青いトカゲを探して

リンクユニット

広告
336_280

小さい恐竜・ギザギザバシリスク

「クレージージャーニー」爬虫類ハンターの旅です。

加藤秀明さん、いつも少年のように突っ走ってる爬虫類ハンターですね。
コロンビアに来ました。

走ってる車からもトカゲをみつけてしまう人です。
トカゲ愛がハンパないです。
最近は他のバラエティー番組にも出ている有名人ですね。

今回は「突然変異の青いトカゲ」がいるゴルゴナ島へ渡ります。
南米最強の毒蛇がいるという島へ行くというのに、
加藤さんのワクワクは止まりません。

島に着いてすぐに
超レアな「ギザギザバシリスク」を発見して、走りまくります。
小池さんが「荷物下ろせばいいのに」とツッコミます。冷静です。

突進してすべりこみ、傷だらけです。
が、なんとギザギザバシリスクを捕獲します。
トサカみたいなのがついてて、体はイグアナっぽいですが、
しっぽがすごく長いです。ほんとに恐竜みたいです。

水上も走ってにげれるトカゲです。
かぎ爪のような足の間に膜があって、それで水面が走れるんですね。
すばしこくてなかなか捕まらなかったです。

爬虫類の宝庫

昔使われていた刑務所は、いい感じに自然に飲み込まれてます。
ちょっとラピュタっぽい?かな。

「こういうとこヘビいるんですよ」といいながら探しまくります。
いたら、逆に加藤さんが危ないですよね。

そして鉄柵の向こうにボアコンストリクターというヘビも発見します。
3mの巨大なヘビで無毒ですが人を絞め殺すことができます。
こちらは鉄柵があって接近できませんでした。
ちょっとホッとします。
鉄柵なかったら絶対加藤さん近づいてます。

草木が生い茂って足元に何が潜んでいるか見えません。
が、ぐいぐい山に入っていきます。
そしてモリイグアナを発見します。

尻尾が穴から出てたからといって、
穴に腕を突っ込んで捕まえようとします。度胸ありますね。
穴の奥にはヘビがいることもあるようです。怖い。

そして捕まえたモリイグアナは土だらけです。
穴掘ってるから当然ですけど。
穴を掘って住むイグアナは珍しいようです。



猛毒・危険な爬虫類

南米最強の毒蛇テルシオペロの赤ちゃんを
青トカゲより先に見つけてしまいました。
「やばい」といいながら、加藤さん素手で捕まえてます。
赤ちゃんとはいえ、すごい牙です。

大人の毒蛇なら数十人の大人が死んでしまうくらいの量を持っています。

この人はなんで毒蛇を素手で捕まえて、
カメラに向かって淡々と説明できるんだろう。
メデューサのモデルとなったヘビです。
噛まれた足は石化してまるで古い石像のようです。

次に発見したのは、フキヤガマという超レアな猛毒カエルです。
超レアものなので、加藤さんのテンションも上がります。

見た目はかわいい縦縞模様です。皮膚に毒を持っています。
捕食者は、食べる前に毒で死んでしまいます。

旅の目的・青トカゲ

青トカゲの仲間、ゴルゴナブラウンアノールを見つけます。
トカゲのいる枝の下はヘビがいそうですが、やはり取りに行きます。

そして無事ゲット!明るいブラウン色で、細くて小さいトカゲです。
のど袋がびよーんと伸びます。

日が暮れてあきらめた時に、青トカゲを見たという人が現れます。
動画を取ってて見せてくれます。キレイな青色のトカゲです。
この色なら見逃すことはなさそう、という色です。

もう暗いのに、「青トカゲがいたという木」へダッシュですが、
もういませんでした。

翌日再チャレンジかと思いましたが日程の都合により、
明日朝出航しないといけません。
いろいろ捕まえて見せてくれましたが、
お目当ての青トカゲ捕獲はなりませんでした。
残念ですが、大学の授業もあるし仕方ないですよね。

次週は、もう一つの旅の目的
「ワニのようなカラダの赤い頭のトカゲ」の捕獲に挑みます。
パワフルな加藤さんを期待しましょう。

こんな記事も書いてます。

ヨーロッパ最大級のスラム街 今日は、「クレージージャーニー」丸山ゴンザレスさんのヨーロッパ最大のスラム街旅です。 もうお馴染みの...



0
広告
336_280
336_280