自分で心の手綱を握るために「怒りの対処方法」を探ろう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

怒りの感情は繰り返す

心地よく生きていくのに邪魔な感情が「怒り」です。

怒りは何度もぶつかる感情で、
そろそろ克服していきたいと思っていました。

怒りはサラッと流すことができなかったり
ぶり返してはまた怒るという行動を繰り返していて
あまり気分のいいものではありません。

というのも私は怒りを感じても
そのまま逃がすことを意識していました。
いろんな形での発散を考えていたのです。

でもその時は発散した気でいても
何かをきっかけにぶり返すこともあることに
気づいたのです。

何度も怒りを繰り返すなんて
自分の心の舵取りができていない感じがしますよね。
そこで分析、分解して対処を考えることにしました。

まず自分がひっかかる怒りの感情を分析するところから始めましょう。
分析すれば、「自分にはこういうひっかかりがあるんだ」と気づけます。
「こういう理由で怒りやすい」ということがわかるのです。

本などではアンガーログをつけることが推奨されています。
起こったことと、怒りの強さを10段階でつけます。
そして自分の怒りの傾向が分かります。

スポンサーリンク

6秒ルール

よく怒りについては6秒我慢すれば収まるといいますが
それは怒りの衝動を耐える時間であって
怒り自体はもっと長引きますよね。

頭に血が上って殴ったり刺したりする怒鳴ったりする衝動が
全身を駆け巡る時間
ともいいます。

なので6秒は我慢するといいますが
6秒我慢すれば怒りが消える訳ではありません。
怒りの衝動で行動してしまい、
後で後悔しないよう6秒は我慢しましょうということです。

スポンサーリンク

怒りを分解していく

私の場合は、傾向はだいぶつかんでいるので
分析というか、怒りを分解していくことから始めます。

まず、私の怒りは「不公平を感じた時」「行動を制御された時」
「パーソナルスペースを侵害された時」「裏切られたと感じた時」に怒りや不快感となります。

例えば同じ給料で仕事を多く押し付けられた時や
相手のやりたいことばかり優先させられた時に
「不公平だ」と感じ、怒りがわきます。

これもまず出来事が起こります。
同僚は急に仕事を早退します。
そんな時に同僚の仕事が回ってくるのは同じチームの自分です。
自分の仕事に同僚の仕事分が増えることになります。

そうすると例えその理由が子供の学校行事だったり
納得できる家の事情だったりしても怒りを覚えます。

この怒りを分解していくのです。
「今日は定時で上がる予定だったのに、予定を強制的に変えられて悔しい」
「二人分の作業を行っても報酬は変わらないのが不公平だ」
つまり、この出来事の場合「行動制御」と「不公平」になります。

対処法としては、
・「予定は予定で急に変わることもある」と認識する
・身近な人と比べるのをやめる
・あまりに続くようであれば、代わりに自分の仕事をやってもらうよう交渉する
・体調は整えて沸点を高くしておく

などが考えられると思います。

後は自分に自信をつける自己洗脳が必要かと思っています。
日本ではつい協調性を重視した環境にいるため
自分を後回しにしてしまう人は多いように思います。

どうしても他人のために、他人を優先してしまう癖が
ついてしまっている人は自分を優先する癖をつける必要があります。

それというのも、他人を優先して考えてしまう人は
「ダメな自分を見たくない」という心理があるというからです。
自分に自信がなくなってしまうとこのジレンマから
逃れることはできません。

嘘でも「自分はできる人間だ」「私は愛されている」と繰り返したり
他人より自分との約束を大切にしましょう。

そしてマイナスの感情だと思っても
感じたことは否定しないようにしましょう。

それから自分へプレゼントもしましょう。
幸せを感じることを次々と実践して自分へのプレゼントとします。
自分を大切にして自信がつくことで
他人優先の思考が改善されていきます。

スポンサーリンク

怒りの傾向チェック

怒りの傾向はチェックもできます。

あなたはどのタイプでしたか。

怒りのタイプを見つけて対策を練れば
自分も心地よく生きていけるはずです。






こんな記事も書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました