ほとんどの病気は栄養不足から起こる?!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

栄養は偏って取れ

今日の本は、小垣佑一郎さんの「あらゆる不調をなくす毒消し食」です。

この本では、体の不調は栄養不足が原因だとあります。
歯並びが悪いのは鉄分不足、
IQが低く関心不足なのはビタミンB不足といいます。
認知症にもビタミンB12を摂取することで改善がみられます。

びっこをひく高齢者にビタミンDとタンパク質不足です。
ビタミンDはぎこちない筋肉運動を改善できるのです。

また口の中を見れば体の状態がわかるともいいます。
そしてよくいわれる栄養は「バランスよく」摂るのではなく
偏って摂るのだといいます。

確かにタンパク質は体重(kg)×1g以上食べる必要があるといいます。
これを計算すると例えば60kgの人は
60gのタンパク質を食べることになります。

60gのタンパク質って結構大変なんです。
卵1個で6.2gなので、約10個必要ということになります。
意識しないと摂れない量ですよね。

弱った胃でも糖質は負担が軽いといいます。
今まで「私は炭水化物、糖質が大好きだ」と思っていましたが
もしかしたら胃が弱って負担が軽いものに逃げていたのかもしれません。

また栄養を摂ってもそれが作用を見せるのには
一定のラインがあるといいます。
そしてそれは個人差があるのです。

例えばビタミンCを摂ったとして、100㎎で効果を実感できる人と
1000㎎摂らないと実感できない人がいるのです。

1000㎎摂らないと実感できない人が100㎎摂っていても
気休めにしかなりません。

ビタミンCは摂りすぎると下痢になりますが
その手前までの量を摂らないと効果は実感できないといいます。

エメラルドグリーンの尿を目指せ

理想の尿の色は栄養ドリンクみたいなエメラルドグリーンの色だといいます。
これは体内に十分ビタミンB群がいきわたって
余りが尿として出てきているとこの色になります。

真っ黒なうんちを目指せ

女性は鉄分が足りないとよく聞きます。
軽い症状しかなくて気づかない人もいますが
実際に鉄分を摂ってみると
「こんなに楽なのか!」と感じる人も多いかと思います。

こちらも真っ黒な硯色のバナナ一本分のうんちが理想です。
(1回出れば量を調整して控えた方がよいようです)

ただ量的にはバナナ一本分のうんちを毎日出すのを目指しましょう。

スポンサーリンク

口内をきれいにする

何を食べるにしろ飲むにしろ、口を通して入ります。
まずは口内をきれいにしないと
汚い菌も体内に入り込んでしまうといいます。

特に朝ですね。
朝起きて、寝てる間に増殖した口内の菌をそのまま
水を飲んだり朝食を食べてはいけません。

寝てる間は唾液も減っているので菌が増殖してしまうのです。
そこで歯磨きです。

朝起きて、水を飲む前に歯磨きしましょう。
基本的に歯磨き粉はつけなくていいようですが
歯磨きすると結構目が冴えます。

寝起きは目も乾いているので目薬をさすといいと
聞いて実践していますが、
目薬をさして歯磨きすると目はぱっちり覚めます。

そして食後は歯磨きとフロスを使ってのケアが必須だといいます。
全部は時間もかかるので「今日は上あごの右側だけ」という
部分分け方法でもいいようです。

大腸がんの予防になるといわれてはやらないわけにはいきませんね。

スポンサーリンク

毒消し食

さて体を作るたんぱく質をがっちり摂る必要があるのですが
プラスしてビタミンB群ヘム鉄を摂ることが
毒消し食」と紹介されています。

そしてこれらを摂取するにはプロテインやサプリを
有効に使うことをおすすめされます。

そして腸内環境をキレイにするには食物繊維です。
毎日サイリウム4gを水300ccに溶かして飲むとよいようです。
食物繊維は血糖値上昇も抑えてくれます。

またミネラルは外せない栄養素です。
鉄もミネラルに含まれますが、
カルシウムは骨粗しょう症に効果がありますし、
亜鉛は活性酸素を除去し皮膚や粘膜を守ります。

また脳の6割は脂質です。
コレステロールは脳に必要な栄養素です。
これにはEPA、DHAの含まれる油を摂りましょう。

油でいうと亜麻仁油、えごま油、MCTオイルを生で
摂るようにします。

そして糖質制限です。

糖質って調味料とかにも含まれていて
多くの食材にも含まれています。
制限するとなると難しい栄養素です。

著者はかなり厳しい制限しているのですが
糖尿病患者が増えていることも事実です。

取り入れられそうな人は糖質制限も行っていきましょう。
本には目からウロコな情報がたくさんありました。
実際に読んだ方があなたに刺さる情報があるかもしれません。

自分の不調は何の栄養不足か調べてみると
意外に簡単に改善がみられるかもしれませんね。



こんな記事も書いています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました