足の小指って小さいけど大事な役割があります

スポンサーリンク
スポンサーリンク

浮き指って、最近よく聞きます。
立っているのに足の指が浮いていて、力が入っていない状態のことです。
地面についていません。

足の指
足の小指
スポンサーリンク

体の不調は足から

そこで、私も足をよく見てみましたが
確かに浮いている気もします。
大きいブーツとかだと、ひっかけて歩いてますもんね。

寝指でした

しかし、もっと重大な・・・そう、寝指になってます。
寝指とは小指が横に寝ていて爪が上を向いていません
どうりで爪切りにくいと思ってた!

元々ヒール靴などで「外反母趾っぽいな」と感じていたので
靴は先が尖ったり、狭まっていないゆるやかなタイプのものを
選ぶようにしていました。
それでも、なんてこった、寝指です。

足指の筋力不足により指が倒れている状態だといいます。
これ、治せるものなんでしょうか。

足の不調は体に出るようなんです。
足腰の不調がある患者の約9割に小指の異常が見られます。
内反小趾や寝指のような変形があるというのです。
小さくても小指は大事なんですね。

小指にはひざが外側に傾くのを防ぐ役割があります。
これが効かないとO脚になります。
股関節も外側に開いて骨盤もゆがんでいきます。
そうすると肩こりや腰痛などにもつながっていくんですね。

浮き指もあります

浮き指とは、立ったり歩くときに足の指が浮いている状態のことでしたね。
指の付け根で歩いていたりします。
あまり自覚していませんでした。

浮き指の原因は、やはり裸足でなく靴で歩くので
足の指の力が退化してしまいやすいようです。
また歩かなくてすむ生活をしていると、やはり指の力は衰えます。

その状態で歩こうとすると靴が脱げないように足の指で靴をひっかけるように
指先を上げた状態で足を上げる癖がついてしまうのです。
(これ、私ですね)

足の指が浮いた状態だと重心がかかとにかかって
かかと指の付け根の2点で支えることになります。
(本当はかかと、指の付け根、足の指の3点で支えます)

不安定な状態になるので、他の部分でカバーしよう
ふくらはぎやすねが張ったり、太ももやお尻が発達してしまったりします。
下半身は太くなっていくばかりですね。
思い当ることばかりです。

五本指ソックス

スポンサーリンク

寝指・浮き指の改善をしよう

では、早速改善にとりかかりましょう。
床かイスに座り、片方の足をもう片方の足の太ももの上に乗せて行います。

指の間に反対側の手の指を入れます。
根もとまで入れるのではなく、先のほうにはさむ程度で大丈夫です。
痛くて指が入らない人は、
足指を軽く握るだけでもかまわないのでやってみましょう。

手をふんわり握って、足の裏側を伸ばすように、足の指を足の甲側へ曲げます。
空いている手で足首を固定するとやりやすいです。
強い力で曲げ過ぎるのはなく、優しく伸ばしましょう
足の指は30度ほど曲げた状態を5秒間保ちます。

次に足の甲を伸ばすように、足の指を足の裏側へ曲げます。
こちらも5秒間保ちます。

この動作を交互に10~20回繰り返します。

最後に、足の親指と小指を右手と左手でそれぞれつまみ、
横にゆっくりと広げて10秒保ちます。

そしてもう片方の足も同様に行ってください。
1日1~2回を目安に行うと改善がみられます。

また歩くときは大股で歩くとよいと思っていましたが、
歩き方を意識するためにも小股で歩く方がよいようです。
ふだんの歩幅の約半分、30cmくらいの歩幅にしてみます。

小股で歩くと、自然と足の指をしっかり使うようになります。
私はさらに足の指を意識して歩くようにしていますが、
足の指を使うとふくらはぎの筋肉が動くため、足の血流を心臓に戻すポンプ作用が働きます。
そうすると、足のむくみが改善します。

足の指でグーパーしてみたり、足の指で雑巾をつまんだりして
足の指を動かす訓練をやっていきましょう。
後は、かわいいけどつま先が細くなっていたり
高いヒールだったり厚底靴はなるべく避けた方が足には優しいですね。

そして五本指ソックスはおすすめです。
テーピングも効果はあるようですが、
何せ素人なので見よう見まねであってるかわかりません。
矯正できるシリコンのサポーターなどの製品の方がおすすめです。

足は二足歩行の人間の土台です。
崩れるといろんなところに波及するのですね。
一度、足を見直してみませんか。
特に足の小指を。




こんな記事も書いています。


健康向上
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事
じゅぴたをフォローする
スポンサーリンク
いつも心に青空を

コメント

タイトルとURLをコピーしました