惑わされないで!感染者と陽性者は意味が違います

スポンサーリンク
スポンサーリンク

私のような医療にうとい一般の人は、
ニュースで流される感染者PCR検査の陽性者
ごちゃごちゃにしてると思うのです。

スポンサーリンク

陽性者と感染者の違い

陽性者とは検査をした結果、陽性だった人になります。
ここではPCR検査を受けて陽性だった人のことです。

PCR検査で陽性になった人は、
新型コロナウィルスの遺伝子の断片が見つかった人です。

ただこのウィルスが今いるのか、前にいたのか
生きているのか、死んでいるのかもわかりません。
分かるのは、ただいる(いた)痕跡があることだけです。

そしている(いた)だけなのか、
本当に細胞に侵入して感染したのかは分かりません。
感染して発症しているのか、発症していないのかもわかりません。

問題なのは、新型コロナウィルスに感染して発症した場合のみです。
そして、それはPCR検査だけではわかりません

例えば身近な風邪のウィルスも見えないだけで
いつも私たちの周りにはいます。
時には鼻腔内にも張り付いているでしょう。

その状態で検査を受けたら陽性になってしまいます。
でも実際は張り付いただけでは風邪はひかないし、
感染しても発症しなければ、「風邪をひいた」とはなりません。

だから症状もないのに、PCR検査を受けてもあまり意味はありません。
PCR検査の精度の問題ではありません。
PCR検査の陽性者と感染者を私たちがよく理解していないだけです。

それにはマスコミや政府の情報開示表記にも問題があります。
私たちが一番身近で見るニュースでは
新型コロナウィルス感染者の数として表記されます。

しかし実際には、陽性者数なんです。
自費でPCR検査を受けた人が多くなれば陽性者数が多くなるのは
当たり前ではないでしょうか。

感染者数というのであれば、発症症状がある人を
カウントしなければと思うのです。

スポンサーリンク

PCR検査の陽性

PCR検査の陽性率が上がるのは、陽性者は保健所に報告されるけど
陰性者は報告されないからだということはよく聞きます。

そしてPCR検査は唾液や鼻腔口腔内のウィルスの遺伝子を
取り出して増幅させてウィルス量をみる検査です。
この増幅させることをサイクル数といいますが、
サイクル数がまだ決まっていないんです。

いや、国際的な基準値がないんです。まだまだ模索状態です。
国によって基準値が異なります。
サイクル数が少なくて陽性になる=ウィルス量は多いし、
サイクル数が多くて陽性になる=ウィルス量は少ないです。

サイクル数を高く設定すると微量のウィルスでも陽性となります
日本では40以内で陽性としているようです。
アメリカでも40前後になっているようですが、
更に少ない34が目安という意見もあります。

高い基準値だとウィルスが微量だったり
死骸のウィルスをも検知してしまい陽性者が増えるからです。
そして感染していない陽性者となってしまうのです。

スポンサーリンク

自殺者数の増加

コロナが発生して約1年ですが、自殺者数は伸びています。
10月の自殺者は、約2200人となっていますが、女性が多いのです。
前年同月比で男性が約22%増えているのに対し、
女性は約83%増となっています。

そしてやはり、失業者が多いのです。
失業者の7割近くが女性だといいます。
ただでさえ、制限された鬱屈した世界で希望が見えません。
仕事を失えば、住むところも食べるものも買えなくなります。

不安と有り余る時間で考えすぎてうつになってしまいます。
自殺者に対しての喚起も必要なのではないでしょうか。


「夜眠れなくなったり食欲が落ちたら、精神科医を受診しましょう」


「1日家に引き込もるのではなく、30分は日の光を浴びて散歩しましょう」


「気分が落ち込んだら、友達にリモートで話しましょう」

「朝は早起きして、ラジオ体操を行いましょう」


「失業して生活が困窮したら生活福祉資金の特例貸付を利用しましょう」


「支払いの猶予措置があります。自治体を利用しましょう」

時間と元気があれば、自分で検索して探し出す情報も
探し出せなかったりします。
ただただ絶望に飲まれて楽な方に流されてしまいます。

これを政府や報道番組が取り上げて
「マスクをつけましょう」と同じスローガンで
繰り返し伝えれば、踏みとどまれる人も多いと思うのです。

スポンサーリンク

コロナ禍で学習したこと

ただでさえ、今は冬で寒く、乾燥した季節。
例年通りであればインフルエンザが流行っていたでしょう。
夏でも勢力を失わなかった新型コロナウィルスが
冬に猛威を揮うのは分かっていたはずです。

だから今の状況は想定内ではないでしょうか。

それでも政府が緊急事態宣言を出したり
海外からの入国を例外なく止めたのは
国民の声によるものだと思えます。

もちろん水際で止めるという意味では
入国を停止したのはよかったと思いますが
タイミングとしてはイマイチでしたね。
でも、やらないよりはやった方がいいと思えます。
せっかくの島国ですから、こういう時有効に使わないと。

ただし、飲食店は本当に厳しいと思うのです。
もちろん色々と工夫はできると思うのですが
それで取り返せるかというと、無理ですよね。
観光業もどこも厳しいところです。

情報を正しく捉えて、
考えて発信できる人が増えれば
その声は大きくなって政府も動かすのではないでしょうか

その為には、「ただニュースを眺めていればいい」という訳にはいきません。
溢れる情報の中、私のように一般知識しかない人は
テレビや新聞などで流れるニュースを鵜呑みにしがちです。

首相や大臣、都知事、医師がいうことは
それなりに専門的な判断材料があってそうしているのだろうと
考えがちです。

まさか医療崩壊が、
「コロナ患者を受け入れる病院が2割しかいないからだ」
とは思いもしません。
「民間病院が協力していないから」だなんて。

もちろんコロナ患者の受け入れは、
旨味があるものではないでしょうが、緊急事態宣言でるほどの状況ですよ。
なんで政府や日本医師会は何もしないのでしょうか。
お金と強制力がないだけでしょうか。

自分で疑問に思って検索しないと、
情報の渦の中にいても、
欲しい情報は得られないのだとこの1年で強く感じました。
それでもこの情報が正しいかどうかは
やはり各自で確認をとってほしいと願わずにいられません。



こんな記事も書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました