色んなものを洗い流してくれる中国茶の魅力

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中国茶って種類がいっぱいあって迷ってしまいますよね。
茶器もかわいくて揃えたくなります。

中国茶

スポンサーリンク

中国茶でいつまでも若々しく

今回の「マツコの知らない世界」は中国茶の世界です。

紹介してくれるのはいつまでもかわいいイメージの
女優・風吹ジュンさんです。
66歳には見えない、若々しくてかわいい女性ですね。

風吹さんにとって中国茶は
「人生の色々を洗い流してくれたもの」だといいます。

色々洗い流したいものがあったんですね。
自宅の棚一面が中国茶・紅茶・ハーブティーで
引き出しには急須などの茶器がぎっしりです。

やっぱり中国茶に限らず、いろんな種類を飲みたいですもんね。
でも、中国茶で心の平安を保ち続けていたのかもしれません。

自宅近くの中国茶店のお茶の買い付けに一緒についていくくらい
風吹さんは中国茶にハマってます。
すごいバイタリティです。
21か所も産地を巡っています。

スポンサーリンク

中国茶の種類

中国茶は7種類に分けられています。

緑茶、白茶、黄茶、青茶、紅茶、黒茶、花茶です。
有名な烏龍茶は青茶の一種です。

・緑茶
中国で生産される茶葉の約7割は緑茶です。
発酵させないお茶なので、ほぼ日本茶と同じです。

・白茶
発酵度が浅いお茶です。甘い香りと口当たりがまろやかです。
うぶ毛に覆われている葉が白銀の雪のようということで白茶と呼ばれます。

・黄茶
緩やかな加熱による微妙な発酵でできたお茶で、最も希少価値があるお茶です。
100gで数万円するものもあります。

・青茶
発酵途中で加熱している半発酵茶です。
発酵度が15~80%と幅広いので、味わいが大きく違うものもあります。

・紅茶
発酵度100%の発酵茶です。紅茶の元祖です。
インドの紅茶よりも甘味が強いのが特徴です。

・黒茶
加熱発酵後、カビによって発酵させたお茶です。
プーアル茶は黒茶の一種です。多少クセがある味です。

・花茶
茶葉に花の香りを吸収させたお茶です。
一般的には緑茶を使いますが、白茶や紅茶も使います。
ジャスミン茶も花茶の一種です。
香りに癒されますね。



スポンサーリンク

おすすめ中国茶3選

では風吹さんおすすめの中国茶です。

・浙江省杭州市 梅家塢龍井(緑茶)

仕事のストレスを洗い流してくれます。
ほのかな甘みがあり、爽やかな香りがします。

・広東省潮州市 鳳凰単叢(青茶

イライラした気持ちを洗い流してくれます。
霧に覆われ寒暖差の大きい地で採れるお茶なので甘味が強いです。

マスカットのようなフルーティな香りが特徴です。
お茶を飲んだ後の器を嗅ぐとストレスを流してくれます。
香りって大きいですよね。
女性は特にアロマとか大好きです。

・雲南省臨滄市鳳慶県 千年紅茶(紅茶)
幻の中国茶です。
紅茶らしい香りと味だけど、渋味がないのです。
1杯目は香りを楽しみ、2杯目は味を楽しみ
3杯目は香りと味のバランスを楽しむ形です。

1杯目は飲み干さずに少し残して
2杯目を注ぐのが正しい飲み方です。
杯を重ねるごとに味がまろやかになり、甘味が出てきます。

中国茶って、茶こし使わなかったりもしますよね。
湯のみやグラスに茶葉いれて、
お湯ドボドボッと入れるイメージです。
茶葉をさけて飲むようにいわれますが、
慣れないと難しいです。

風吹さんの作ったタンブラーはいいなあ。
茶こしついてるし
お湯注ぐだけでお替りできるし、
ほんとに仕事用に欲しい!と思いました。

スポンサーリンク

中国茶器ってかわいい

中国茶を楽しむ時に、茶器がそろってると
すごくテンション上がります。

普通にマグカップとか湯飲みで全然いいんですよ。
味や香りは楽しめます。

でも茶器そろえるとより楽しめます。
近くに中国茶のお店があればなあ・・通うのに。

中国茶器ってかわいいんですよね。
・蓋椀 蓋つきの湯飲みです。
・茶壺 急須です。
・茶海 ピッチャーです。
・茶杯 聞香杯に注いだ茶を移して飲むための湯飲みです。
・聞香杯 香りを楽しむための細長い杯です。

他にも茶盤といって、茶器をのせるお盆があるんですが、
これは格子状になっててお湯がこぼれても大丈夫になってるんです。

結構中国茶って急須に注ぐのにも、急須ごと温めるのにも
お湯をドボドボ注ぐんです。
茶器をそろえるとやっぱりお茶を楽しむ環境ができますよね。

 

中国茶は、飲んだ後の茶葉をお風呂に入れたり
佃煮にしてもいいということでした。
そのあたりは緑茶と同じですね。

寒い冬、あったかい中国茶で
香りに癒されながらストレスを洗い流しましょう。



こんな記事も書いてます。

実はよく知らないお茶の種類|日本各地のご当地茶を調べてみた
日本茶は種類が多くあります。 やはり産地によって育ちやすい品種もあります。 お茶の産地を知っていますか。 関東以南はどこでもお茶の産地になります。 関東地方の日本茶 狭山茶はよく知られているブランドですが、 埼玉の西部か...

コメント

タイトルとURLをコピーしました