜更かしや生活リズムの乱れが原因になることもあります。

身体的な症状

・体がだるい、疲れやすい
体がだるく疲れやすい、寝ても疲れがとれなかったりします。

・微熱
風邪でもないのに微熱が続いたり、歩くとふわふわ浮くような感じがします。

・めまい、立ち眩み
軽いめまいやたちくらみが見られます。

・食欲不振
おなかが張ったり、食べる気がしなかったりします。
吐き気や腹痛、便秘などの症状もあります

・冷え、ほてり
夏でも足腰が冷えたり、頭がのぼせたりします。
40代半ばから50代にかけての更年期障害のような症状です。

・頭痛、頭が重い
頭痛や頭が重かったり、モヤモヤしたりします。
頭痛には吐き気を伴う片頭痛や
頭が締め付けられるような頭痛があり、首こりや肩こりにつながります。

・目が疲れる
目が疲れ、痛かったり乾いたりします。

・耳鳴り
耳鳴りがしたり、耳が詰まったように感じます。

・口が渇く
口が渇き、口の中が痛くなったりします。

・動悸、息切れ
動機や息切れ、胸が締め付けられるように感じたりします。
また寝る時に息苦しさを感じたりします。

・生理不順
生理不順や外陰部のかゆみを感じます。

・手足のしびれ
手足のしびれや知覚異常があったりします。
手足の感覚が鈍くなったり、逆に過敏になったりします。

・筋肉痛、関節痛
筋肉痛や関節痛、肩こりで背中までパンパンに張ったりします。

・冷や汗、抜け毛
冷や汗をかいたり、皮膚が乾燥したりします。
また髪の毛が細くなったり抜けたりもします。

いかがでしょうか。
思い当たる症状はありますか。
ただこれらの症状を自律神経失調症と断定するのはまだ早いです。

同じ症状でも別の病気ということもあります。
一度診察してもらって自律神経失調症と確認することが必要です。



自律神経失調症になりやすい人

自律神経失調症になりやすい体質

自律神経失調症になりやすい体質があるんです。

・アレルギー体質の人
・虚弱体質の人
・子どもの頃よく熱を出していた人
・乗り物に酔いやすかった人
・低血圧で朝起きれない人
・月経不順な人
・冷え性の人
・体力がない人
・いくら食べても太らない人
・めまいやたちくらみ起こしていた人
・女性

つまり普通の人より自律神経が敏感
自律神経のバランスが崩れやすい人です。
(ほぼ当てはまる自分が怖い)

ただこの体質の場合、精神的症状ではなく
身体的症状が出るようです。

女性は男性よりホルモンのバランスが崩れやすいんですね。
繊細ですから。

自律神経失調症になりやすい性格

一言で言えばストレスに対し抵抗力が弱い性格の人です。

・内向的で自分の感情を押し殺す人
・人に気を遣えるいい人
・自己中心的でかんしゃくを起こす人
・忙しくてごはん我慢したりトイレ我慢する人
・完ぺき主義な人
・ストレスをうまく発散できない人

自律神経失調症の一番大きな原因はやはり「ストレス」なんです。
ストレスって悪者みたいに言われますが、
外からの接触はなんだってストレスです。

「今日も暑いな」ってのもストレスですし、
「おいしいランチ食べれた」ってのもストレスです。

分かりにくいですが、いいことも悪いことも
外からの刺激はストレスなんです。
悪いことでも一時的なものであれば、復活する時間もあるでしょう。

ただあまりにも苦痛に感じるストレスを
長く受け続けるとバランス崩してしまうんです。
自律神経失調症の改善法はこちらで。

自律神経のバランスが崩れた場合、 まずは生活を振り返ってみましょう。 まず、睡眠、食事、運動ですね。 不眠を治す 自律神経の...



こんな記事も書いてます。

昼間に活発になる交感神経と夜や安静時に活発になる副交感神経 自律神経は大事だっていいますよね。 臓器は手足みたいに 思ったように動かす...
広告
336_280
336_280