寒い日は温泉に入ってあったまりたい!温泉は飲めるんだって!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

寒い日には早くお風呂に入ってあたたまりたいって思いますよね。
それが温泉だったら気分も最高ですね

サルだって温泉入りたい
スポンサーリンク

温泉の浸かる効用

温泉には体を温める以外にどんないいことがあるのでしょうか。
まずこの3つが挙げられます。

・血行がよくなり新陳代謝が高まる

・水圧による圧力がかかり内臓が刺激される

・浮力により筋肉が緩みリラックス状態になる


そして温泉に入ると「一般適応症」に効果があると言われています。

「一般適応症」
・運動麻痺
・関節のこわばり
・くじき
・慢性消化器病
・痔疾
・冷え性
・病後回復期
・疲労回復
・健康増進

血行がよくなり新陳代謝がよくなった結果ともいえます。
水圧や浮力によるマッサージやリラックス効果も同様ですね。

スポンサーリンク

泉質による効用

それでは一般適応症以外にはどんな効用があるかというと
泉質によって分けられます。

単純温泉は、無色透明無味無臭でお湯が柔らかいのが特徴です。
 自律神経不安定症、不眠症、うつ状態、神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩に効果あり

塩化物泉は、湯あたりしにくい温泉です。
 きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症に効果あり

炭酸水素塩泉は、美肌に効果があり、とろとろしたお湯です。
 きりきず、末梢循環障害、冷え性、皮膚乾燥症に効果あり

硫酸塩泉は、無色透明ですが、苦味があります。
 きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症 動脈硬化症に効果あり

二酸化炭素泉は、シュワシュワ気泡が肌を包みます。ぬるま湯が多い特徴があります。
 きりきず、末梢循環障害、冷え性、自律神経不安定症に効果あり

含鉄泉は、茶褐色の色をしています。
 特に浴用での効用はありません

酸性泉は、肌がピリピリする刺激があり、無色またはわずかに黄色のお湯です。酸味があります。
 アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、耐糖能異常(糖尿病)、表皮化膿症に効果あり

含よう素泉は、色が黒くうがい薬のにおいがします。
 特に浴用での効用はありません

硫黄泉は、美肌の湯といわれます。色や刺激があり、独特の匂いがします。
 アトピー性皮膚炎、尋常性乾癬、慢性湿疹、表皮化膿症に効果あり

放射能泉は、とろとろの湯で、刺激があります。
 高尿酸血症(痛風)、関節リウマチ、強直性脊椎炎、疲労回復、
 動脈硬化症、高血圧症、慢性胆のう炎、胆石症、慢性皮膚病に効果あり


肩こり、腰痛、筋肉痛、冷え性なら

肩こりや腰痛、筋肉痛は温泉なら充分です。
日本では一番多いのが単純温泉です
成分は少なく薄めですが、効用はちゃんと得られます。
ただ1回入ってすぐ効いた~!ということはないかも。

単純温泉は肌に優しく、肌が弱い人でも肌荒れする心配がありません。
いろんな泉質の温泉を入る場合にも
一番に単純温泉に浸かるのがおすすめです。

またPH8.5以上のアルカリ性単純泉は「美肌の湯」ともいわれます。


色がついたお湯につかりたい

特に乳白色のお風呂っていいなあと思ってます。

そんな私が行ってみたい秋田の「乳頭温泉郷の鶴の湯」は、
含硫黄・ナトリウム・カルシウム塩化物・炭酸水素泉・・となっております。

ということで、「皮膚炎やきりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態」に
効果ありといった感じです。

ナトリウム-炭酸水素塩泉、カルシウム-硫酸塩泉、硫黄泉が
美肌の湯といわれているので
鶴の湯さんも美肌効果が期待できそうです。


温泉は飲める
スポンサーリンク

飲む温泉の効用

温泉を飲むってちょっと意外な気もしますが、
それぞれいろいろな効用もあります。
欧米では温泉水を飲んで治療するくらいです。

アメリカでも飲めるところがあります。
サラトガスプリングスでは、昔から鉱泉が湧き上がり
バスハウスが作られています。
園の中では、13種類の飲泉所があり市民の憩いの場になっています。

それに対して日本では温泉は浸かる方がポピュラーですね。
ただポピュラーではないのには理由があって
飲むということは、体に強く作用してしまうのです。

安全のため主治医に相談した方がよく、
飲泉の許可があるところで飲む必要があるのでハードルが少し高いのです。

飲む温泉の効用

単純温泉
 慢性胃腸病、リューマチ、腰痛、神経障害

塩化物泉
 萎縮性胃炎、便秘

炭酸水素塩泉
 胃十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、耐糖能異常(糖尿病)、高尿酸血症(痛風) 、慢性胃炎

硫酸塩泉 
 胆道系機能障害、高コレステロール血症、便秘

二酸化炭素泉 
 胃腸機能低下

含鉄泉 
 鉄欠乏性貧血症

酸性泉
 便秘、消化器系低下

含よう素泉
 高コレステロール血症

硫黄泉
 耐糖能異常(糖尿病)、高コレステロール血症、痛風


注意は必要ですが、
温泉、飲んでみるのもいいかもしれません。
 
温泉に行く時は泉質に注目して宿を決めるのもいいですね。

本当は自宅近くの温泉に通いたいな。
1週間に1度の周期で、2か月くらい通ってみたことがあります。

確かに気持ちよくて、昼間の露天風呂は最高です。
でも肩こりに効いたかというと・・・はっきりと実感はできなかったんです。
もちろん、血行はよくなって顔色もよく、
お肌も潤った感じはします。

どうせなら、1か月くらい滞在する湯治をやってみたいな。
1日に何回か入ってみれば効果を感じられるかもしれません。





こんな記事も書いています。





コメント

タイトルとURLをコピーしました