あなたの頭痛、マスク酸欠じゃないですか

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マスク生活が長引いていますが
疲れやすくなったり、頭痛くなったりしていないですか。

最近は本当に疲れやすく仕事を終えて帰ると
もう何をする気もおきません。
年齢的にも更年期なのかと思っていましたが
マスク生活も影響があるように思います。

スポンサーリンク

マスク酸欠の症状とは

マスク酸欠とはマスクをつけることで酸欠状態になることです。

マスクをつけることで、息が吸いづらくなります。
その上自分の吐いた息を吸っている二酸化炭素過多状態になるのです。

酸素がおよそ87%に減り、二酸化炭素がおよそ30倍に増えた状態です。


こんな不調はないですか。

・疲れやすい
・休んでも疲労感がぬけない
・目がかすむ
・集中力が続かない
・記憶力が低下している
・ぐっすり眠れない
・免疫力が下がる
・首こり、肩こり、腰痛
・片頭痛
・朝起きるのがつらい
・動悸がする

これらはマスク酸欠による症状です。

体の細胞内にあるミトコンドリアというところに酸素が届かないので、
エネルギー産生が低下し、だるさや疲れが発生します。
疲れやすかったり、疲労感がぬけないのはこのせいです。

もちろん体だけでなく脳の細胞も酸欠状態になり
集中力が続かなかったり、記憶力が低下したりします。

筋肉の細胞が酸欠になれば首こり、肩こり、腰痛になります。

また酸欠状態が長く続くと脳の血管が拡張して血管のまわりにある
三叉神経が刺激され、片頭痛になったりします。

そして交感神経が優位になり血管が縮こまることで血流が悪くなり
免疫細胞が全身にいきわたらなくなります。
結果、免疫力も下がってしまうのです。

スポンサーリンク

マスク頭痛も

マスク酸欠による頭痛もあるのですが、
マスクが肌に接触することによる頭痛もあります。

耳周りに負担がかかるため頭痛を引き起こすのです。
また肩に力が入ってしまい、首や肩のこりを引き起こします。

全く影響のない人もいないと思いますが
私は花粉症の時期だけでもマスクをするのが苦痛で
特に耳にかけると首こり、肩こりとともに頭痛がします。

ゴムがきついとかではなく
そこに触れているだけでストレスなんだと思います。
メガネもずっとつけていると疲れてしまいます。

これはもう体質なので仕方ないのですが
いつになったらマスクを外して生活できるのか目途もたちませんね。

この場合は側頭筋をこまめにほぐしてあげるのが効果的です。
ついでに表情筋や顎の筋肉もほぐしてあげましょう。

マスクをすると表情筋は使わなくなりますし
自然と奥歯をかみしめたりしてしまうものです。
通常は上下の歯は当たらない状態が正常なのですが、
ストレスを感じると歯をかみしめてしまいます。

側頭筋は、人差し指、中指、薬指の腹を耳の上に充てて
頭頂部に向かってほぐれるようマッサージしていくだけです。

顎も頬骨下の咬筋をほぐすのが効果的です。
やり方ははこちらを参考にしてみてください。

スポンサーリンク

酸欠には深呼吸

酸素が足りないのだから深呼吸を心がけるのが一番です。
マスクをつけると呼吸が浅く口呼吸になってしまう人も
多くいますが鼻呼吸の方がよいのです。

鼻から吸った方が肺の奥まで酸素が届きやすいからです。

無意識に呼吸をしているとマスク酸欠になるのだから
意識的に深呼吸をするのです。

そしてもう一つ。
腹式呼吸をするには、横隔膜が固まっていると大きな呼吸ができません。
そこで横隔膜ほぐしで、横隔膜が動きやすくしてあげると
深呼吸もしやすくなります。

横隔膜ほぐしはこちらを参考にしてみてください。

腹式呼吸では胸や肩を動きません。
息を吸う時、肺がふくらむと横隔膜が下がりお腹が膨らみます。
吐く時はお腹をへこませて横隔膜は上がり肺が縮こまります。

深呼吸は、ゆっくり時間をかけて息を吸い
吸った時間と同じか倍の時間をかけて吐いていきます。

腹式呼吸がよく分からない場合は、仰向けになって横たわるとわかりやすいです。
ただ胸式呼吸に慣れてしまっている場合は
立った状態、もしくは座った状態での腹式呼吸は
少し練習が必要かもしれません。

それでも毎日頭痛薬もきついですしね。
それにしても体はつながっているのを実感します。

まだまだお世話になるつもりの体なので
意識して深呼吸していきましょう。






こんな記事も書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました