正しいお茶の飲み方で健康長寿を目指す

リンクユニット

お茶は健康にいいというイメージがありますね。
健康なお年寄りはどんなお茶を飲んでいるのか
そのお茶と効果について迫ります。

緑茶

広告
336_280

オススメのお茶5選

今回林先生の今でしょ講座でお茶について
教えてくれるのは松井輝明先生です。

正しくお茶を入れて飲まないと
効果が得られないといいます。

血管に効果的なお茶

血管の詰まりをなくすお茶は「緑茶」です。

エピガロカテキンガレートという
ちょっと難しい名前のカテキンが
血管の悪玉コレステロールを減らしてくれます。

悪玉コレステロールが血管に詰まってしまうんです。
血管が詰まると、心筋梗塞や脳梗塞になります。

これは気を付けて飲んでおきたいお茶ですね。

でも緑茶はポピュラーでよく飲まれるお茶です。
飲まれる方は多いと思います。

ただ飲み方は間違えないでください。
せっかく飲んでいるのに間違った飲み方だと
効果が十分に得られません。

<正しい入れ方と飲み方>
・お湯は70℃。ポットから直接ではなく、
一度湯のみに注いでから急須に注ぐ

・1~2分おいてから湯のみに注ぐ

・1日に5杯以上飲む

・食後3時間のタイミングで飲む

・鉄分がより吸収されにくくなるので、鉄分と一緒には飲まない

緑茶にはリラックス効果もあるのでオススメです。
またお茶がらを食べるとエピガロカテキンガレートを
効率的に摂取することができます。

睡眠に効果的なお茶

よい睡眠がとれるお茶は「麦茶」です。
夏のイメージがある麦茶ですが、
その香りが質のよい睡眠を助けてくれるお茶なんですね。

<正しい入れ方と飲み方>
・ある程度で(最適な時間は説明書きにあります)麦茶パックは取り出す

・暖かい麦茶で、香りを楽しみ体を温める

麦茶はカフェインがほとんどないので
寝る前に1杯飲むのがオススメです。



血糖値に効果的なお茶

糖尿病にならないための血糖値対策になるお茶は「玄米茶」です。

玄米のぬかに含まれるガンマオリザノールが
血糖値が上がるのを抑えてくれます。
また緑茶のカテキンも血糖値に効果があります。

まさに血糖値対策のお茶ですね。

<正しい入れ方と飲み方>
・血糖値のためには食前に飲む

・玄米茶のお茶漬けを食べる

毛細血管に効果的なお茶

毛細血管を衰えさせないお茶は「ルイボスティー」です。

老化にいいと聞いたことあります。
抗酸化作用があるんですよね。

<正しい入れ方と飲み方>
特に番組ではなかったですが、
15~20分弱火で煮だして、
その後も10分ほど取り出さずに置いておきます。

抽出時間をしっかりとることが必要です。

ただ私は味が苦手です。
好みが分かれる味だと思いますのでまずは試してみてください。

腸に効果的なお茶

腸の働きをよくするお茶は「どくだみ茶」です。

クエルシトリンという成分がぜんどう運動を促進し、
体内の毒素を排出してくれます。

すてきな響きですね。
75%の毒素は便から排出されるので
どくだみ茶に期待大です。

<正しい入れ方と飲み方>
こちらも番組ではなかったですが、
急須でいれる場合は、3~4分おいて
好みの濃さになったら湯のみに注いでください。

食前30分前に飲むと、ダイエットに効果的です。
また便秘解消目的であれば寝る前や朝に飲むのが最適です。

正しい飲み方でお茶の効果を正しく享受しましょう。
間違えた飲み方ではもったいないですからね。



こんな記事も書いてます。

日本茶は私たちの身近な飲み物ですね。 各地で作られるお茶にはそれぞれ特徴があります。 そしておいしいだけではなく、おいしい効果もあるんで...
0
広告
336_280
336_280