【漢方でカラダケア】食べ物と臓器のつながり

リンクユニット

実は漢方にも興味あり、なんです。
じんわり効いて副作用が少ないイメージなんですよね。

うまく使えないかなあと思いつつ、
高くて不味くて難しい気がしてなかなか手が出せません。

中国 漢方

体質チェック

まずは自分の体質をチェックします。
チェックが多いタイプを確認してください。

Aタイプ
・疲れやすい
・めまいがする
・汗をかきやすい
・動くと症状が悪くなる
・呼吸が浅い
・よく風邪をひく
・声が小さい
・胃腸が弱い

Bタイプ
・お腹や脇が張って痛い
・げっぷやおならが出やすい
・ストレスを抱え込む
・溜息をよくつく
・生理前にイライラする
・生理前に乳房が張りやすい
・便秘気味
・気分によって体重や食欲にムラがある

Cタイプ
・顔色につやがない
・くちびるや爪の色が青白い
・髪や肌がぱさつく
・めまいがする
・目がかすむ
・なかなか寝付けない
・頭がボーっとする
・生理の経血が少ない

Dタイプ
・顔色がくすんでいる
・皮膚が乾燥してかさついている
・目元にクマができやすい
・肩こりがある
・シミやあざができやすい
・針でさされたような痛みがある
・生理痛がひどい
・生理の経血にレバーのような塊がある

Eタイプ
・手足がほてる
・口が渇く
・のぼせがある
・肌が乾燥している
・イライラしやすい
・痩せている
・寝汗をよくかく
・めまいや不眠がある

Fタイプ
・梅雨時に体調が悪くなる
・胃のあたりでポチャポチャ音がする
・めまいや動悸がする
・むくみやすい
・おりものが多い
・痰やつばが出やすい
・体が重くだるい
・食欲不振

Gタイプ
・暑がり
・のどが渇きやすい
・顔色が赤い
・冷たいものが好き
・汗っかき
・尿の色が濃い
・便秘がち
・怒りっぽい

Hタイプ
・寒がり
・手足が冷たい
・顔色が白っぽい
・温かいものが好き
・トイレが近い
・尿の量が多い
・下痢気味
・むくみやすい

では、どのタイプにチェックが多かったか確認してください。
Aタイプ・・・・>気虚タイプ

Bタイプ・・・・>気滞タイプ

Cタイプ・・・・>血虚タイプ

Dタイプ・・・・>瘀血タイプ

Eタイプ・・・・>陰虚タイプ

Fタイプ・・・・>水毒タイプ

Gタイプ・・・・>熱タイプ

Hタイプ・・・・>寒タイプ

あなたのタイプは?

