【マツコの知らない世界】こしょうは料理をおいしくする

リンクユニット

コショウは、最近ミルで使う前に挽いて使うと
香りが断然違います。
香りってすごいですね。
胡椒

ペッパー夫婦

マツコの知らない世界で今回「こしょうの世界」を紹介してくれるのは
林準一・恭子さんペッパー夫婦です。

白いご飯にこしょうをかけるというさん夫婦に
マツコさんは「異常者」とバッサリ。

なんとご夫婦には岩本町に「胡椒饅頭PAOPAO」というお店までお持ちです。
皮に塩胡椒、餡に黒胡椒を入れている胡椒饅頭が食べれます。

キャラクターを作ったり、協会作ったりしてますが
活動はなかなか浸透していません。

こしょうの木は3~4mの高さで細長い形です。
初めて見ました。
もう上から根本まで葉がぎっしりなんだけどスリムです。
あんなに背が高いと収穫大変そうですね。

こしょうで料理はおいしくなる

そんな林さんがいうには、
「食べ物の98%はこしょうをかけるとおいしくなる」そうです。

準一さんのおすすめは「お茶漬け」です。
お茶漬けに胡椒を3~4回回しかけます。

さあ、マツコさん嫌がりながらも一口。
しばらく噛み締めて「おいしいかも」と感想。

違和感なくパクパクと食べ進めます。
柚子胡椒的な感覚でおいしく食べてました。

恭子さんのおすすめは「焼き芋」です。
安納芋の焼き芋って甘いねっとり系ですよね。

私的にはいけそうな予感がします。
甘いのにピリリって引き締まる感じじゃないでしょうか。
スイカに塩振る的な。

マツコさんの感想は・・・よく分からないと言って胡椒増量です。
でもかけすぎもよくないみたいですね。

お茶漬けはみなさんにオススメしていたので
簡単だしやってみたいですね。

納豆にたれ1/3とこしょうを入れて混ぜると
後味が爽やかになります。
マツコさんは気に入ったようで追いこしょうしてました。

産地ごとの胡椒の特色

こしょうは、昔は抗菌・防腐目的で使われていました。

中国や東南アジアの洋食化と
カップ麺のブームでこしょうの需要が増えています。

マレーシア産:調和のとれた味。S&Bブラックペッパーなど

スリランカ産:香りが強く、辛い。肉料理に合います

インドネシア産(キュベベ):ワイルドな香りで柑橘系の香り。バルサミコのような酸味が鶏肉や魚料理に合います。

マダガスカル産(ワイルド):野生の胡椒。特にくせが強いウッド系の香り。辛味も強いのでジビエやソーセージに合います。

真っ赤な完熟胡椒

最後はカンボジアのクラタペッパーさんの完熟胡椒です。
通常は完熟すると木まで枯れちゃうので
1、2粒が完熟したら収穫するものだそうです。

でもここでは全部真っ赤に完熟させて収穫、乾燥させています。
レーズンのような甘い香りでこしょうの香りは薄いです。

クラタペッパーさんはその名の通り日本人の方の農場です。
カンボジアの内戦で絶滅しかけたこしょう農場を復活させました。

料理にかけるとフルーティーな香りです。

ちなみに準一さんおすすめのミルは、結構値が張ります。
IKEDA 4インチ 胡椒挽き 4550円

恭子さんのミルもかっこいいけどお高いです。
プジョー社 ペッパーミル フィジー黒マット12cm 5000円

マツコさんも言ってましたが、
餃子を食べる時にお酢にコショウをかけて食べるとおいしいです。

料理もスパイス使いこなすと料理上手な気がしますよね。
林さんの言葉を信じて、ちょっと色んな料理に胡椒かけてみようかな。

こんな記事も書いてます。

スパイスの効果って アーユルヴェーダでも漢方でも食材が薬だという考えです。 食べたものがカラダになるということですね。 最...
0