心地よく生きる

心地よく生きる

縮こまってないでチャクラを開いてみよう

チャクラが縮こまっていると言われたことがあります。チャクラという言葉は聞いたことあるけどどういうことなのか、ちょっと調べてみました。 チャクラの位置と意味 チャクラは、体にある神経分岐点でエネルギーの出入り口です...
心地よく生きる

太陽の光を浴びて体を動かせば、心もアガル

「病は気から」とよく言われますね。 でも、気張ってても風邪ひく時は風邪ひくやん!という 主張のじゅぴたです。 体からの影響 ただ「心と体はつながっている」というのは経験で分かります。 ちょっと病んでウツになってい...
心地よく生きる

3日坊主の私が、新しい行動を習慣化できた理由

新しい年に取り入れたい習慣ってありますか。「今年こそは、運動を習慣として取り入れる!」「英語の勉強を習慣化して、試験を受ける!」など一年の目標を立てる時期ですね。私は去年3つ以上の習慣を取り入れることに成功しました。 習慣化...
心地よく生きる

今年習得したい3行ノート

すごく魅力的なタイトルの本をみつけました。 「お金の神様に可愛がられる「3行ノート」の魔法 藤本さきこ KADOKAWAどうです?すごくそそられませんか? まず自分の気持ちを素直に書き出す 私もいろいろとノートに書き出...
心地よく生きる

来年は神様と仲良くなろう

神様と仲良くなれば、願いを叶えてくれるかもしれないって思いませんか?新しい年のためにも仲良くなれる方法を調べてみました。 ご神木 まずはお互いのことを知ろう 有名で大きな神社に行きたくなるけど、結局そういうところには参...
心地よく生きる

言ったもの勝ちの日本を変えなきゃクレーマーは減らない

「お客様は神様」だと思っている人が多いですね。自分は平均よりもちょっと常識がある正義の人だと思っている人も多いです。でも、あなたの正義は偏ってませんか? 言ったもの勝ちの日本 「お客は神様だと思ってる人が多い」言ったも...
心地よく生きる

今年も年賀状が欲しいから年賀状を書こう|お年玉賞品でオリンピックを狙え

12月になると「年賀状を書かなきゃなあ」という気持ちになります。子供時代を昭和で過ごした者としては年賀状を書かないというのもそわそわするのです。 2020年はねずみ年 年賀はがきを選ぼう 来年はネズミ年ですね。「干...
心地よく生きる

新しい手帳を買って来年にそなえる|書いて、自分の未来を創造しよう

11月も終わりに近づき、来年の手帳を用意したい時期ですね。手帳使ってますか。 最近はスマホでスケジュール管理できますが、スマホではできないこともあります。やはり画面が小さいですから。 手帳と両刀使いといきましょう。 ...
心地よく生きる

心がキュッと狭くなるPMSとの付き合い方

なんだか心がキュッとせまくなる時期がくるんです。まあ体調でも悪いのかと、早く寝たり栄養ありそうなもの食べてみたりしておりましたが「そういえば、生理前だなー」と思い当りました。 近づくなアピール 生理痛は重かった ...
心地よく生きる

年末大掃除|歳神様は迎えたいけど冷たいのは嫌だ

大掃除ってなんとなく、家の周りをキレイにして新しい年を迎えるためのものだと思っていました。 掃除用具は準備OK! 大掃除の由来 平安時代から煤(すす)払いは行われていたようです。鎌倉時代には寺社にも広がり、江戸...
心地よく生きる

クリスマス気分のイルミネーション|出不精でもキラキラは好き

冬は寒いですが、空気が澄んで星がキレイに見えますね。だからイルミネーションにも適した季節なんです。 キラキラが好き 女性はロマンティストな部分があるのでキラキラしたものが好きです。子どもの頃、お人形遊びしたり、...
心地よく生きる

人といると疲れる内向型の生き方対策

本当に疲れやすいなと常々思っていました。世の中にはいろいろ飛び回って楽しそうに人生謳歌している人がたくさんいるのに・・・でもそれは私が内向型の性格の人間だからなのかもしれません。 ひとり読書の時間 内向型は疲れやすい ...
心地よく生きる

モーニングページでゴキゲンな自分を見つける

モーニングページとは毎朝心に浮かんだことをノートに書き殴るだけで、自分の人生に変化が起きるというものです。忙しい毎日に流されてしまっている人が忘れてた自分の思いに気づくことができるツールなんです。 モーニングページのや...
心地よく生きる

海で感じられる効果|自分のパワースポットを探す

最近、職場が海の近くになったので、昼休みに海へ行きます。天気のよい日の青い空と青い海は元気をくれます。 元々、自分の中のグレーなどろどろしたストレスを海に吐き出したいという思いから海へ通っていました。 海なら吐き出しても浄化してくれそ...
心地よく生きる

「まだ使える。でも捨てよう」と思えるか

ついつい、まだ使えるから捨てずにとっているものありませんか。今回は「それって、必要?」という本からです。筆子さんの題名には「いらないものにしばられずに、1週間で人生を変える30の方法」と続きます。 「もったいない」は買う時に...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました