自分の取扱説明書「自分をゴキゲンにする方法」

リンクユニット

ごきげん

広告
336_280

いつもゴキゲンでいること

いつもゴキゲンでいると、いいことを引き寄せます。周りの人がイライラしていると、こちらまで気を使って嫌な気分になります。
逆にゴキゲンな人がいるとこちらも安心して、幸せでいられますね。

ゴキゲンでいることもハッピーでいいのですが、ニュートラルな状態で長い時間を過ごせることが自分にとってはいい状態です。無駄なエネルギーを使うことがありません。

ゴキゲンでいる時間が長いことは幸せなことです。自分でそれをコントロールできたらいいですよね。

健康であること

ゴキゲンでいるのに必要なのは、まず健康状態がよいことですね。
あちこちが痛かったり、つらい時には心が他に感じ取れる余裕がありません。
どうしても体の不調にフォーカスしてしまいます。

体調が悪くなったら、周りを整理しましょう。
部屋や机の周りを整理して、きれいに掃除します。一気にやろうとすると気力が必要なので1か所ずつキレイにしていきましょう。
少しずつでも達成感も得られるはずです。

環境がきれになって整うと頭の整理もできます。
頭の整理ができるとココロもニュートラルな状態にもっていけます。

不調を感じたり行き詰まったら、掃除して整理してみてください。

絶対な価値観はなんてない

世の中にはいろいろな価値観があります。過去にもいろいろな価値観があります。
人によってその人自身の見方や価値観があるので、それを無理矢理自分にあてはめる必要はありません。

例え自分と違う価値観を持っていても、それはその人のものです。自分の価値観から外れていても全然オッケーなのです。

自分だって誰かの価値観からは外れているはずです。つい自分の価値観から外れた行動の人にイライラしてしまうこともあるかもしれませんが、「その人の価値観とは違うだけ」と割り切って受け入れましょう。

感謝貯金は永久不滅ポイント

当たり前のことに感謝してみましょう。いろんなことに感謝できるようになると、心に余裕ができます。

また書き出してみると、「こんなに感謝することがあるなんて、幸せだ」と思えるはずです。

ゴキゲンになれたら、ゴキゲン貯金にイメージで貯金していきましょう。
永久不滅ポイントのように、ずっと残り続けます。お得でしょう?



自分の取扱説明書を作ってみよう

自分のこと知ってますか。
一番近いようで、近すぎて意外と知らない自分のことを知っておけば自分をコントロールできます。
それに近しい人に自分のことを知ってもらうのにも役立ちます。
特に男性には論理的に説明できるとわかってもらえますよね。

まずは下地作り

取扱説明書は自分をどのように扱ってほしいかをまとめるものですが、まずは書き出してみてください。

・どんな時にリラックスできるか
・リラックスしているとどんな感じになるか
・どんな時にテンションが上がるか
・どんな時にテンションが下がるか
・どんなことをされるとうれしいのか
・どんなことをされると嫌なのか
・どんな時に機嫌がいいのか
・どんな時に機嫌が悪いのか
・自分のよいところはどこか
・自分の悪いところはどこか
・どんな時に落ち込むのか
・どんな時に怒るのか
・どんな生き方をしたいのか
・一日のうち必ずしたいことは何か
・どんなことに興味があるのか
・どんなことに興味がないのか
・どんな時に一人になりたいのか
・どんな時に一人になりたくないのか

他にも思いついたことがあれば、項目は付け足してくださいね。

過去を思い返すのもいいですが、今日から少し自分を観察してみてください。「あれ、機嫌いいな」と思ったら、なんで機嫌がいいのか探ってみます。

「なんで今機嫌悪いのかな」って気づいたら書き出してみましょう。機嫌が悪くなったきっかけが分かるかもしれません。不調の兆しが分かれば対処できることがあるかもしれませんよね。

自分を客観的に眺める

西野カナさんの歌にもありましたが、自分を商品のように考えて書き直します。

例えば、どんなことをされるとうれしいかを書き出してみます。
・「かわいいね」と褒めてもらえる
・何かを決める時に自分の意見を聞いてもらえる
・頭をポンポンされる

これって、書き換えるとこういうことです。
・「かわいいね」と褒めてもらえる
→週に1回は、「かわいい」とほめてください。長い間かわいい状態でいれます。

・何かを決める時に自分の意見を聞いてもらえる→何かを決める時は、意見を聞いてあげてください。尊重されていると実感できます。

・頭をポンポンされる
→月に1回は、頭ポンポンしてあげてください。癒されて元気になります。

週に1回など具体的に書くと伝わりやすいですね。

機嫌が悪い時の対処法も書いておくと、周りの人が自分をうまく取り扱ってくれます。
私は機嫌が悪い時はしばらく一人にしておいてほしいです。
そうして自分がちょっと落ち着くのを待ってほしいですね。



こんな記事も書いてます。

毎日をハッピーにする方法を日々、探していてこんな本を見つけました。 「朝型生活のはじめかた」 みしぇる ソフトバンククリエイ...
広告
336_280
336_280