捨てるのもったいない!青ピーマンの種とわた

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

青ピーマンの捨てないところ

この間何気なくテレビを見ていたら
「青ピーマンの種とわたは食べれるし栄養価が高い」という話をしていたんですよ。

ちょうど借りた本でも同じ情報が出ていたので
切り取らずに煮てみたんです。

結果・・・

全くわからなかったです。
種もわたも特徴ある味ではなかったので
多分焼いても変わらないと思います。

現に丸ごとピーマンの焼きびたしなど
めんつゆで味付けしているレシピなどもあります。

種にはむくみ対策に有効なカリウムが豊富に含まれていて
ワタには血流を促すピラジン
コレステロール値を抑えるカプサイシンも含まれています。

これを捨ててしまうのはもったいないですね。

スポンサーリンク

かぼちゃの捨てないところ

同じくカボチャもワタ、種の方が栄養があるんです。
いつももったいないな、と思っていた私。
もっと早く知りたかった。

果肉よりもワタの方が食物繊維は5倍もあります。
種は高たんぱくでコレステロール値を抑えるリノール酸
ビタミンE、ミネラルがたっぷりなのです。

ワタの食べ方としてはスープ、もやし炒めなどもありますが、
カボチャの煮物であればワタも一緒に煮こむのが簡単です。

種はレンジやオーブンでローストするだけ。
酒のつまみにもなりますね。
白い殻をむいて中の緑の部分を食べます。

スポンサーリンク

みかんの捨てないところ

みかんといえばビタミンCで有名ですよね。
肌荒れや風邪予防に効果的です。
ただ、それだけではないのです。

みかんの皮をむいた後白いすじは取らないでくださいね。
あれ、アルベドという名前なんですが、
ビタミンCの吸収率を高めるビタミンPが含まれています。

コレステロール値を下げ、便秘改善に有効なペクチンも
実より筋に4倍
多く含まれています。

また果肉の袋にはペクチン、食物繊維も多く含まれています。
そして高血圧や動脈硬化を予防するヘスペジリンが含まれています。

捨てるのもったいないですね。

スポンサーリンク

ほうれん草の捨てないところ

ほうれん草は捨てるところなしと言われるほど
栄養の塊です。

ショックなことに今まで捨てていた根本の赤い部分
ここに鉄分や骨を作るマンガンが多く含まれていて
ポリフェノールも入っているんです。

鉄分とらなきゃと思ってほうれん草食べてたのに。
ほうれん草は根本に十文字の切り込みを入れて
流水でもむように泥を落とします。

ほうれん草は鉄分の吸収を高めるビタミンC
ビタミンB群、ミネラルなどが豊富です。
そしてむくみ対策に効果的なカリウム
目の正常な機能を保つビタミンAも含まれています。

そしてほうれん草の旬は冬なんです。
夏よりもビタミンCは3倍、甘みも9倍あります。

下ゆでしたものを冷凍すれば最長1か月は栄養もキープできます。
ゆでると水溶性のカリウムやビタミンCは流れてしまうので
電子レンジで調理した方があく抜きは必要ですが、流れにくいです。

また脂溶性のビタミンAやビタミンDは油と一緒に調理すると吸収率がアップします。

油やバターで炒めるといいですね。

スポンサーリンク

トウモロコシの捨てないところ

トウモロコシも一般的には捨てちゃう芯とヒゲが大事なんです。

とうもろこしの髭はとうもろこしの髭茶って聞いたことあるので
栄養はあるんだろうと思っていたけれど
食物繊維、カリウム、フラボノイドなどが含まれていて
むくみ解消、便秘解消の他に花粉症やアレルギーにも効果があるようなのです。

髭はカリウムが豊富なので乾燥させてお湯を注げば
むくみ予防効果のあるお茶になります。
その他にもスープやサラダにいれるのもおいしそうです。

とうもろこしの実には炭水化物、たんぱく質、リン、ビタミンB、食物繊維が豊富です。
そしてマグネシウムやカルシウムも含まれていて栄養価は高い野菜なんです。

芯もリノール酸、ビタミンB群、食物繊維、鉄分、亜鉛などが豊富に含まれています。
スープの出汁にしたり、炊き込みご飯に入れるのも簡単です。
(炊き込みごはんは炊けたら芯を取り出して食べましょう)

スポンサーリンク

緑茶の捨てないところ

緑茶の茶殻。これは消臭で使うくらいしかないと思っていたけど
実は茶殻にはまだ7割の栄養が残っているんです。

これは水に溶けない脂溶性の栄養が残ってしまうんですね。
食物繊維、ビタミンA、ビタミンE、クロロフィル
人参の2.4倍のベータカロチン、ホウレンソウの25倍のビタミンE
脂溶性なので残ってました。

もったいない!

乾燥させてふりかけにしたり、粉末をおにぎりに混ぜ込んだり
卵焼きに入れてみたりできます。
ごまや鰹節をかけておひたしにするのも簡単でいいかもしれません。

また一日大さじ半分で十分なカテキンが取れるので
ケーキやクッキーに混ぜても食べられます。
白菜の代わりに餃子に入れたり、茶殻炒飯もおいしそうです。


今まで当たり前のように捨てていた部分ですが
意外と栄養価が高くて食べれるところなのに知らずに
捨ててしまっていたことが分かってショックを受けました。

でもこれから大事に食べていけばいいですよね。
人生日々勉強です。

新しい知識をうまく取り入れてより健康に過ごしたいものです。




こんな記事も書いています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました