漢方スープで不調を整える

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今日はちょっとした不調を「食材でなんとかしよう」という本です。
「漢方スープレシピ」
薬日本堂編著 法研

soup.jpg
スポンサーリンク

体質チェック

医食同源といいますよね。
カラダに入れるもので私たちのカラダは構成されています。

その食べ物の特性は薬のような効き目があります。
その特性をうまく取り入れることで
カラダの不調に対処しましょう。

まず漢方での体質チェックで
自分の体質を知っておくと何が必要か見えてきます。

体質チェックはこちらです。

スポンサーリンク

冷え性対策スープ

気虚タイプは、カラダを温め消化吸収を高め、軽い運動を心がけましょう。

気滞/瘀血タイプは、カラダを温めるニラ、ニンニクを
取り入れ運動を習慣にしましょう。

血虚タイプは血を帯びる人参、レバーなどをしっかり摂取しましょう。

<ニンニクの玉子スープ>
・材料(1人分)
かたくなったパン・・・20g
ニンニク・・・1片
オリーブオイル・・・大さじ1
パプリカ・・・小さじ1/3
チリペッパー・・・少々
チキンスープ・・・2カップ
塩・・・少々
卵・・・1個
バター・・・少々

・作り方
1.パンを薄く切って、ニンニクは潰すかみじん切りにする。
2.厚手の鍋にオリーブオイルと1のニンニクを入れて弱火で炒める。
3.鍋に1のパンを入れて炒め、パプリカとチリペッパーを加える。
4.チキンスープを入れて塩で味を調えパンが柔らかくなるまで煮込む。
5.溶き卵を加えて半熟状態で火を止めて盛り付ける。

スポンサーリンク

月経痛・PMS対策スープ

気滞タイプは、肝機能が低下しているので
そば、きくらげなどを取り入れましょう。

瘀血タイプは、長ネギやニンニクなど
体を温め血の巡りをよくし、体を動かしましょう。

<長ネギのポタージュ>
・材料(1人分)
長ネギ・・・1/2本
ジャガイモ・・・1/4個
ニンニク・・・少々
バター・・・5g
コンソメスープ・・・1カップ
牛乳・・・1/4カップ
塩、コショウ・・・少々

・作り方
1.長ネギを小口切りに、ジャガイモ、ニンニクは皮をむいて薄切りにする。
2.鍋にバターを入れて1の長ネギとニンニクを炒める。
3.ジャガイモを加えて軽く炒め、コンソメスープ1/2カップを加え煮込む。
灰汁が出たら取り除く。
4.粗熱を取ってミキサーにかけピューレ状にする。
5.鍋に戻して残りのコンソメスープ1/2カップと牛乳を加えて温め、塩コショウで味を調える。

スポンサーリンク

頭痛対策スープ

水滞タイプは、小豆や昆布などの脾を回復させる食材を
摂取し、日常生活を見直しましょう。

瘀血タイプは、ツボを刺激したり
蒸しタオルで温めるなど血の巡りを良くしましょう。

気滞タイプは、睡眠をしっかりとって
疲れをためないようにしましょう。

<トマトのガスパチョ>
・材料(1人分)
トマト・・・1個
セロリ・・・20g
パプリカ・・・1/2個
玉ねぎ・・・1/2個

オリーブオイル・・・小さじ2
レモン汁・・・小さじ2
水・・・1/4カップ
塩コショウ・・・少々

・作り方
1.トマトのヘタとセロリの筋とパプリカのヘタ、種を取って
玉ねぎの皮をむいてざく切りにする。
2.1にAを加えてミキサーでピューレ状にする。
3.塩コショウで味を調え、冷やす。

スポンサーリンク

腰痛対策スープ

瘀血タイプは、そば、ニンニクを取り入れ血流をよくしましょう。

血虚タイプは、ニラ、黒ゴマ、エビ、山芋、
クコの実を取り入れ、軽く腰(腎臓)をもみましょう。

水滞タイプは、全身を冷やさず、体を温めましょう。

<ニラと豆腐のスープ>
・材料(1人分)
生姜・・・少々
白コショウ・・・少々
花山椒・・・少々
和風ダシ・・・1カップ
鶏ひき肉・・・50g
絹ごし豆腐・・・50g
白味噌・・・20g
ニラ・・・20g
片栗粉・・・適量

