【体臭9種類の原因と対策】あなたの臭いはどのタイプの臭い?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
わき汗

周りの臭いに気づいたとき、
自分も臭っているんじゃないかと不安になったりしませんか。
心地よく過ごすのにも香りって大事です。

日本は湿度も高いですし、通勤電車ではあり得ないほど
他人と密接してしまうので
嫌でも臭いに敏感になってしまいます。
その状態で数十分動かなかったりするのですから苦痛です。

体臭と一言で言ってもいくつか種類があります。
発生源は体内腸内体表面に分かれますが、
以下のような9種類に分けられます。


・口臭
口の中からの臭いです。
唾液が減少したり、においの強い食べ物を食べると臭いが強くなります。
詳しくはこちらを確認してください。


・汗臭
体全体からの臭いです。
汗は無臭ですが、衣服に移ったり時間がたつと
細菌が増え臭うことになります。
詳しくはこちらを確認してください。


・ストレス汗臭
緊張やストレスで自律神経のバランスが崩れた場合に臭います。
詳しくはこちらを確認してください。


・ワキガ
脇の下から出るフェロモンのような臭いです。

これが強い臭いだとワキガと言われます。
詳しくはこちらを確認してください。


・足の臭い
足の臭いは足裏の汗、角質、ムレが原因です。
同じ靴を履き続けたり、ブーツなどでムレると強い臭いがします。
詳しくはこちらを確認してください。



・デリケートゾーンの臭い

熱や汗がこもり雑菌が発生して臭いがします。
すそワキガということでワキガ体質の人は臭いが強いです。
詳しくはこちらを確認してください。

アロマ


・加齢臭
脂肪酸の酸化が原因です。ロウソクのような臭い、
古い油の臭いと云われています。
頭部、耳の後ろ、首の後ろ、背中、胸に発生しやすいです。
詳しくはこちらを確認してください。


・ミドル脂臭
ミドル脂臭と加齢臭は同時期に発生することがあり分かりづらいものです。
臭いも同じような臭いですが、ミドル脂臭の方が臭いが強いです。
後頭部、頭頂部、うなじから発生しやすいです。
詳しくはこちらを確認してください。


・疲労臭
疲労による肝臓や腎臓の機能低下が原因です。
機能が低下して分解できずに、アンモニア臭が汗からでてきます。
詳しくはこちらを確認してください。


・病気
病気ということもあります。
怪しいと思った場合は受診しておきましょう。
早めに受診して治療すれば、治療期間も早く終わります。



上記とは別に服に染み付いた臭いというのも多いと思うので
確認してみてください。
何年も同じ服を着続けていませんか。

蓄積された臭いはケアしてもなくなることはありません。
是非新しい服に取り換えてみてください。

意外と臭いが軽減していて、
あなたの臭いの悩みはあっさり解決するかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました