濡らしたくない靴にシューズカバー

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まず雨がひどい日は、レインブーツ、つまり長靴履いていきます。
ただ旅行先の場合、突然の夕立のような場合
要するに急に長靴が必要になった時、携帯できる長靴になるのがシューズカバーです。

私が買ったのはSmilefootのシューズカバー
スポンサーリンク

急な雨にも対応

このシューズカバーを買ったのは、
突然の雨でスニーカーから靴下からパンツまで
ぐしょぐしょに濡れた日があったからです。
予報で結構な雨が降ると分かっていれば
レインブーツにしましたがあくまで予報は予報。

折り畳み傘ではどうにも対応できないくらいの大雨でした。
地面に跳ね返った雨がパンツを濡らしたり
風が斜めに吹いて腕も下半身びしょ濡れになって職場にたどり着いきます。
なんとか頭と顔だけは守った感じですね。
一生懸命水たまりを避けても意味ないくらい濡れました。

そんな時乾かないのが、靴下とスニーカーなんです。
服はわりと午後には乾いたりします。

でも靴下のスニーカーは脱いで、干したり風にあてたり
新聞紙に水分吸わせたりしないと乾きません。
いつまでたってもぐしょぐしょです。

風邪をひきそうになりながら対策を考えました。

そこでまず考えたのは、職場に職場用サンダルを置くことでした。
女性なら職場で靴を履きかえることは多いようです。
そして靴下はスペアを持ち歩こうと思っていたのです。

そんな時に見つけたシューズカバー
これを履いてしまえばサンダルもスペアの靴下もいらないんじゃないの?
ということで靴下持ち歩くならシューズカバー持ち歩いても同じ。
早速試しに買ってみました。

色はグレーにしてみました。
通勤でも恥ずかしくない色です。

しかし、なかなか履く機会がありません。
やはり天気予報はそれなりに当たるのです。

スポンサーリンク

旅行先での雨にも対応

私の場合、旅行先で使用しました。
旅行先は着いた朝から結構な雨が降っていて
外を歩くころには止んでいたのですが、
足元は泥でぐちゃぐちゃです。
そんなところを歩くはめになりました。

でも大丈夫。
スニーカーで行ったから、用意していたシューズカバーをつけて歩きます。
金具がついていたりヒール靴だと、
シューズカバーは破けてしまう可能性が高いですが
スニーカーならぴったり

水たまりでも平気で入ってやりましたよ。
結果、パンツの後ろ側に跳ね返りがついてしまいましたが
速乾パンツ履いていたので
ウェットティッシュでごしごし拭けばきれいなものです。

できるだけ土が柔らかくない、ぬかるんでないところを探して・・・
水たまりを避けて・・・という気遣いがいらないので楽です。

これは買って正解でした。
すごくコンパクトでお値段もプチプライス

そして水で洗ってすぐキレイになるので爽快感もあります。
ゴムだから滑りにくいし、すぐ乾く!
全くもっておすすめです。

スポンサーリンク

使い捨てよりゴムやシリコンがおすすめ

例えば川べりで土が泥状態になっているところでも
シューズカバーは使えます。
釣りにもいいのではないでしょうか。
シューズカバーは、ブーツみたいに高さがあるものもあります。

使い捨てもありますが、これは「いかにも」な感じがして
私には通勤時にはちょっと使いにくいかなと思います。
ただ安いです。実利を取るなら使い捨てもありかも。

またバイクや自転車に乗る人などは寒さにも強いシューズカバーはおすすめです。
ゴムやシリコン製がおすすめですね。
コンパクトで軽いので持ち運びも楽ちんです。
水に濡れるかもしれない可能性があれば
かばんに突っ込んでおくといいですね。

まだ使っていないですが、
ゴムだから雪でもいけるんじゃないかと思っています。
ゴムだと寒さも防げるといいます。
これは是非冬に使ってみなければ!
と今から使命感にかられております。

お気に入りの靴を濡らしたくない、
泥まみれにしたくない、
歩くたびにスニーカーをぐじゅぐじゅいわせたくない人にはおすすめなグッズでした。

こんな記事も書いています。


心地よく生きる
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事
じゅぴたをフォローする
スポンサーリンク
いつも心に青空を

コメント

タイトルとURLをコピーしました