・作り方
1.生姜、白コショウ、花山椒を和風ダシに加えて温める。
2.1の鍋に鶏ひき肉をいれて箸でほぐす。
3.豆腐を賽の目に切って鍋に加え白味噌、ニラを加えて温める。
水で溶いた片栗粉を入れて少しとろみをつける。

スポンサーリンク

疲労対策スープ

水滞タイプは、山芋、ナツメ、そら豆や冬瓜、
はと麦を摂取し腹八分目を心がけましょう。

気虚タイプは、山芋、ナツメ、肉などを
取り入れしっかり休養しましょう。

<山芋とエビのスープ>
・材料(1人分)
小海老・・・30g
塩コショウ・・・少々
おろしニンニク・・・小さじ1/3
酒・・・少々
サラダ油・・・適量
山芋・・・100g
水・・・1/3カップ
コンソメスープ・・・1カップ
醤油・・・大さじ2/3
バジルの葉・・・3枚

・作り方
1.エビは殻を取って塩コショウ、ニンニク、酒で下味をつける。
2.山芋を縦半分に切ってスプーンで削り取り、
水1/3カップにつけておく。
3.1のエビをサラダ油で炒め、火が通ったら
コンソメスープと醤油を加える。
4.2の山芋を水ごと入れて煮立たせる。
5.皿に盛りつけ、刻んだバジルを加える。

スポンサーリンク

抜け毛対策スープ

気虚タイプは、バランスのよい食事を心がけ
無理なダイエットはやめましょう。

血虚タイプは、海藻類やたんぱく質、ミネラルを取り入れましょう。

<海藻コンソメスープ>
・材料(1人分)
海藻(ひじき、わかめ、もずくなど)と黒きくらげ・・・50g
コンソメスープ・・・1カップ
生姜・・・10g
醤油・・・小さじ1/2
酒・・・小さじ1
塩コショウ・・・適量
ピーマン・・・1/2個
ニラ・・・10g

・作り方
1.ひじき、わかめ、黒きくらげを水で戻す。
2.スープを温め、千切りにした生姜、海藻を
入れて醤油、酒、塩コショウで味を調える。
3.千切りにしたピーマン、みじん切りにしたニラを加えて器に盛り付ける。

スポンサーリンク

風邪対策スープ

<牛蒡のポタージュ>
・材料(1人分)
ゴボウ・・・1/8本
玉ねぎ・・・1/8個
ベーコン・・・10g
バター・・・5g
コンソメスープ・・・1/2カップ
豆乳・・・1/2カップ
塩コショウ・・・適量

・作り方
1.ゴボウは薄く輪切りにして水にさらす。
玉ねぎは薄切り、ベーコンは7㎜角に切る。
2.1をバターで炒めて玉ねぎがしんなりしたら
コンソメスープを加えて弱火で煮る。
3.2の粗熱を取ってミキサーにかける。
4.3を鍋に戻して豆乳を加え塩コショウで味を調える。

スポンサーリンク

ダイエット対策スープ

水滞タイプは、利尿作用の高い食材をよく噛んで食べましょう。

気滞タイプあ、ストレスを解消して、
栄養のバランスを考えましょう。

瘀血タイプは、大根、キュウリ、冬瓜を取り入れ、
よく噛んでゆっくり食べましょう。

<冬瓜とホタテ貝のスープ>
・材料(1人分)
冬瓜・・・150g
ホタテ貝の貝柱・・・2個
生姜・・・少々
クコの実・・・5g
中華スープ・・・1カップ

・作り方
1.冬瓜は種を取って皮をむいて
食べやすい大きさに切り、生姜は千切りする。
2.クコの実は水洗いして少量の水につけておく。
3.中華スープに1の生姜をいれて沸騰させ、
冬瓜、貝柱、クコの実を加え煮込む。

自分に合った食材での漢方スープで
ちょっとした不調なら漢方も取り入れておいしく対応したいですね。
ぜひお試しください。

こんな記事も書いてます。

日本の四季を食べる和食薬膳
外国でおいしいものがたくさん日本に入ってきていますが 長年食べてきた日本人の和食には知恵がたくさん詰まってます。 和食薬膳とは 今日の本はこちらです。 「旬を食べる 和食薬膳のすすめ」 武鈴子 家の光協会 日本の和食は多...
健康向上
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事
じゅぴたをフォローする
スポンサーリンク
いつも心に青空を
タイトルとURLをコピーしました