体の中から温まる世界のホットドリンク

リンクユニット

寒くなってきましたね。あったかいものが恋しい季節です。

ホットコーヒー、ホットカフェラテ、ホットの紅茶、
緑茶など温かい飲み物はいろいろありますが、
世界の温かい飲み物を紹介します。

ホットドリンク

広告
336_280

アジアの温かい飲み物

まずは、日本に近いアジアのホットドリンクからです。
中国の鉄観音茶やジャスミン茶は身近な飲み物ですね。

緑牡丹(中国)

中国では花の王様といわれる牡丹を茶葉で模した工芸茶です。

<作り方>
1.緑牡丹1個をカップに入れお湯を注いでフタをします。
2.1分蒸らして茶葉が開いたら飲みます。
 お茶は半分残してお湯を継ぎ足すと1時間ほど楽しめます。

サンファ茶(韓国)

韓国の伝統茶で風邪、滋養強壮、免疫力アップに
効果があるといわれる薬膳茶です。

<作り方>
日本で作るのは難しいですが、サンファ茶の粉末などもあるようです。
粉末ならお湯で溶くだけです。

トルココーヒー(トルコ)

コーヒー豆を極細かく粉状に挽いて
水から煮立ててうまみを余すことなく味わいます。

<作り方>
1.鍋にトルココーヒーをティースプーン4杯
 入れ砂糖適量と水2カップを入れて弱火にかけます。
2.泡はすくってカップに入れます。
3.泡がなくなったら火からおろして、カップに
 注ぎます。粉が沈んでから上澄みを飲みます。

マサラチャイ(インド)

マサラとはスパイスの意味で、インドのソウルドリンクです。

<作り方>
1.小鍋に水カップ1/2とアッサム茶葉
 ティースプーン1杯を入れて火にかけます。
 沸騰したら火を弱めて沸騰した状態を維持しながら1分待つ。
2.鍋に牛乳カップ1/2とカルダモン1粒、
 シナモンスティック1本、ドライジンジャー少々を加え、
 沸騰前に火を止めてフタをして1分蒸らします。
3.茶こしを使ってカップに注ぎます。

ベトナムコーヒー(ベトナム)

練乳が入った甘いコーヒーです。
フィン カフェという専用の道具を使います。

<作り方>
1.カップに練乳小さじ2を入れ、フィルターに
 コーヒーをセットします。
2.お湯を注いでコーヒーが落ち切ってから、
 練乳を混ぜながら飲みます。

ヨーロッパの温かい飲み物

イギリスのロイヤルミルクティーやクリスマスティー、
イタリアのエスプレッソやカフェ マッキャート、
カプチーノは有名ですよね。

キセーリ(ロシア)

寒い時期によく飲まれるデザートドリンクです。ロシアでは粉をお湯で溶くだけのインスタントタイプもあります。赤い色がきれいなドリンクです。

<作り方>
1.小鍋にクランベリー1/2パックと水2/3カップ、
 砂糖大さじ2を入れ、一度沸騰させたあと10分煮込みます。
2.クランベリーの実を数粒取り出し、
 残りは軽く裏ごしします。コーンスターチ小さじ1を入れとろみをつけます。
3.グラスに注いで、取り出したクランベリー数粒を浮かべます。

グロッグ(スウェーデン)

赤ワインがベースのホットワインです。
伝統的な食前酒です。

<作り方>
1.オレンジ1個の皮をむいてクローブ20粒と
 オレンジの果肉、赤ワイン750ml、
 カルダモン5粒、砂糖大さじ3、ブランデー大さじ3を小鍋に入れます。
2.弱火で30分ほど煮込みます。好みでレーズンや
 アーモンドスライスを入れてもよいです。
飲みきれない分は密封容器にいれて
冷蔵庫で保存します。3週間ほどもちます。

カフェ マリア テレジア(オーストリア)

女帝マリア・テレジアが大のコーヒー好きだったのが
由来といわれています。彼女は王妃マリー・アントワネットの母親です。

<作り方>
1.生クリーム大さじ2を角がたつまで泡立てます。
2.カップにオレンジリキュール大さじ1を
 入れ温かいコーヒーを注ぎます。
3.コーヒーに1の生クリームをのせ、
 オレンジソース小さじ1とスイートチョコレートを少々削って散らします。

