今年も年賀状が欲しいから年賀状を書こう|お年玉賞品でオリンピックを狙え

スポンサーリンク
スポンサーリンク

12月になると「年賀状を書かなきゃなあ」という気持ちになります。
子供時代を昭和で過ごした者としては
年賀状を書かないというのもそわそわするのです。

2020年はねずみ年
スポンサーリンク

年賀はがきを選ぼう

来年はネズミ年ですね。
「干支はまた廻ったんだな」という感慨深さと共に年賀状を書きます。

来年はオリンピックがあるので、今年の年賀はがきには
オリンピック寄付金付きはがきがあります。
記念にこのはがきを選ぶのもいいですよね。
1枚につき5円の寄付金なので68円になります。

キャラクター好きには、スヌーピーディズニーのはがきもあります。
そして刀剣乱舞好きには外せない
刀剣乱舞の12枚セットのはがきもあります。
(こちらはネット販売のみのようです)
すごい人気なんですねえ。

もちろん、普通の無地はがきもあります。
63円です。インクジェット紙も同額ですが、
インクジェット写真用は73円となっています。
写真をきれいに印刷したい人は気を付けてくださいね。


スポンサーリンク

御守年賀を作ろう

郵便局のページを見ていたら気になる文字がありました。
その名も「御守年賀」。
折ると御守りになる年賀状とのことです。
ちょっと面白いですね。


テンプレートもありますが、オリジナルでも作れるようです。
こういうちょっとした手作り好きなんですよね。
自分用に作ろうかな。

スポンサーリンク

LINE年賀状「ガチャ年賀」

こちらはLINEでも年賀状を送れるサービスですね。
LINEで友達追加したら、ガチャ年賀で
動く年賀状をゲットできるというものです。

動く年賀状はいいですね。
新しい感じがします。スマホで手軽にできますしね。
LINEで年賀状というのは時代の流れを感じます。


そして郵便局では、もちろん「はがき」でも送れます。(動きませんが)

よくよく読んでみると住所を知らない友達にも送れるといいます。
これはすごいですね。
送りたい相手とLINEで友達登録していれば、発送できるようです。
面白いですね。


スポンサーリンク

お年玉賞品もビックです

さて、年賀状をもらった後に気になるのは
お年玉抽選ですよね。

来年はオリンピック開催!ということで
特等はなんと、オリンピックご招待ペアチケットです。

開会式、閉会式、競技観戦とありますね。
開会式2本、閉会式2本です。
これで当たったら超ラッキーですね。
きっといい年になるでしょう。相当ツイてます。

1等(下6桁)は、現金30万円です。
そして電子マネーだと31万円です。
ここらへんが今年(来年)らしいですよね。
本当に今年は電子マネーが一気に普及したイメージがあります。
現金より1万円多いところも魅力です。
100万本に1本です。

2等(下4桁)は、ふるさと小包等です。
ふるさと納税のようなページの商品が並びます。
おいしそうです。
そしてキッチン用具や家電などもあるようです。
当たったらうれしいですね。
1万本に1本です。

3等(下2桁)は、お年玉切手シートです。
100本に3本ということなので、当たる確率がグンと増えます
期待大ですね!
ただあまり手紙書かないので、かわいい切手だといいなあ。

抽選は1月19日(日)です。
ワクワクして待ちましょう。

お名前瓦版って

年賀状とはずれてしまいますが、
「お名前瓦版」ってページがありました。面白いです。
ちょっと笑ってしまいました。
生まれた年の名前ランキングなどもあります。
もう懐かしい名前ばかり。

お時間あれば、是非発行してみてください。




こんな記事も書いています。


コメント

タイトルとURLをコピーしました