疲れ目対策で頭痛も予防する

スポンサーリンク
スポンサーリンク

目、疲れていない人なんていないんじゃないでしょうか。

疲れ目

スポンサーリンク

現代は疲れ目が多い環境です

もうスマホは手放せない時代になってますね。
電車でもスマホをいじっている人ばかりです。

仕事でパソコンとにらめっこして疲れているのに
帰りもスマホとにらめっこです。
そりゃあ目も疲れますね。

特にパソコンやスマホなどはよく見ようとするので
まばたきが少なくなり乾燥してしまいます。

乾燥すると目にも負担がかかり疲れやすくなります。

また長時間同じ距離のものを見続けていると、
毛様体筋が緊張して固まってしまい、筋肉疲労の状態となります。

また老眼は、この筋肉を使って調整する力が弱くなるので
近くが見えづらくなります。
これを放っておくと目がより疲れやすくなってしまいます。
私も近くのものはメガネない方がくっきり見えます。老眼ですねえ。

適度の休憩が必要だと分かっているけど、
仕事は仕事で集中してしまうし
スマホはスマホで見続けてしまいますね。
つまりケアが必要になります。

スポンサーリンク

目をいたわる

まずは目を労わることを始めましょう。

・目によい成分を摂ってみる
アスタキサンチン:眼精疲労の予防、疲れ目の予防
DHA:ドライアイの予防、視力改善
アントシアニン:抗酸化作用があり、目の神経伝達をよくする
カルシウム:毛様体筋の働きをよくする
ビタミンA:目にうるおいを与え目の老化防止、視力低下の予防
ビタミンB1:目の疲れ回復、視神経の働きをよくする
ビタミンB2:目の働きをよくする、角膜炎予防
ビタミンC:抗酸化作用があり、目の老化防止、白内障予防
ビタミンD:目の機能をよくする
ビタミンE:抗酸化作用があり、目の老化防止、白内障の予防
ルテイン:加齢黄斑変性の予防、白内障の予防

・目薬を使う
上の成分を参考にしてみるのもいいと思います。
ただ使いすぎると症状が悪化するので使用方法はきちんと確認してください。
またドライアイの場合は防腐剤が含まれていないものを使う方がよいです。

・目を休める休憩時間を作る
タイマーなどを使って休憩時間を知らせるようにしておくと
夢中になって忘れることがありません。
休憩時間はスマホは使わないように。

・目のストレッチをする
遠くと近くを交互に見てみたり
顔はまっすぐ前を向いたまま目だけで右左上下を対角線で動かす

・メガネやコンタクトの度が合っているか確認する
これは面倒でもやっておいた方がいいです。
長く使っていると度が変わっていたりして目に負担がかかります。

・まばたきを意識してやってみる
パソコンやスマホは真剣に見てしまうのでまばたきが減ります。
そうすると目が乾燥してドライアイになってしまいます。
目が疲れやすく、乾いているように感じたり、物がかすんで見えたりします。
無意識のまばたきに頼るのではなく自分で意識してまばたきやってみましょう。

・目の周りのツボを押してみる
目のツボ

・目を温めてみる

・首や肩も温めてみる

軽い疲れ目であれば、ちょっと意識すれば回復します。
休憩したり眠って治るのが疲れ目です。

でも、日常的に目が疲れている場合は、眼精疲労になります。
対策をしないとつらいですね。
放っておくと、肩こりや首こり、頭痛に発展することもあります。

スポンサーリンク

目を温めよう

目や耳も温めると血流がアップして
視力が回復したり、耳が聞こえるようになったりします。

目を温めるとピント調節力の低下を防止できます。
それは毛様体筋の血流が改善し、動きがよくなるからです。
眼精疲労も改善します。

そして脂腺からの脂が溶かされ分泌されやすくなるので
ドライアイも改善されます。
40℃で10分温めるとよいようです。
そういえば目を温めるグッズは40℃のものが多いですね。
なるほどです。

両手のひらをこすりあわせて温めてから
両まぶたの上にそっと置いてみると
どうでしょうか。温かさをじんわり感じますか。

目を温めることでリラックスもできます。

蒸しタオルで温めるといいとよく聞きますが、
冬だとすぐ冷めちゃうし、やっぱり面倒くさいんです。
そんな時は温めグッズに頼ってもいいと思います。
自分に合うタイプを使ってください。

使い捨てのタイプや、USBを使って温めるタイプ、
レンジで温めて何回も使えるタイプもあります。
夜などに一日の疲れをとるために使うと効果的です。

私はあずきのチカラ使ってます。
肩用のやつで温めて、ぬるくなってきたら目を温めてます。
目用のもあるのですが、あまり評価がよくないし
物が増えるのもなんなのでこの方法を使ってますが
なかなかよい手ごたえを感じています。

そして目を温めると働きっぱなしの交感神経を休め
副交感神経が働くようになります。
これも重要ですよね。
それによって睡眠に入りやすくもなります。

また遠赤外線のみで温めるアイマスクもあります。
職場でも昼休みなどに使えそうですね。

目を温めるのもそうですが、目の周りの血流をよくすることが
眼精疲労には効きそうです。
そういう意味では目のストレッチやツボ押しも
効果が期待できそうですね。

5分目を閉じるだけでも目を休める効果はあります。
タイマーを使って5分間目を閉じてみましょう。
疲労を貯めすぎないように、こまめに休憩を入れてあげるといいです。

また瞑想することで体全体をリラックスしつつ
目も休ませるというのも効果があります。
こちらは脳も休ませるという意味で習慣づけたい方法です。

いつもがんばって働いてくれている目を大切にしたいですね。
できれば頭痛が出る前に労わってあげましょう。

 

こんな記事も書いてます。

1日5分でセロトニン構造改革
太陽の光を浴びてリズム運動をすると ストレスが消えていきます。 あとはたまに泣くだけ。 1日5分でストレスが消えたらステキですね。 ストレスの伝わり方 精神的なストレスに溢れている現代ですが、 このストレスがどのよう...
健康向上
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事
じゅぴたをフォローする
スポンサーリンク
いつも心に青空を

コメント

タイトルとURLをコピーしました