日本の蒸し暑い夏に食べたいかき氷|グルメかき氷の世界

スポンサーリンク
スポンサーリンク

日本は梅雨からもう夏が始まっている気がします。
ムシムシして肌にまとわりつく空気が重いですよね。
こうなってくると冷たいもの食べたり飲んだりしてスッキリしたいです。

スポンサーリンク

進化するかき氷

今回の「マツコの知らない世界」で、
進化しているかき氷の世界を紹介してくれるのは、原田麻子さんです。
年間1800杯のかき氷を食べるといいますが、
やはり冬でも食べるのでしょうか。
かき氷屋さんをやっているんですね。

まずマツコさんが食べるのはさっぱり涼し気レモン味です。

日乃出製氷(奈良県)
れもんなみるく 750円

見た目からしてもふわふわな感じの氷に甘いミルクシロップと
爽やかレモンシロップがかかっていてレモンが乗っています。
チーズケーキのような味わい・・・と言いますがかき氷ですよね?
レアチーズケーキ味ってことでしょうか。

マツコさんも感想をいう前に氷が溶けてしまう、と
氷の方に感激しています。
72時間氷を使用しているのが特徴です。
氷は時間をかけてゆっくり凍らせると純度が高くふわふわになります。
通常は48時間氷です。

スポンサーリンク

進化しすぎ!和調味料のかき氷

「ブームにするにはおっさんを囲わないといけない」
マツコさんはのたまったようですが、「なるほどな~」と感心しました。
そしてかき氷はおっさんを既に押さえています。

Tea House Mayoor 宮崎台店
酒粕マサラ 900円

酒粕も健康によいとなってからスーパーでも売られるくらい
人気になりましたよね。
酒粕に砂糖を加えたクリーミーシロップとスパイシーなマサラシロップで
おいしく仕上げています。

マツコさんは「太田胃散?」と勘違いするような味です。
甘さ抑えめでマサラの香りが来たんでしょうか。
新感覚なかき氷です。

東京氷舎mamatoko
白だしみるくにキャラメルナッツ
 1000円

器から円柱状にもりつけられた上にナッツが乗っかっています。
白だし・・・かき氷って合うんでしょうか。
食べたことないやつが言っても仕方ありませんが
挑戦する時が来たらいってみたいとしか言えません。

目白 志むら
京番茶と味噌ナッツ
 1050円

見た目はチョコレート色でおいしそうです。
ただ騙されてはいけないのはこの色、番茶の色ですね。
和菓子としてはアリかもしれませんが甘いのでしょうか。。。

・・・と思っていたら進化系とは、
食事化したかき氷のことでした!!
まあくそ暑い夏にかき氷がご飯の役割してくれたら
助かる人は多いかもしれません。

KAKIGORI CAFE&AR yelo
有機にんじんマスカルポーネ
 900円

山盛りかき氷に赤っぽいソースがかかっているので
いちごと勘違いしそうですが、にんじんソースですね。
その間を埋めているのがマスカルポーネでしょう。
食事としてもにんじん×マスカルポーネが合うのかちょっと疑問ですね。

chez andy labo
えんどう豆のポタージュ
1200円

こちらはパッと見、白ごはんの上に緑のムースと
白いクッキーがささっているように見えます。
デザートのような見た目です。(白ごはんはデザートではないですね)
溶けたらポタージュになるってことでしょうか。

東京 ねいろ屋
あんバターサンド
 1200円

ラーメンの締めにかき氷行く時代なんですね。
しかもコッペパン風味にかき氷・・・いや~時代は変わっていくね!
確かに横長に盛られた氷に小豆が結構多めに乗っています。
コッペパン風味のシロップとバターでまろやかになってます。
マツコさんはシロップがお気に入りでした。

さて原田さんが上級編といってオススメするのはこちらです。

氷匠ル・クレール 奈良市
南瓜チー 
1500円

こちらはフランス料理店ですが、
6~9月のランチの時間だけかき氷店になるという形式のお店です。
カボチャソースと熟成チーズがかかっています。
中にはフォアグラとミルクのソースが仕込んであります。
「フレンチ」ですねえ~。

翠玉堂 行田市
ぎょうざのかき氷
 350円

緑色のねっとりしたソースをかけます。
この緑はニラの色でした。ラー油をかけて仕上げます。

そしてメシ系かき氷といえばこれも出てくると思ってました!

慈げん 埼玉県
カレーラアイス
 900円

本当にカレーっぽい器に入ってます。
かき氷は白いし、ごはんに見えますね。
バナナやトマト、キウイなどの具が見えます。フルーツカレーでしょうか。
マツコさんが試食しますが、
かき氷屋とは思えないくらいおいしいという感想です。

慈げん 埼玉県
じゃがいもコーン 900円

こちらはマツコさんが「他のないの?」ということで出された一品です。
男爵イモとミルクで濃厚なソースになってます。
色はクリーム色なのでそんなにインスタ映えないですけど
マツコさんは絶賛の味です。

スポンサーリンク

進化するかき氷器

かき氷は好きだけど家で食べたいほどではないんです。
でも好きな人には進化したかき氷器、うれしいですよね。

ドウシシャ 
電動わた雪かき氷器
 9800円
見た目は黒くてシュッとしててエスプレッソマシン見たいです。
これでわた雪のようなかき氷ができるんですねえ。
ヒーターを搭載しているので氷をゆるめながら削れます。

昔ながらの手で氷を削るかき氷器で削った氷と
食べ比べてみますが全然違います。
そうですよね。わた雪かき氷を食べた時は感動したのを覚えてます。

スポンサーリンク

かき氷後のシメ料理

かき氷は好きですが、冷たいものばかり食べると
夏バテするんですよね。
だからあったかいものをがんばって食べたりします。

そんな人の要望からか、かき氷を食べた後に
温かい料理を出すお店が出てきています。

ひみつ堂 東京
ラザニア風グラタン
 1300円

もう普通の料理ですね。
でもそれをかき氷屋さんが出すところがミソです。
料理もおいしそうですね。

茶匠 清水一芳園
お茶漬けまぐろ丼
 945円

茶問屋の人気カフェで、かき氷も有名なお店です。
漬けまぐろ丼として食べて、途中からだしをかけて
お茶漬けとして食べます。
昆布やかつおだしにほうじ茶をブレンドしたおいしそうなだしです。

氷を食べた後のあたたかい料理との出会いは感動が増す」とマツコさん。

デザートとしてシメに氷を食べるか
氷を食べた後にあたたかいごはんを食べるか
迷う時代になってきたんですね。




こんな記事も書いてます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました