【マツコの知らない世界】ザ・庶民の味方 たらこパスタ6選

リンクユニット

たらこ、明太子っておいしいですよね。
みーんなが大好きだと思っていましたが、
そういえば魚卵ダメな人っています。
実はマツコさんも魚卵ダメだった人なんです。

たらこパスタ

広告
336_280

たらこパスタのバリエーション

それでも今では慣れて、大好きになったマツコさん。
タイムリーな話題ということで今回は「たらこパスタの世界」です。

「パスタ」とちょっと限定されてしまっていますが、
たらこパスタもおいしいですよね。
明太子とバターでおいしくならない訳がないです。

今回紹介してくれるのは、
たらこパスタ専門店「タラタラ タラッコ」の店長、
大久保謙作さんです。
専門店なのに50種類もパスタがあるみたいです。
そしてなんと、米米CLUBのリーダーなんです。

初めて知りましたが、
渋谷のスパゲティ専門店「壁の穴」が
たらこパスタを考案したと言われているんですね。

大久保さんオススメのたらこパスタを
マツコさん、ほおばります。おいしそうです。
が、なんとこのパスタは番組のADさんが作ったものでした。
たらこパスタは、多少材料の量が違っても、
茹ですぎてもおいしくなっちゃうと語ります。

そして大久保さんが語るたらこパスタの
最大の魅力は「誰がどこで食べても絶対に外さない」ところです。

これは素直に頷けます。絶対おいしいですもん。

ところで、たらこと明太子の差ってわかりますか。
私は「赤くて辛いのが明太子」という認識でしたが調べてみました。

たらこはスケソウダラの魚卵です。
それを塩漬けしたものです。

明太子は明太魚の魚卵です。
明太魚とは韓国語でスケソウダラのことなんです。
だから同じスケソウダラの魚卵のことなんですね。
明太子は辛子漬けしたものです。

つまり、まとめるとこうなります。
<たらこ> 日本発 スケソウダラの魚卵を塩漬けしたもの
<明太子> 韓国発 スケソウダラの魚卵を辛子漬けしたもの

案外「赤くて辛いのが明太子」は、合っていたようです。

たらことバターの王道コンビネーション

・王道のバター風味
1.ピッティ 「たらこスパゲッティ」700円

バターにたらこを混ぜて作った王道の味です。
レモンを少し絞ってさわやかさもあります。

・バンドメンバーとの会合の定番
2.ジョリーパスタ「濃厚 焼きたらこ」830円

カツオ出汁が入って、緑も鮮やかです。
卵黄のってるので、黄身を崩すとまた味が変わります。

たらこと和風コンビネーション

・たらこパスタ発祥の店 和風パスタ
3.壁の穴「たらこ・しそ・おろし」1220円
しそ、おろしがたっぷりで和風感出してます。
バターも入ってます。

常連さんに「キャビアを使ったパスタを作ってほしい」と言われ、
原価率が高いので安価なたらこで作ったのが始まりとのことです。
結構常連さんの無茶ぶりや発案だったりするんですね。

たらことクリームコンビネーション

・和と融合させたクリームパスタ
4.洋麺屋五右衛門「たらこと湯葉とモッツァレラチーズのカルボナーラ」1050円

このパスタはたらこ意外も味が濃そうですが、
サラサラのクリームでたらこも負けてません。

マツコさんも「たらこってすごいな」と2回繰り返してしまうほど。



たらこと別ジャンルコンビネーション

・たらことペペロンチーノの融合
5.アンリーヴル「ガーリック明太子と大葉スパゲッティ」1100円
見た目は分かりませんが、
香りはガーリックの香りがしっかりします。
たらこの代わりに明太子を使ってニンニクの味付けをしています。

たらことガーリックががっつり組んでどちらも負けてません。
後味はたらこが勝ってるようです。

・たらことジェノベーゼの融合
6.talatala・taracco「タラジェノトマト」950円
ついに大久保さんのお店です。ただ、アルファベット表記なんですね。おしゃれ。

見た目は麺が太く、ジェノベーゼが勝ってます。
シマダヤさんの冷凍めんを使ってます。
マツコさんも絶賛のめんのうまさです。
隠し味に昆布茶を入れてます。

最高級食材で作ってみよう

最高級食材だけでたらこパスタを作ってみました。
これは、大久保さんの夢ですが、
もう絶対おいしいに決まってます。

マツコさんも俄然のり気です。

<使用した高級食材>
・虎杖浜たらこ「多良の子 極漬」350g 5400円

・ファエッラ「ベルミチェッリ」1㎏ 1944円

・「十六島紫菜」8g 1240円

・礼文昆布文庫「利尻昆布 出し昆布」800g 10800円

・「羅臼昆布茶100」497円

・函館真昆布「根昆布粉末」50g 648円

・「本枯鰹節 背節」1本4000円

・「バター・ドゥ・ロドルツ・ムニエ(無塩)」3456円

合計で27,985円です。
豪華ですね。

しかし・・・意外にも
大久保さんもマツコさんも食べた後、無言になります。

どうやら高級食材で作ったパスタはいまいちだったようです。
高級食材は、お互いの主張が強すぎて
まとまらなかったみたいですね。

でもこれは朗報ですよ。
安い食材で、腕がなくてもおいしく食べられる。
それがたらこパスタです。

お家で作ってもおいしく食べられますもんね。
材料も少なくてアバウトでも
おいしくできちゃう料理って私向きです。
週末に作ってみようかな。

あなたも週末ランチにたらこパスタ、どうですか。



こんな記事も書いてます。

バターとマーガリンの違い 今回は「マツコの知らない世界 バターの世界」です。 バターは使いたい時にすぐ溶けてくれないから、 高...
0
広告
336_280
336_280