疲れがとれないのは腎臓が弱ってるのかも

スポンサーリンク
スポンサーリンク

気分的なものもあるでしょうが、最近寝ても疲れがとれません。
なんだかすぐ疲れてしまうのです。

むくみは腎臓の機能低下の始まりだと聞きますが
病院にかかるような病気までいかなくても
腎臓の機能が低下していると気づくのはどんな時でしょうか。

疲れたニャー

スポンサーリンク

腎臓の機能低下症状

まず腎機能が低下してくると、やはりむくみがでます。
老廃物などのろ過・排泄が滞ってしまうのです。

そうすると老廃物がいつまでも血液中を巡るので
免疫力も落ちてきます。
風邪などもひきやくなってきます。

また血液を作ったり血圧を調整するのも腎臓の役目なのです。
貧血やだるさ・疲れを感じたり、夜間頻尿の症状も出てきます。

バランスの悪い食事や塩分多すぎな飲食、
睡眠不足も腎臓に負担をかける行動です。

こういった初期症状に気づいて対策が取れればよいのですが
加齢だろうと気づかないと
腎臓病へと進行してしまいます。

肝臓と共に沈黙の臓器と呼ばれ
自覚症状があまり感じられないため、気づいたら
病気に進行していることも珍しくありません。

放置していても自然治癒するわけではないので
気づいたら早めに診療を受けましょう。

特に健康診断でひっかかった人は要注意です。
腎臓の働きは、血液のクレアチニン(Cre)の値から計算します。
腎臓の機能が低下すると捨てられるクレアチニンが少なくて
値が高くなるのです。

クレアチニンを使って計算式でeGFR値を出しますが、
eGFRは、90-100ぐらいが正常範囲です。
一般的にはeGFR 5-10程度まで落ちてしまうと
透析や移植が必要な状態になります。
下がる時は一気に値が下がるので
eGFRが60未満の人は注意が必要ということになります。

ただ年齢にもよるのでeGFRが70だから大丈夫!とはなりません。

糖尿病、高血圧、慢性糸球体腎炎などが原因で
機能低下していることは多いようです。

では、どのようにすれば腎臓の機能が改善されるのでしょうか。

スポンサーリンク

腎臓の機能改善には

腎臓は血管の塊の臓器なので、
血管を守ることが機能改善につながります。

血管を守るには、やはり「血圧」です。
高血圧になると、血管は傷つきます。
140mmHg以上、下は90mmHg以上になると、高血圧と診断されます。

そこで食事として気を付けるのは、
減塩とたんぱく質の摂りすぎ注意となります。
特に減塩ですね。

日本人は塩分摂りすぎ傾向が強いです。
1日の摂取量が6g未満になるようにしましょう。
朝食を抜くと血圧の上昇を促すので、朝食は摂りましょう。

カリウムを含む食材を食べることも推奨されますが、
皮つきピーナッツやチョコレートも血圧を下げてくれます。
飲み物としてはギャバ茶や杜仲茶、ぶどうジュースが血圧を下げてくれます。
皮つきピーナッツを毎日20粒食べると
8mmHg血圧が下がるという結果も出ています。

また少量のお酢を飲み続けると
塩分を4%減らした効果が得られるといいます。

日常的な運動も継続することが必要です。
激しい運動や長時間の運動は必要ありません。
少し汗ばむ程度の運動を続けることで
血流がよくなり血圧も下がります。

運動は降圧薬並みに血圧を下げるという話もあるほどです。
10分以上の運動を3回以上、30分以上運動するように
心がけましょう。

アルコールをたくさん飲む人は
お酒の量も控えめになるようにしましょう。
一合程度の適量を守り、休肝日などを設けていきましょう。

あとはストレスで血圧を上げないことですね。
ゆったりできる自分の時間を持てるといいのですが。

スポンサーリンク

血圧を下げる飲み物

緑茶かウーロン茶を毎日湯飲み1杯飲み続けると
高血圧の発症リスクは46%低いという結果が出ていました。
緑茶のポリフェノールに抗酸化作用があり
血管の老化を防いだためと考えられます。

またカテキンは血圧の上昇にかかわる酵素の働きを
抑制もします。

杜仲茶も血圧を下げる飲み物といわれています。
副交感神経を活性化して血管を広げる働きがあり、
動脈硬化を防ぐ働きもあるのです。

そしてギャバ茶
ギャバ茶は聞きなれないお茶の名前かと思いますが
緑茶の一種です。
アミノ酸を多く含み高血圧を改善する作用が認められていて
気持ちを落ち着かせてくれます。

静岡県立大学の研究によって生まれたらしいのですが、
日本人の飲みなれた緑茶で血圧が下がるなんて
大変助かりますね。

では私の大好きなコーヒーはどうなんでしょうか。
調べたところ、コーヒーを飲むと血圧は上がります。
飲んだ後1時間くらいは上がっていますが、
その後元に戻ります。

またコーヒーを飲まない人と1日4杯飲む人では
腎臓病での死亡リスクが低下する結果が出ていました。

どうやらお酒ほど気にしなくていいようです。




こんな記事も書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました