きれいでおいしい絶品和菓子を手土産にしたい

リンクユニット

和菓子より洋菓子が好きです。
でも、あんこも好きなので和菓子も好きです。
おいしいものはみんな好き、というじゅぴたです。

今日は林修先生がおすすめの絶品和菓子についてです。
きれいな和菓子だとお土産にしても喜ばれますよね。

和菓子

広告
336_280

おすすめ和菓子7選

せっかくなら喜ばれる手土産を持っていきたい。
そして自分も食べたい。
そんな和菓子の特集です。

あんわらび

・成城あんや あんわらび
1個259円

他のわらび餅とは違うという林先生。
小さめだけどきれいな和菓子が並んでいる店内です。

まず銅のボウルにこしあんを入れて砂糖を加え、水で溶いたわらび粉と混ぜ合わせます。
そして火にかけて混ぜ続けます。
10分ほど練ってなめらかな生地の完成です。

40分蒸した後、きなこをまぶして1日おいて完成です。

上品な甘さと滑らかな舌触りが特徴です。
餡と餅の配合がちょうどよくわらび餅の風味がしっかり感じられます。

固さはういろうに近いです。

陸乃宝珠(マスカット)

・源 吉兆庵 陸乃宝珠 
1個281円

きれいな黄緑です。マスカットですね。
確かに女性ウケしますね、この見た目は。
黄緑色の宝石のようです。
でも、どうやって作るんでしょう。

みかんをくりぬいて、ゼリーにして皮に戻す的なやつでしょうか。

お店は銀座にあります。
1日に7万個も売れるヒット商品ですが、
陸乃宝珠には、自社農園のマスカット・オブ・アレキサンドリアを使います。

ヘタを残してカットしたら、
水あめと混ぜたもち米でマスカットを手で包みます。

これ、だけですか?
包むのはすごく技術がいるので企業秘密で見れませんでした。

香りもよく果汁たっぷり。水あめの甘さが後から来ます。

このマスカットは種が入っているんですが、
この種ありの品種はちょっと酸っぱいんです。
だから周りの水あめ+もち米との相性が抜群です。

種なしだと甘すぎるんですね。



かずやの煉 抹茶

・銀座かずや かずやの煉 抹茶
6個入り 2150円

ここは知ってます。
3年くらい前から知ってるけど、
1坪のせまい店で、予約必須なんですよね。
それでも毎日予約だけで完売してるようなお店なんです。
でも一度は食べてみたい、そんな和菓子です。

航空会社のファーストクラスに出したいという
オファーもあったようですが、断ってるんですね。
それは一人で作って販売しているので、
味や品質を落とさない為に大量に生産できないのです。
店主のこだわりってやつですね。

きれいな緑色でババロアのようにぷっくりしています。
まったりとした食感と濃厚な抹茶の香りが特徴です。
スプーンですくおうとしてもうまく切れないような柔らかさです。
抹茶の苦味と香りが楽しめます。

作り方は、まずわらび粉、くず粉、砂糖を混ぜた生地を練ります。
そして福岡産八女抹茶を投入し、混ぜて練ります。
これを型に流し込んで1日冷蔵庫で冷やします。
ずいぶん濃い緑に見えます。

餡麩三喜羅

・大口屋 餡麩三喜羅
1個 141円

こちらは200年も続く老舗の和菓子屋の商品です。名古屋ですね。
1日に3万個も売れるといいますが、
餡麩ってどんなものなんでしょう。

生麩と餅米の皮が特徴です。すごく伸びます。

包んでいる葉っぱは山帰来(さんきら)という葉です。
なんかかわいい丸い形の葉です。
塩漬けされ、程よい塩気と香りを与えます。

大納言小豆に蜜を加えなめらかな餡にします。
餡麺みると餡がたっぷりですね。

もちもち感と上品は甘さが特徴です。

若鮎と水ようかん

・川口屋 若鮎
1個 320円
・川口屋 水ようかん
1本 1750円

こちらも名古屋のお店です。
約350年続く老舗のお店です。
いろんな和菓子があり目移りしてしまいそうです。

若鮎は柔らかく弾力があり、餡が道明寺餡を使っています。
カステラのような生地がやわらかく、
中の餡もバランスがとれています。

水ようかんは冷ました寒天とあんを
きめの細かいこし器でこして、容器に入れます。
泡を徹底的にへらで取ります。

個人的には断然粒あん派なんですが、
口々に滑らかさを絶賛する人達を見てると食べてみたくなります。
水ようかん

くず餅

・船橋屋 くず餅
1人前 630円

お店は亀戸ですが、工場はこだわりの水を使うので岐阜にあります。

くず餅は弾力が命といいます。
形がスプーンにぎりぎり乗せられる大きさの
台形なのも、黒蜜が絡むよう計算されています。

また広尾にある船橋屋こよみでは、和スイーツも販売されています。
くず餅プリン(650円)やかき氷の各種、
苺の白玉しるこ(845円)など、和洋折衷のスイーツが展開されています。
こちらも気になりますね。

いかがですか。
どれも手土産として持って行って喜ばれること間違いないでしょう。
もちろん自分用にも欲しいところです。



こんな記事も書いてます。

日本茶は種類が多くあります。 やはり産地によって育ちやすい品種もあります。 お茶の産地を知っていますか。 関東以南はどこでもお茶の産地...
0
広告
336_280
336_280