箱根に住もう!小浴場を我が家のお風呂にしたい

リンクユニット

私も家に温泉ひきたいなーとは思っているんですよ。
だってやっぱり美肌になるし
冷え性ともオサラバですよ、きっと。

箱根・大涌谷箱根・大涌谷

関東では身近な箱根温泉

今回のマツコの知らない世界は「箱根の世界」です。

箱根といえば年間2000万人以上の観光客が訪れる観光地、温泉地です。
紹介してくれるのは、箱根に新聞を配り続けて50年の田中康久さんです。

ドンと呼ばれる田中さんは、10年以上家のお風呂に入っていません。
でもマツコさんが言うように、お肌きれいです。
やっぱり温泉効果でしょうか。

東京から車で1時間、ロマンスカーで35分で箱根に着いてしまいます。
本当にアクセスがいいですね。
でも着いた先には、温泉街や大涌谷、芦ノ湖や美術館など
十分な非日常の観光地が広がっています。

そして近いがゆえに、がんばれば日帰りもできてしまうというお手軽さ!
旧街道を歩くのも趣あっていいですね。

おすすめは小浴場

箱根といえば大きな露天風呂、大浴場が有名な気がしますが
ドン田中さんがおすすめするのは小浴場です。

4~5人でいっぱいになる小さめの浴場です。
昭和の初期に出た温泉は、浅い源泉のもので、地元の銭湯になっています。
それで泉質が良い温泉は銭湯が穴場なんです。

確かに新しい温泉は、深く掘らないといけないですよね。
まあ、深く掘ればどこでも温泉出るっていう話も聞きますが。

そして箱根は湯量が少ないらしいのです。
そこで湯量が少なくても薄めずにすむ小浴場がおすすめなのです。

ドン田中さんおすすめの小浴場3選

ドン田中さんがおすすめする箱根の地元民に愛される3浴場です。

湯本エリア
・弥坂湯 大人650円
こちらは室町・鎌倉時代からの源泉がまだ出ている湯本エリアの温泉です。

おすすめの理由は、源泉が浅く泉質が良いからです。
無味無臭の泉質で、
柔らかな泉質で美肌効果が期待できます。
いいですねえ。お肌ツルツルですよ。

宮ノ下・小涌園エリア
・亀の湯 550円
箱根随一の美肌の湯といわれています。
なんだか一軒家に見えますが、ご主人がいない時は
料金箱に料金を入れて入ることができます。

こちらも透明なお湯です。自家源泉なんですね。
炭酸水素塩の水質が味わえます。
神経痛や筋肉痛にも効きますが、お肌がスベスベになるそうです。

強羅・仙石原エリア
・かま家
すすき草原の近くなんですね。大涌谷の白濁の湯です。
温泉ってカンジがしますね。
天然ミネラルが多く、冷え性、関節痛、外傷に効果があります。

ここは入浴前に釜飯を頼んでから、お湯を頂いて
温泉から出たら釜飯が食べられるお店なんです。
釜めしは6種類。しゃけ親子釜めしはいくらもたっぷり、おいしそうです。

マツコさんはスタジオで手浴です。
いいなあ。明日は両手がスベスベですね。

箱根の洋食

ドン田中さんがおすすめするのは洋食です。
やっぱり温泉入ったら、おいしい食事も食べたくなるのが人情ですよね。
さすが、ドン!
取材NGのお店にもOKもらってきてます。

・洋食店スコット
カニクリームコロッケ
高さがあります。丸いコロッケで、中にカニ味噌が入っています。
高そう~!と思ったら1個350円でした。
手が届くお値段、食べてみたい。。。

富士屋ホテルなどの老舗もあるし
洋食探してみたいですね。

ドン田中さんは、本当に事情通で
IKKOさんから箱根について聞かれているようです。
IKKOさん、箱根に別荘でも買うんでしょうか。

マツコさんもすっかり気に入って
「IKKOさん、軽井沢あげるから、箱根は(私に)ちょうだい」とメッセージ。

湯治願望がある私にとって近くてすてきな温泉地・箱根。
湯治先候補に入れておきます。

こんな記事も書いてます。

忙しい人の味方、カップラーメンにお世話になってますか。 流行りはインパクト命 今回のマツコの知らない世界は「カップラーメンの世界...
0