究極の食事では、白い炭水化物はNGでした

スポンサーリンク
スポンサーリンク

炭水化物は摂りすぎだとか
タンパク質が足りないとかいわれる今日この頃ですが
科学的にみるとちょっと違うようなんです。

スポンサーリンク

情報は正しいのか

今日の本はこちらになります。

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

津川友介

ざっくりいうなら
白米、牛肉、豚肉を減らして魚と野菜を増やす
究極の食事になります。

この本では、今いろんな情報があふれているけど
その情報は正しいものなのか、
エビデンスはどこなのかというところから始まります。

お医者さんや栄養士さんは一般人よりは知識はある人もいるけど
情報元があやふやな人もいるので
信じれるかどうかはちゃんと情報元を確かめないといけません。

確かにこのコロナの状況下、まだコロナがどういうウィルスなのかも
不明な2月、3月頃に「専門家」がいろんなこといいましたが
発生したばかりのウィルスに専門家はいません。

似たようなウィルスや、推測の話になってしまいますよね。
それでも専門家の話に右往左往したものです。

スポンサーリンク

科学的にわかっている体に良いもの

体によいというのは、脳卒中や心筋梗塞、ガンなどのリスクを下げるという意味です。

・魚

・野菜と果物
 (じゃがいもとフルーツジュースは含まない)

・茶色い炭水化物

・オリーブオイル

・ナッツ類

また数は少ないけど良いとされる結果があるものは、以下のものです。
よく健康番組で見るのはこういったものですよね。
・ダークチョコレート
・コーヒー
・納豆
・ヨーグルト
・酢
・豆乳
・お茶

まだエビデンスが足りないためはっきりと「良い!」とは言いけれないようです。

スポンサーリンク

科学的にわかっている体に悪いもの

逆に体に悪いものはこちらになります。

・赤い肉(特に加工肉)

・白い炭水化物

・飽和脂肪酸(バターなど)

これは厳しいですね。
好きな食べ物ですよ。

白い炭水化物とは白米、小麦粉などです。
白米もパスタもうどんもパンもこれに含まれてしまいますね。
そしてこの本ではじゃがいもも白い炭水化物と分類されています。

白い炭水化物はほぼ砂糖と考えてよいと書かれています。
砂糖と考えると確かに食べ過ぎだし
体には良くなさそう。

ただ、白米は玄米に置き換えられるし
蕎麦にしたり、全粒粉を使ったパンならOKです。

まだ数は少ないけど悪い可能性が示唆された結果があるものは、
以下のものです。
・マーガリン
・マヨネーズ

こちらも意外でした。
ショートニングが悪いと聞いていたので絶対悪だと思ってました。
バターの方が悪いのか。。。

スポンサーリンク

成分に惑わされない

健康番組などではこの「成分」に着目していることが多いですね。
私もこの食材食べればビタミンCが摂れる!と思っていました。

ただ成分だけ見れば、オレンジも100%オレンジジュースも
同じだけれど
実際食べてみると、オレンジを食べるのは血糖値はそんなに上がりません。
でもジュースにすると血糖値はすごく上がってしまいます。
糖尿病のリスクも上がってしまいます。

野菜が足らないからといって野菜ジュースに頼るのはまずいということですね。

βカロテンは健康に良いとされているけど
βカロテンが入っている飲み物やサプリは、逆に体に悪い結果が出ています。
こういうのを聞くとサプリも安易に頼れないですね。

また乳製品も前立腺がんや卵巣がんのリスクが高くなるとされています。
大人であれば、牛乳は2杯まで、ヨーグルトは450gが上限とされています。

牛乳、チーズなどは生産者さんもいるので大きな声では言えませんが
米農家さんなら、玄米を主流にすれば精製する手間暇がなくなり
みんなが健康なら切り替えてもいいような気がします。

あとは日本食は健康にいいと言われていますが
やっぱり塩分が多すぎるみたいです。
本では地中海料理がよいとされていました。

好きなものは諦められませんが
正しい情報は仕入れて自分で選択していきたいものです。



こんな記事も書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました