更年期を知って、楽に生きよう2

リンクユニット

つらいこの時期、味方につけたいものについて書いていきます。
木々の木漏れ日

太陽パワー

太陽光を浴びるとセロトニン神経が活性化します。
痛いの感覚を抑制し、すっきり解消してくれます。
太陽光は長時間浴びるとストレスになります。5分~30分に留めましょう。朝、起きた際に太陽光を浴びてウォーキングやヨガなどリズム運動をするとよいです。

セロトニンの効果についてはこんなものがあります。
・夜ぐっすり寝て朝すっきり起きられる
・若々しく美しい姿勢を保てる
・午前中から頭がすっきりさえる
・冷え性の解消
・鎮静効果(痛みを抑制する)
・片頭痛を和らげる
・イライラしない
・過食を抑える
・便秘解消

なかなかの効果ですね。更年期対策としてではなくてもオススメしたいです。

体を動かす

いきなりマラソンなんて言いません。
ストレッチやヨガなどがオススメです。
またウォーキングや水中歩行などの有酸素運動は効果があるようです。
無理なく続けられるものがいいですね。
若い頃から続けている運動があれば、続けやすそうです。
目安として1日30分~60分行い、週に3~4回行いましょう。

感情を出す

・泣くためのドラマや映画を持っておく
・好きなお笑い番組を見る

思い切り泣いたり、笑ったりすることが大切です。
自分のお気に入りの1本を持っておくといいですね。
人に当たり散らすと後から後悔でつぶされそうになります。
溜め込む前に小出しにストレス発散しておくといいです。
いろいろ我慢してストレスを溜めるとそれこそ辛さがひどくなります。
周りの人にも「今、更年期で辛いの」と公言しておくと
少しは理解が得られると思います。
職場では難しいかもしれませんが、家族には言ってみてくださいね。

一人の時間を大事にする

リラックスして、心を鎮める時間を持ちましょう。
たくさんじゃなくていいんです。
ゆっくりハーブティーなんか飲める時間を少しだけ作ってみましょう。
夜ならヒマラヤ紅茶もいいですね。
頭の中を整理したり、自分の体調を確認するためにノートに書き出してみるのもいいですね。

体を温める

体を温めるというと入浴が一番です。手軽ですしね。
肩こりや関節痛などは温めることで緩和されます。
冷えを取ることが大事なんですね。
体を温めることで副交感神経を優位にしてリラックスができます。
ぬるめのお湯にゆっくり入ると体も温まりますし、リラックスにも効果的です。
この時アロマオイルなど垂らすとよりリラックスできます。
冬だったらみかんの皮を浮かべてもいいですね。


気持ちを整えるアロマ

香りって意外と気持ちに作用します。試してみてください。
気分だけでなく自然治癒力も高めてくれるようです。
では、おすすめのアロマ精油を紹介します。
・ラベンダー
 万能アロマです。不眠やイライラ、疲労には役立ちます。
 
・クラリセージ
 女性の不調に役立つアロマです。少し甘いハーブの香りです。

・フェンネル
 女性ホルモンのバランスを整えてくれるアロマです。食欲がなかったり胃がもたれる時、便秘の時におすすめです。

・ローズ
 ちょっと高いのでなかなか手は出せないかもしれませんが、効果はあります。ストレスを和らげ緊張をほぐし女性ホルモンのバランスをとってくれます。

・ゼラニウム
 少し甘い香りのするアロマです。スキンケアにも使われます。

・イランイラン
 濃厚なオリエンタルな香りです。これは万人受けはしない香りですが、ホルモン分泌を調整してリラックスできます。

・柑橘系アロマ
 レモン、グレープフルーツ、ベルガモット、オレンジスイートなど私も大好きなアロマですが、気分を明るくしてくれます。
 ただ光毒性といって肌に塗った後紫外線に当たるとシミになるので注意が必要です。
 
避けて通れない道だとしても、痛いのもつらいのも嫌いです。
いろんな情報から自分に合うものを見つけて心地よく過ごしてください。


0
広告
336_280
336_280
広告
336_280