年末大掃除|歳神様は迎えたいけど冷たいのは嫌だ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

大掃除ってなんとなく、家の周りをキレイにして
新しい年を迎えるためのものだと思っていました。

掃除用具は準備OK!
スポンサーリンク

大掃除の由来

平安時代から煤(すす)払いは行われていたようです。
鎌倉時代には寺社にも広がり、
江戸時代になると、江戸城で12月13日に煤払いをしていました。
13日は鬼宿日といって婚礼以外のことでは大吉とされています。

穢れを払うという意味のお清めの儀式なので
13日に煤払いが行われていたようです。
そしてそれが庶民にも伝わり、13日に煤払いをするようになったのです。

これは、家の内外をキレイにして新たな年を迎えようというものではなく
歳神様をキレイな家に迎えるためのものだったのです。

なので、この日は神棚や仏壇を掃除します。
家の中を掃除するのはその後、大晦日までにやればよいのです。

江戸時代は煤払いが終わると、ご祝儀が配られたり
酒や食べ物が振る舞われたりしたようです。
そしてなぜか胴上げします。
(お疲れ様なのか、祭り気分なのか・・・)

そして歳神様が来てくれるように門松を用意したり
注連縄、鏡餅を飾ります。
キレイな家に迎え入れた歳神様はたくさんの後利益をくださるといいます。
家の繁栄や家族の健康や幸運ですね。

今年の鬼宿日は、12月13日(金)ですね。
(11月だと15日です。)

確かに歳神様をお迎えするなら、家をキレイにしておきたい
今年の穢れも払っておきたいという気持ちも出てきます。

スポンサーリンク

ついでの「ちょこちょこ掃除 」

自分の習慣にちょい足しすると、「楽」ということに気付いた今日この頃。
大掃除しなくていいように、ついでにやってしまう「ちょこちょこ掃除」もおススメです。

何かの「ついで」なので、気合いも必要ありません

まず、朝起きたら床をササッとワイパーで掃除します。
寝てる間にほこりが床に落ちてきていると聞きますよね。
私の場合は、ラジオ体操でほこりが舞う前に
ササッとやってしまいます。
(ほんとはこの時に他のほこりも掃除したいんですが。。。)

朝掃除機をかけるのは、近所迷惑なので
仕事の日はワイパーだけです。
あと気づいた時にガムテープでの髪の毛&ごみ拾い。

顔を洗って、歯を磨いた後は洗面台の掃除です。
スポンジで洗って、タオルでから拭きします。
鏡も拭きあげたらタオルは洗濯かごへ。

ごはんを食べてお皿を洗ったら
ついでにコンロ周りの油はねを拭いたり
余裕があれば、
五徳をゴシゴシ洗ったりします。

入浴後はお風呂掃除です。
浴槽と洗面器などを洗って、壁や天井の水気を拭きとるだけ。

そして寝る前に、トイレ掃除
壁から床を拭いて、便器の外側も拭き上げます。
便器内はブラシで磨きます。
私は流せるトイレブラシ使ってますが、最後に流すとすっきりしますよ。

その後、シンクで手を洗います。
その流れでスポンジでシンクを磨き、洗い流したら
から拭きして完了です。

お皿洗ったついでにシンクも洗うのもアリだと思うんですが
私の場合は、キレイさっぱりと清々しい気持ちで寝るのが快感なんです。
お皿洗ったついでだと、その後飲み物飲んだりすると
水はねしたりしますからね。

水回りはすぐ拭けるように乾拭き用の布を置いておくと
おっくうさがないかもしれません。

ぞうきんでもいいけど、ちょこちょこ掃除には
着なくなったティーシャツを小さく切っておいて
拭いたら、即ゴミ箱に捨てちゃう気軽さも必要かもしれません

これで、大掃除をしなくてもそこそこキレイを保てます。

スポンサーリンク

大掃除は年末じゃなくてもいい

アメリカでは、大掃除の習慣はありません。
好きな時にいつでも掃除すればよいのですが、
やはり暖かい春から初夏にかけて掃除を始めるようです。

ドイツやフランスなど欧米では、冬は寒いので春の大掃除の習慣があります。
スプリングクリーニングですね。
暖房で家が煤で汚れてしまったりするので、春なんですね。
暖房器具をしまう前に掃除して、
ついでに家も掃除しちゃおうって意気込みです。

日本に近い中国では、2月がお正月なので
その春節の前に大掃除をする習慣があります。
その年の不運や不詳を一層する意味があります。
しかし、中国の2月も寒そうですね。

プエルトリコでは、大晦日に大掃除をする習慣があります。
日本と同じですね。
大掃除の後にバケツの水を窓から放り出し
一年分の邪気を洗い流します。



日本も冬は寒いし、大掃除は春にやってもいいかもしれません。
特に水を使うものはつらいですからね。

日本の文化を大切にして、今年は煤払いをやりましょうかね。
壁や天井は確かに掃除してません。

そしてカーテンも洗いましょう。
部屋を大きく占めるカーテンを洗うと部屋が明るくなります。

あとは、不用品捨てはやることにします。
必要ない物に場所を占有させるのはもったいありません。
捨てて歳神様や幸運が入ってきやすいように
部屋に余白を作って置きましょう。



こんな記事も書いています。





コメント

タイトルとURLをコピーしました