気虚タイプ

このタイプの人は「気」が不足しています。
カラダの機能がうまく動かず、免疫力も低下して
いろいろと不調が現れます。

「気」が不足するということは、
元気がなく疲れやすいということです。
日頃から食事や睡眠に気をつけて生活しましょう。

免疫力が弱く風邪もひきやすい、
花粉症や胃腸、呼吸器系のトラブルに
気を付ける必要があります。

長芋、さつまいも、かぼちゃ、しいたけ、
大豆などを積極的に取りましょう。

気帯タイプ

このタイプの人は「気」が滞っています。
ストレスや飲食の不摂生で
気の巡りが滞り、痛みや腫れを感じます。

ふさぎこんだりイライラしやすいので
ひとつのことにこだわらず
軽い運動やお笑い番組を見て笑ったり、
好きなアロマでリラックスすることが大切です。

ストレスによる冷えや生理痛、不眠、
肩こりなどが起こりやすいので
気を付ける必要があります。

しそ、みかんの皮、セロリ、らっきょう、
そばなどを積極的に取りましょう。

血虚タイプ

このタイプの人は「血」が不足しています。
貧血、肌のかさつき、動悸や不眠の症状が出ます。

イライラしたり不安だったりで
熟睡できないことが多いので
十分な睡眠を心がけると症状改善につながります。

血を補う食材を食べて働きすぎなどに
気を付けることが大切です。

動悸、めまい、貧血、かすみ目、乾燥、
便秘、不眠などに気を付ける必要があります。

黒ゴマ、なつめ、まぐろ、いか、あさり、
牡蠣などを積極的に取りましょう。

瘀血タイプ

このタイプの人は「血」が滞っています。
血行不良ですね。

肩こりや目のクマ、夜にうっ血が悪化するのが特徴です。

痛みを伴います。冷えに用心して
カラダを温めることが必要です。

食べ物に気を付け、入浴やストレッチなどで
カラダを温める習慣をつけましょう。

肩こり、頭痛、アトピー、肌荒れ、
冷え、のぼせなどに気を付ける必要があります。

黒豆、黒砂糖、サンザシ、らっきょう、
チンゲン菜などを積極的に取りましょう。

陰虚タイプ

このタイプの人は「水」が足りないです。
水が不足すると便秘や乾燥肌になり
精神的にも不安やイライラが続きます。

ミネラル分を多く含むものを取り入れ、
規則正しい生活を送ることが大切です。

手足のほてり、のぼせ、便秘、
肌の乾燥に気を付ける必要があります。

長芋、百合根、クコの実、松の実、
はちみつなどを積極的に取りましょう。

水毒タイプ

このタイプの人は「水」が滞っています。

水分代謝が悪くなってうまくカラダを巡らない状態です。
頭が重くなったり、むくみが出やすくなります。

冷たいもの、甘い物は控えて胃腸を丈夫にする食材や
利尿作用のあるものを取り入れることが大切です。

体が重い、冷え、むくみ、食欲不振、
めまい、耳鳴りに気を付ける必要があります。

しそ、生姜、はと麦、小豆、昆布、
コーンなどを積極的に取りましょう。

熱タイプ

このタイプの人は「熱」を生みやすい状態です。
体の機能が高まりすぎて
余分な熱を生み、体の水分が消耗されます。

体を鎮静させるため香辛料やお酒は控えましょう。

便秘、ほてり、口の渇き、多汗症、
ニキビ、アトピーに気を付ける必要があります。

緑豆、トマト、きゅうり、冬瓜、
ゴーヤなどを積極的に取りましょう。

寒タイプ

このタイプの人は「熱」が足りないです。
手足が冷え、クーラーが苦手、
風邪をひきやすく水太りになりやすいです。

新陳代謝が悪く冷え性なので
カラダを温めることが大切です。

カイロや入浴でカラダを温め、
スポーツで筋肉をつけて基礎代謝をあげましょう。

風邪、肩こり、頭痛、むくみ、
肥満、生理痛に気を付ける必要があります。

生姜、ねぎ、にんにく、しそ、
山椒、唐辛子、えびなどを積極的に取りましょう。

いかがでしたか。私は「気虚」で、あとは「水毒」と「寒」かな。
食べ物も気を付けて取り入れてみたいですね。

食べ物の特性って?

さて、その食べ物には「五味、五性、帰経」があります。
漢方では食べ物と臓器が深く関連していると考えます。

五味

酸、苦、甘、辛、鹹の五つの味のことです。

・酸味
収れん作用があります。関連深い五臓は「肝」です。
梅、レモン、みかん、柚子、酢、ローズヒップ、サンザシなどの食材です。

・苦味
排泄、消炎作用があります。関連深い五臓は「心」です。
緑茶、銀杏、筍、蓮の実、みょうが、ゴーヤなどの食材です。

・甘味
滋養強壮作用があります。関連深い五臓は「脾」です。
なつめ、ハチミツ、大豆、豚肉、牛肉、かぼちゃ、米などの食材です。

・辛味
発汗作用があります。関連深い五臓は「肺」です。
生姜、ネギ、しそ、唐辛子、こしょう、にんにく、にらなどの食材です。

・しょっぱい味
柔らかくして出す作用があります。関連深い五臓は「腎」です。
岩塩、しょうゆ、味噌、海藻、エビ、イカ、あさりなどの食材です。

五性

寒、涼、平、温、熱の五つの性質のことです。

・寒性
鎮静・消炎作用があります。熱タイプ、陰虚タイプにおすすめです。
あさり、昆布、塩、大根、バナナ、ウコン、柿、かになどの食材です。

・涼性
のぼせが出やすい人におすすめです。
きゅうり、菊花、セロリ、トマト、冬瓜、白菜、はと麦、ほうれん草などの食材です。

・平性
虚弱体質や子供、老人など体力がない人におすすめです。
黒ゴマ、長芋、クコの実、梅、うるち米、小豆、じゃがいも、にんじんなどの食材です。

・温性
寒タイプ、気虚タイプにおすすめです。
あじ、イワシ、エビ、かぼちゃ、栗、くるみ、黒砂糖、さけ、しそなどの食材です。

・熱性
風邪をひいて寒気がするときはおすすめです。
山椒、シナモン、こしょう、唐辛子などの食材です。

帰経

肝、心、脾、肺、腎の五つの臓器のことです。

・肝
肝臓が弱っている時は酸味を取るとよいです。
肝機能が低下しているとストレスによる
下痢、便秘、生理中、目の充血、爪の傷みなどが
症状として現れます。

あさり、しじみ、セロリ、金柑、いか、
トマト、レバーなどが肝に効く食材です。

・心
心臓が弱っている時は苦味を取るとよいです。
心機能が低下していると動悸、息切れ、
不整脈、物忘れなどが症状として現れます。

舌や顔の色に変化が出やすいです。

小麦、なつめ、蓮の実、百合根、ウコン、
緑茶、すいか、卵などが心に効く食材です。

・脾
脾臓が弱っている時は甘味を取るとよいです。
脾機能が低下していると
むくみや下痢が出やすくなります。

高麗人参、長芋、なつめ、うるち米、
さつまいも、かぼちゃなどが脾に効く食材です。

・肺
肺が弱っている時は辛味を取るとよいです。

肺機能が低下していると肌がかさついたり
花粉症などのアレルギー症状を出します。

高麗人参、しそ、長芋、はと麦、松の実、
くるみ、たまねぎなどが肺に効く食材です。

・腎
腎臓が弱っている時は塩辛い味を取るとよいです。

腎機能が低下していると筋力の衰え、
足腰が弱くなり、耳鳴り、白髪などが現れます。

黒ゴマ、クコの実、長芋、羊肉、
うなぎ、あわび、くるみなどが腎に効く食材です。

面白い考え方ですよね。
食べ物と臓器の関係性です。

でもこれ先人達の知恵の結晶ともいえるものです。
有難く拝借して気持ちよく過ごすのに役立てたいです。

こんな記事も書いてます。

旬の食材についてはこちらで確認してください。 春の薬膳レシピ ・若竹煮 苦味の筍と鹹味のわかめの組み合わせ <材料 4人分> ...
0