ほくほく系とねっとり系|おいしい焼き芋の季節です

リンクユニット

秋ですね。焼き芋の季節ですね。
焼き芋ってスイーツですよね。
最近のねっとり系は特にスイーツです。

焼き芋

広告
336_280

ほくほく系とねっとり系

今回マツコの知らない世界でサツマイモの世界を
紹介してくれるのは新谷梨恵子さんです。

新潟にお住まいの有名なサツマイモ好きさんらしく、
「郵便番号のところにサツマイモの人と書くと郵便が届く」といいます。

マツコさんには「自慢になってない」と一蹴されてましたが、
私は「スゴッ!」と思いました。

そんな新谷さんがサツマイモの現状を説明してくれます。

サツマイモにはほくほく系ねっとり系があります。
なんとなく分かりますよね。

ほくほく系は、昔ながらのなつかしい甘さのベニアズマです。

ねっとり系は、最近よく聞くべにはるかです。
ちょっとスイートポテトみたいですね。

マツコさんはほくほく系にマヨネーズを
つけて食べたいといいます。
私はバターかなあ。

最近はほくほく系が減少して、
ねっとり系の安納芋が増加しています。
残念ですね。

ねっとり系は特別な時に食べて、
普段はほくほく系をがっつり行きたいのになあ。
マツコさんもねっとり系はご褒美芋でいいといいます。

食べ比べてみる

サツマイモは23種類ありますが、内訳は
ほくほく系は13種類、ねっとり系は10種類です。

お店はどこもねっとり系が主流になってます。

凄腕の焼き芋屋さんが来て焼いてくれます。
・ベニコマチ
ほくほく系で、ほのかに甘いです。
糖度は苺と同じくらい。
このパサパサ感に牛乳が合うんです。

・安納こがね
ねっとり系で、クリーミーです。
色が濃い黄色で水分たっぷりねっとりです。

ほくほく系は芋ようかんなどの固形のお菓子に最適です。

おすすめされたのは、パープルスイートロードのタルトです。

・パープルスイートロードのタルト ¥380
この芋は中が紫色なんです。つまり紫芋ですね。
紫芋の中で一番甘いのがパープルスイートロードなんです。

しかしマツコさんは紫色の食べ物が苦手な様子。
「怖いの」といいます。
「紫キャベツも怖いの。」といいます。
ちょっとかわいいですね。

私も青い食べ物怖いので、きっと同じ感覚でしょう。

食べてみると、芋そのままの味ですっきりした甘さです。

ねっとり系はスイートポテトなどのクリーム系のお菓子に最適です。

おすすめされたのはしるきーも(シルクスイート)のたい焼きです。

・越後もちもちたい焼き 200円
米粉のたい焼きなので皮がもちっとしてます。
しるきーもと白あんを1対1で配合してます。
この配合が絶妙な甘さなんでしょうね。

「うまい」と一言です。



新流派のしっとり系

新谷さんの人生が変わった「紅きらら」は
なんとしっとり系です。

ほくほく系でもなく、ねっとり系でもない
中間をしっとり系というんですね。

見た感じは皮がじゃがいもっぽい色ですね。
中はオレンジ色です。

紅きららにソフトクリームを乗せて食べてみます。
ちょっと食べるの難しそうです。

マツコさんはソフトクリームもおいしいといいます。
ガンジー牛というレアな牛の
牛乳で作ったソフトクリームだったようです。

ちょっとソフトクリームの方に興味が出てきました。

たくさん食べるとおならが増える

焼き芋っておいしいんだけど、おなら増えませんか。
でもこれは自然なことなんです。

ご飯と比べてもさつまいもは
でんぷんが豊富で消化されにくいのです。
そのため腸はぜんどう運動を活発に行い
結果としてガスが発生するのです。

食物繊維が多く含まれるのは助かりますが、
この食物繊維もガスの発生を助けるものなので
よりガスが発生しやすくなってるのでした。

でも朗報です。
このさつまいもを食べたことによるおならは
ほとんど無臭です。
もし臭うならば腸内環境が悪い方に傾いているかもしれません。

音だけ気を付けましょう(笑)

またさつまいもの皮にはヤラピンという
消化酵素が含まれているので
皮ごと食べることでおならを防ぐことにもなります。

栄養も豊富なので皮ごと食べるのはおすすめです。

秋はおいしいものが多くて困りますね。
いや、うれしいですね。



こんな記事も書いてます。

毎年秋にはキルフェボンのモンブランタルトを食べます。 一度同じ名前の白い別物に変わってしまった時 ひどく落胆したので、 元の茶色いモン...
0
広告
336_280
336_280