毎日をハッピーにする朝と夜の習慣

リンクユニット

毎日をハッピーにする方法を日々、探していてこんな本を見つけました。

「朝型生活のはじめかた」
みしぇる ソフトバンククリエイティブ

このみしぇるさん、「うらうらな日々。」というブログでかなり有名な方のようです。

広告
336_280

朝はポジティブ発言が必須

朝、目が覚めたら「ぐっすり眠れた!」と言ってみてください。

なんだかそんな気がしてきました。ぐっすり眠ってすっきり起きれた気になってきたのです。不思議ですね。

なんでも「脳は口にしていることを実現しようとする」そうなんです。

アファメーションすると、なんか叶ってるのもこの脳の働きのおかげかもしれません。

特に一日が始まる朝にポジティブな言葉をいっぱい言って、すばらしい一日にしてしまいましょう。

カーテンを開けて、太陽の光を浴びることで体内時間もリセットされるし元気になれます。
「太陽の光を浴びる」と「ポジティブ言葉」はセットで覚えておきたいものです。

ぜひ試してみてください。

早起きが難しい寒い冬の朝は

「寒くてまだ寝ていたい」「ふとんから出たくない」と思ってしまう冬の朝には、ごほうびを用意しておくといいですね。

たとえば朝ごはんに大好きなフルーツを用意したり、香りのよいアロマをたいたり、あたたかい飲み物を用意したり。

もちろん部屋をあたたかくして、起きやすい温度にしておくことも大事です。
気合だけでは厳しいですからね。

温かい飲み物を飲んで、好きな音楽を流して少しゆったりする時間を作るのも冬の朝にはいいですよね。いい一日が始まりそうです。

ジンジャーミルクティーやシナモンココアがおすすめですが、ハーブティーなどもいいですね。


夜はメンテ時間

夜は一日の終わり、体と心の回復のために使いましょう。
みしぇるさんのおすすめは「半身浴」「ハーブティー」「腹式呼吸」です。

ハーブティーは、カフェインが入っていないので夜飲むのにはいいですね。なかでもカモミールティーやローズヒップティーがいいようです。

ゆっくりと眠るためには、半身浴は寝る1~2時間前に入っておくことです。
温まった体温が少しずつ冷えていくタイミングで眠り始めると、質の良い睡眠が得られやすいです。

また腹式呼吸ですが、私も意識して呼吸することはいいことだと思います。
いつも何気なく呼吸できてしまっていますが、意識して肺いっぱいに息をためてゆっくり吐くと、肺の場所が少しずつ分かるようになります。

使われていなかった部分が意識できるようになると、肺いっぱいに息が吸えるようになります。
1日数回意識して呼吸することをおすすめします。

朝ウォーキング

歩くことは気軽にできることですが、「30分以上歩かなきゃ」「1万歩以上歩かなきゃ」と思ってしまうとすぐに心が折れてしまいます。

とりあえず習慣化するために、「気分よく歩く」ようにしましょう。

天気のよい日に歩くのは気分いいものです。速度も気にせず景色を楽しみましょう。
すてきな景色に出会ったら、カメラで写真に収めておくのもオススメです。

歩いていると15分ほどでβエンドルフィンというホルモンが分泌されるそうです。
そして20分ほど歩き続けるとドーパミンが出てきて、どんどんやる気がわいてきます。

朝からポジティブな気分になれるのです。

45分を目指して歩くのは、その頃セロトニンが出るからだということです。
セロトニンはストレスを取り除いてくれます。ほどよい集中力が出てきてよいアイディアも浮かんできます。

ウォーキングは運動不足解消にもなりますし、続けたい習慣ですね。

こんな記事も書いてます。

今日は大好きなチーズについてです。 チーズってなんか幸せな気分になります。 私が好物だからかと思っていたけど、意外と優れた食べ物...



広告
336_280
336_280