ショコラ ショー(フランス)

庶民から王侯貴族までフランス人が長く愛飲してきたドリンクです。

<作り方>
1.ミルクチョコレート50gを包丁で細かく刻みます。
2.鍋に牛乳300mlを入れて温め、
 刻んだチョコレートを加えてよく混ぜます。
3.生クリーム適量を好きな固さになるまで泡立てます。
4.チョコレートが溶けたらカップに注いで
 生クリームをのせてココアパウダー少々をふります。

チョコレートティー(ベルギー)

紅茶の入っていないドリンクです。
ベルギーはチョコレートで有名ですね。
日本の約4~5倍のチョコレート消費量を誇る
ベルギーならではのドリンクです。

<作り方>
1.牛乳1カップを小鍋に注ぎます。
2.鍋にナイフで削ったスイートチョコレート
 45gを入れ、火にかけてよく混ぜます。
3.牛乳が煮立ったら火をとめてカップに注ぎます。



北アメリカ・南アメリカの温かい飲み物

ホットアップルサイダー(カナダ)

カナダやアメリカの食卓に欠かせない飲み物です。
アップルサイダーは、北米では生絞りりんごジュースのことです。

<作り方>
1.リンゴジュース1カップとナツメグ小さじ1、
 砂糖少々を小鍋にいれて弱火にかけます。よく混ぜながら温めます。
2.グラスに注いでシナモンパウダー少々をふります。

アメリカンレモネード(アメリカ)

ビタミン不足や風邪予防になるドリンクです。
アメリカでは代表する元気の出る飲み物です。

<作り方>
1.鍋にお湯1カップを沸かして、レモンの砂糖づけ
 シロップ小さじ2を加えてよく混ぜます。
2.グラスにレモンの砂糖づけスライス3枚をいれて1を注ぎます。

テ・デ・マンサニージャ(メキシコ)

マンサニージャはカモミールの意味です。
メキシコでは風邪気味のときにライムとはちみつを加えて飲みます。

<作り方>
1.お湯300mlを沸かして沸騰したら
 中火にしてカモミールティーバッグを入れます。
2.5分ほど煮だします。
3.お好みでライム、はちみつを加えます。

アフリカの温かい飲み物

サハラップ(エジプト)

片栗粉でとろみがついたミルクベースの飲み物です。
食欲がないときや風邪のときに飲まれます。

<作り方>
1.牛乳1カップを小鍋で沸騰直前まで温めます。
2.コップに1を少しと、片栗粉小さじ1を入れよく混ぜます。
3.2に砂糖適量とバニラエッセンス4滴を加えてよく混ぜます。
4.3に1の残りを注いでシナモンパウダー少々をふりかけます。

ノスノス(モロッコ)

ノスは半分という意味です。エスプレッソと牛乳を
半分ずついれます。モロッコではエスプレッソが
よく飲まれ、暑いのに温かい飲み物が好まれます。

<作り方>
1.エスプレッソ用コーヒー豆15gをミルで挽きます。
2.1をホルダーカップにいれ、上からプレスします。
3.エスプレッソマシンにセットして抽出します。
4.泡だて器などで牛乳を泡立て、泡状になったミルクを作ります。
5.3のカップに4のミルクをゆっくり注ぎます。砂糖はお好みで。

ジンジャーティー(西アフリカ)

濃厚なしょうがの味を楽しむ飲み物です。体の芯から温まります。

<作り方>
1.しょうが2片を薄切りにして水1カップを
 ミキサーに入れて細かく攪拌します。
2.1を鍋にいれて、はちみつ大さじ2を加え中火にかけて温めます。
3.2を茶こしでこしてカップに注ぎます。

寒い地域ではホットドリンクいろいろ考えられてますね。
ホットコーラやホットジンジャエール、
ホットカンパリなんていうのもあります。
同じ飲み物でも温めると違った飲み物に感じられるかもしれません。

たまには、いつもと違う世界の飲み物で温まってみると、
その国に行った気分を味わえるかもしれません。



こんな記事も書いてます。

冷えとりって知ってますか。 5本指の靴下を重ね履きしたり、シルクの腹巻したりで ブームになりましたよね。 温めて心もほっこり ...
0
広告
336_280
336_280