四季ある日本食で健康に。和食薬膳のレシピ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

旬の食材についてはこちらで確認してください。

washoku.jpg
スポンサーリンク

春の薬膳レシピ

・若竹煮
苦味の筍と鹹味のわかめの組み合わせ
<材料 4人分>
・ゆでたけのこ 500g
・わかめ 100g
・木の芽 少々
・だし汁 2カップ
・酒 大さじ2
・砂糖 大さじ2
・醤油 大さじ2
<作り方>
1.たけのこを穂先と根本に分けて、根本は1㎝幅に切り穂先は一口大に切る。
2.わかめはざく切りする。
3.鍋にだし汁とたけのこを入れて煮立て、酒、砂糖、醤油を加える。
弱火で20~30分煮詰めて最後にわかめを入れてひと煮立ちさせる。
4.器に盛って、木の芽を添える。

・たけのこの木の芽あえ
苦味の筍と辛味の木の芽の組み合わせ

・うどとわかめの酢味噌あえ
苦味のうどと鹹味のわかめの組み合わせ

・山菜の天ぷら
苦味の山菜と辛味の山椒の組み合わせ

スポンサーリンク

夏の薬膳レシピ

・ゴーヤーチャンプルー
体を冷やすゴーヤーと体を温める唐辛子、甘味の豆腐の組み合わせ
<材料 4人分>
・ゴーヤー 1本
・木綿豆腐 1丁
・卵 2個
・赤唐辛子 1、2本
・醤油 大さじ1
・酒 大さじ2
・コーレーグース お好みで適量
<作り方>
1.豆腐はふきんでしっかり水気をとる。
2.ゴーヤーは縦に切って中の種とわたをスプーンで取る。
5㎜幅に切って塩をふる。
3.卵をといて、フライパンにごま油を少々いれて流しいれる。
かき混ぜて半熟状態で取り出す。
4.フライパンにごま油を入れて豆腐をちぎっていれる。強火で焼き色をつける。
5.ゴーヤーの水気を切って加え、種を取って細かく切った赤唐辛子を加える。
6.3の卵を加え、酒と醤油で味を調える。

・夏野菜のカレー
体を冷やす旬の野菜と辛味のスパイスの組み合わせ

スポンサーリンク

土用の薬膳レシピ

 ・麦とろ
甘味の山芋と鹹味の大麦と辛味のねぎ、わさびの組み合わせ
<材料 4人分>
・米 1カップ
・粒状麦 1/4カップ
・水 2と1/4カップ
・山芋 300g
・醤油か味噌 大さじ3
・だし汁 大さじ3
・わさび、ねぎなどの薬味 適量
<作り方>
1.米を洗って麦を加え、水を加え30分以上浸して炊く。
2.山芋をすりおろして、だし汁、醤油か味噌を加え混ぜる。
3.ごはんを器に盛って、2のとろろをかけ薬味を添える。

・わかめの酢油炒め
甘味の人参と鹹味のわかめ、ちりめんじゃこ、辛味の唐辛子、生姜の組み合わせ

・さばの味噌煮
甘味のさばと鹹味の味噌、辛味の生姜とねぎの組み合わせ

・百合根粥
甘味のゆり根と鹹味の塩の組み合わせ

スポンサーリンク

秋の薬膳レシピ

・里芋の柚子みそかけ
辛味の里芋と酸味の柚子、鹹味の味噌の組み合わせ
<材料 4人分>
・里芋 6~8個
・柚子 1/2個
・味噌 大さじ1と1/2
・砂糖 大さじ1
<作り方>
1.里芋は洗って蒸して、皮をむく。大きさによって半分に切る。
2.味噌に砂糖とゆずの絞り汁を加え、よく混ぜて柚子みそを作る。
3.1の里芋に2の柚子みそをかける。

・いわしの梅酒煮
辛味のネギ、梅酒と酸味のいわし、鹹味の醤油の組み合わせ

・きのこのみぞれ和え
鹹味のしらすと甘味のきのこ、梨、辛味の大根の組み合わせ

スポンサーリンク

冬の薬膳レシピ

・豚汁
苦味のごぼう、甘味の人参、辛味の大根、酸味の豚肉、鹹味の味噌の組み合わせ
<材料 4人分>
・豚肉 200g
・ごぼう 1本
・人参 1本
・大根 1/2本
・こんにゃく 1枚
・生姜 1かけ
・だし汁 900ml
・醤油 大さじ1
・酒  大さじ1
・みりん  大さじ1
・味噌 大さじ2
<作り方>
1.人参、大根をイチョウ切りする。ごぼうはささがきにして水に晒す。
こんにゃくは茹でて、手でちぎる。豚肉は食べやすい大きさに切る。
2.鍋にだし汁、醤油、酒、みりんを入れて火にかける。
3.豚肉を加えて灰汁を取る。
4.人参、大根、ごぼう、こんにゃくを入れて柔らかくなったら味噌を加える。
しょうがの細切りを加える。

・ごぼうの昆布巻き
鹹味の昆布と苦味のごぼうの組み合わせ

・ふろふき大根
辛味の大根と酸味の柚子、鹹味の味噌の組み合わせ

・小豆粥
甘味の小豆と鹹味の塩、辛味のコショウの組み合わせ

 

やっぱり人間って食べたものでできてるんですよ。
口に入れるものをちょっと気にかけた四季に合わせた食材で
健康に毎日を快適に過ごせるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました