不思議な深海魚、おいしい深海魚

スポンサーリンク
スポンサーリンク

深海魚を捕まえて研究する令和のお魚王子
鈴木香里武(かりぶ)さんが深海魚を紹介してくれます。
さかなクンの弟子で明石家さんまが名付け親という
ちょっと変わった雰囲気の金髪セーラー服の香里武さんです。

キンメダイ
スポンサーリンク

深海魚のイメージ

マツコさんも興味津々の 香里武さんです。
岸壁幼魚探集家で、フィッシュヒーラーです。
魚の癒し効果を研究している方なのです。

深海魚のイメージというと、身が柔らかく
グロテスクな見た目
というマツコさん。

確かに、紹介された「ダイオウグソクムシ」「ミツクリザメ」
「ニュウドウカジカ」「フクロウナギ」は、変わった見た目です。
私は結構ダイオウグソクムシ好きなんですが、
マツコさんはニュウドウカジカがお気に入り。

ニュウドウカジカはピンク色で鼻(?)が大きく
ちょっと溶けてきた何かに似ています。
世界で一番ブサイクな生き物といわれています。

深海魚は水深200メートルより深い海域に住む魚です。
深海には太陽の光はほとんど届かず、
水圧は高く、酸素濃度も低く、水も冷たいという
過酷な条件の中で過ごしています。

魚は通常、遊泳や浮袋などで浮力を持っているけれど
深海魚が浮袋に気体を入れると破裂してしまうので
浮袋にも水分と脂肪分を多く入れて浮力を得ています。

深海魚は脂肪分が多いですよね。
寒い(=海水が冷たい)からだと思ってましたが、
それだけではないようです。

水深1000メートルまでは太陽光がわずかに届くので
眼球は大きな魚が多いです。
でも全く太陽光が届かないところの深海魚は、
目が皮膚に埋もれてしまったり、網膜だけになっていたりしています。

深海魚の色は、黒が多いようです。暗いですからね。
他にも、透明だったり、赤色も多いです。
暗い深海に赤って目立つ気もしますが、
深海に届くかすかな太陽光は青い色をしていて、
赤に吸収されると黒く見えるんです。

不思議な形をした魚が多いのは、
この過酷な環境のせいなんですね。
違う進化を遂げた形といえそうです。

香里武さん御用達の沼津港

今回鈴木香里武さんが、採取に行っていた沼津港ですが
深海が近いことから、深海魚もよく獲れるようです。

本当に網とバケツで捕獲できるんですね。
思ってたより香里武さん、軽装です。

日本の周りは深海が多く、
東京湾でも水深は700メートルになるし、
相模湾では1600メートルにもなります。

駿河湾ではなんと2500メートルになります。
深い・・・深すぎます。

沈んだら浮かんでこれないイメージですね。
さすが日本一深い湾です。
海岸からわずか2km地点で
水深500メートルに達するところもあるとか。

なので結構すぐに深海があります。
そこで沼津港でも、深海魚がよく獲れます。
昼間は深海にいる魚が、夜には浅い海へ移動したりします。

また光に集まる魚たちもいますし
夜行性の魚たちもいます。
だから夜が狙い目なんですね。

スポンサーリンク

かわいい癒され深海魚

かわいい深海魚として紹介されたアカグツ、かわいいです。
エイみたいに丸い形で赤いです。
体長は30cmくらいで全身にトゲがあります。

「赤いトゲトゲのパンケーキみたい」と香里武さんは
表現されてましたが、ちょっとパンケーキにしては堅そうですよ。

泳ぐのが不得意で、ヒレで歩く感じです。
このたどたどしく歩く感じもいいです。
マツコさんは「なんで泳ぎがんばらなかったの」と
ストレートな疑問を述べていました。

泳ぐ必要なかったんですよ。きっと。

そして幼魚のころは泳いでます。大きな風船に入ってますね。
色も透明部分が多く一般的な魚の形をしています。
成長して風船がなくなると赤くなって海底を歩くようになります。

癒される深海魚として紹介されたメンダコですが、
こちらはふわふわ泳ぎます。
ちらっと見える吸盤もかわいくて癒されますね。

体長も20cmくらいと小型です。
それに耳みたいなものが生えてます。
ヒレだそうですが、
これがかわいさを倍増しているといってもいいでしょう。

ヒカリキンメダイをスタジオに連れてきてくれてました。
体長は30cmくらいですが、目の下に
白色発光器があって発光バクテリアがいるので
目の下が光って見えます。

なんだかメジャーリーグの選手が目の下に書いている
アイブラックみたいでかっこいいです。

リュウグウノツカイは幻の深海魚です。
ニュースでみたことあるくらい、珍しい魚のようです。
銀白色で神秘的な姿をしています。

スポンサーリンク

脂肪たっぷりおいしい深海魚

アカグツもおいしいようですが、捌くのが面倒なようです。

タチウオも深海魚なんですね。
タチウオはシュッと長くてかっこいいですよね。

鱗がなく、銀子の層でおおわれているので
銀色で刀みたいです。
でも体長は2m越えと結構な大物で、鋭い歯を持っています。
おいしい魚ですが、深海魚だったとは知りませんでした。

他にも「キンメダイ」「キチジ(キンキ)」「マダラ」
「アンコウ」「アカムツ(ノドグロ)」なども深海魚です。
深海魚は過酷な環境で生きているので
できるだけ省エネで生きたいのです。
でも動かないと沈んでしまう。

だったら浮かぶためには脂肪つけないとね。
というとで、深海魚は脂肪たっぷりなのです。

マツコさんが省エネに生きたい部分に親近感を感じていました。

番組では「ヒウチダイ(アブラゴソ)」「アオメエソ(メヒカリ)」
「トウジン」を食べていました。
おいしそうでしたね。
特にトウジンは、マツコさんもうなるおいしさでした。

調べてみたところ、おいしい深海魚として挙がっていたのは
アブラボウズ(オシツケ)
深海魚にしてはスマートな顔立ちですが、
グレーで、でかい。。。
最大で183cm、91キロというカサゴの仲間です。
クエにもよく似ているといわれています。

メヌケ
赤い魚です。大きくても60cmくらいです。
釣り上げると、目が飛びててしまうので
メヌケといわれています。
確かに目を戻してあげたい欲にかられる飛び出し方です。

イラコアナゴ
見た目はアナゴのゾンビみたいですが、
味はおいしいのでアナゴの蒲焼きや、缶詰など加工されることが多いです。
自分より大きい魚にかみついて食べようとする
凶暴性な魚で「人殺しアナゴ」と呼ばれています。

バラムツ
大きいと2mにもなるでかい魚で、アブラソコムツとよく似ています。
鱗にトゲがついています。
こちらは人が消化できない脂を体に蓄えているため
流通禁止になっています。
大トロのようにおいしいようです。(食べてみたいなあ)

アブラソコムツ
こちらも同じ理由で流通禁止です。


最近は魚食べてませんでしたが、
ちょっと深海魚興味湧いてきちゃいました。




こんな記事も書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました