奇界遺産|地獄を教える地獄寺と廃墟の女王

スポンサーリンク
スポンサーリンク

お寺と聞いて想像するものは何でしょう。
日本のお寺は木造で塗装も取れているのでしぶい木の色のイメージですね。
(建設当時はド派手な色だったとか)

でも外国では違います。
タイは仏教国ですが、金ぴかのお寺や仏像のイメージがあります。

タイの金色の寺

スポンサーリンク

タイでは寺で地獄を学ぶ

さて今回のクレイジージャーニーは、奇界遺産の佐藤さんの回です。

日本では極楽と地獄について子どもにどのように教えてますか。
絵を見せたり、昔話などで教えてますか。

でもタイでは違います。お寺の一角に地獄を説明する像を作って置いているんです。
公園にあるパンダの像みたいなイメージですが、
地獄を表しているので、いろいろと怖い石像です。

今回佐藤健寿さんが訪れたのは、そんな地獄寺です。

そしてその地獄寺を子どもに見せて地獄を学ばせているんです。
まるでテーマパークのように遊びに行くのです。
子どもは楽しいのでしょうか。
敬虔な仏教徒には必要な場所なのかもしれません。

像の前に説明版などがないので、想像するしかありませんが、
今回は像を作った方が説明してくれます。

ところ狭しと置かれている石像ですが、
「不倫したらこうなる」とか「親の悪口言うとこうなる」という石像たちです。
1万体もあるという石像ですが、
子どもには見せない方がいいようなものもあります。
でも教育のために子連れのお客さんが多いようです。

気になったのは、タイでは
「暴走族をやっていると牛みたいに脳がスカスカになる」と云われているようです。

そして学校をさぼった子どもが首を吊るされているものもあります。
ちょっと悪事に対する罰がひどくないですかね。。。

ミイラはシリアルキラー?

そしてこちらもタイですが、シリラート医学博物館です。
多くのミイラが展示されている博物館ですが、
タイ史上最悪のシリアルキラーが処刑後にミイラにして展示されています

シーウィーという5人の子どもを殺して内臓を食べた犯罪者です。
他にもレイプ殺人者も展示されていますね。
佐藤さんも他の国では見ないといいます。

うーん。古代エジプトではミイラは身分の高い王とかなんですが
時代や国が違えば違うものです。

ミイラにして展示するのは罰になるのでしょうか。。
子どもが犯罪に手を染めないよう戒めの意味もあるといいます。
戒めですか。。。

もちろん犯罪者以外のミイラも保存展示されています。
例えば溺死した赤ちゃんもいます。
その前にはお花やお菓子がお供えされています。
これは仏教っぽいですね。

日本でもお地蔵さんとかにお供えしたりします。
でも博物館には置かないですね。
タイはやはり仏教への信仰心が篤いのです。

スポンサーリンク

廃墟の女王はアールデコ調

軍艦島が廃墟の王様だとすると、廃墟の女王は摩耶観光ホテルといいます。

マヤカンや軍艦ホテルとも呼ばれています。

ケーブルカーで摩耶山に登って、柵を越えて中へ入っていきます。

この摩耶観光ホテルは、ホテルやレストラン、温浴施設などが
一緒になった豪華な福利厚生施設として造られました。

ただこの福利厚生施設は太平洋戦争で休止し、空襲の被害なども受けました。

1961年に豪華客船の装飾品で改装して高級ホテルとなりますが、
台風によって大幅なダメージを受け1967年に営業中止します。

1974年にサークル合宿専門の摩耶学生センターとして復活するも
管理人が体調を崩して1993年に使用停止になりました。

阪神淡路大震災で倒壊こそはしてませんが、損傷しているので立ち入り禁止状態です。
それなのになぜ佐藤さんがずんずんと入っていっているかというと
このホテルを登録有形文化財として残そうという活動があるからです。

その活動を紹介するなら、ということで立ち入りを許可されているのです。

DEATH NOTEやミュージックビデオなどで使われた雰囲気あるホテルです。
天井までの大きな窓から優しく日差しが差し込み
窓の向こうは緑がきれいです。

一応和室もあるのですが、大ホールはシャンデリアの後や
ステンドグラスの窓など洋風ですね。

床には穴も開いているので、確かに勝手に入るとケガしそうですね。
最後の壁が剥がれて、昔の壁の落書きなども確認できます。

佐藤さんお得意のドローンでも撮影します。
屋上からでも神戸や大阪の夜景が一望できます。

ドローンで撮影すると摩耶山にポツンと残されたホテルが映し出されます。
近くで見ると廃墟にしては優雅なきれいな建物に思えましたが
上から眺めると廃墟ですね。

ちなみに関西では心霊スポットしても有名なようです。

スポンサーリンク

北朝鮮のマスゲーム

北朝鮮にも行ってきたという佐藤さん。
マスゲームを見てきたといいます。
迫力ありそうですよね。

10万人の人が参加するものなんですが、
半年くらい練習して揃えるんですね。
11万人を収容できるスタジアムでやってます。
これは意外にも世界最大スタジアムです。

携帯は通じないしWi-Fiも通じないので
1週間水に潜っているような感じと言ってました。
外に出るとガイドがつきっきりです。
確かにちょっと息苦しいカンジはするかも。

アヒルの焼肉や冷麺を食べたといいますが、
佐藤さんはあまり食に興味ないみたいです。
私なら仕事で行ったとしても、食事は必ず記憶に残るけどな~。。。

スポンサーリンク

不法投棄されたジェット機に住む

またタイでは空き地に捨てられた輪切りにされたジェット機の中
住む人たちにも会いにいきました。
ここに住めなくなると困るという理由で
話は聞けなかったし、機体の中もあまり撮影できませんでしたが
モノが少なくキレイに暮らしています。

輪切りにはされてますが、ちゃんと溶接されていて
ドアができてるので部屋ですね。
取材されると、住めなくなるので住人は攻撃的です。
どういういきさつで住み始めたのでしょうか。

町はずれの空き地にあんな大きな機体を捨てて
その中に住む人がいるなんて不思議なカンジです。
10年後にはこんなところに不法投棄はできなくなってるのかな。
そうするとあの人たちはどこへ行くのだろう。

 

こんな記事も書いてます。

飛行機の墓場とは?ロズウェルとエリア51
今回も引き続き佐藤さんの奇界遺産の旅in アメリカです。 ロズウェルどうなんでしょうか。 ジョージア・ガイドストーンに書かれた言葉 佐藤健寿さんの旅、後半戦です。 スタッフさんに確認されて苦笑いしてましたが、 ジョージア・...

コメント

タイトルとURLをコピーしました