好きを大切に

心地よく生きる

今年も年賀状が欲しいから年賀状を書こう|お年玉賞品でオリンピックを狙え

12月になると「年賀状を書かなきゃなあ」という気持ちになります。子供時代を昭和で過ごした者としては年賀状を書かないというのもそわそわするのです。 2020年はねずみ年 年賀はがきを選ぼう 来年はネズミ年ですね。「干...
心地よく生きる

クリスマス気分のイルミネーション|出不精でもキラキラは好き

冬は寒いですが、空気が澄んで星がキレイに見えますね。だからイルミネーションにも適した季節なんです。 キラキラが好き 女性はロマンティストな部分があるのでキラキラしたものが好きです。子どもの頃、お人形遊びしたり、...
クレイジージャーニー

森に潜む悪魔のトカゲを素手でゲット|噛まれまくる爬虫類ハンター

久々に登場の爬虫類ハンター、加藤さんのメキシコ旅です。いつもお目当て以上のものを見せてくれる加藤さん、今回も期待できそうですね。 品種改良されたウーパールーパー 常にアンテナ張ってます 走る車の中からイグアナを発見...
マツコの知らない世界

今の鳩時計は想像以上にかわいい|マツコの知らない世界

今回のマツコの知らない世界は、鳩時計についてです。鳩時計専門店オーナーの芹澤庸介さんが紹介してくれます。日本人初のドイツ鳩時計協会員という肩書で、鳩時計職人でもあります。 進化した鳩時計にびっくり 鳩時計って、古い山荘...
クレイジージャーニー

盆栽界の革命児|盆栽がかっこいいと知らしめる旅

今回のクレイジージャーニーは盆栽師の平尾成志さんです。いきなり紹介VTRで「盆栽のことをバカにするやつは許せない。だってかっこいいすもん」という熱いキャラにMC3人もまず最初に「この中で盆栽バカにしている人はいません」と伝えます。 ...
クレイジージャーニー

NYで50年活躍する前衛芸術家は戦っている

芸術って難しいですよね。 特に前衛芸術とか現代芸術って私には「???」だったりします。 でもね、それでいいんですよ。 何か感じるものがあればそれはそれでいいし、 感じなければ自分には合わなかっただけです。 ようやくそんな立ち位...
クレイジージャーニー

100年前の空気感の中で100年前のジーンズを作る

ビンテージジーンズが好きな男の人って多いですね。 今回は好きでビンテージジーンズを集めたり、 着たりするだけではなく 作っちゃおうという越後谷隆之さんです。 デニムアーティストが目指すのは 本当に職人さんに見えるけど、ご自...
クレイジージャーニー

道を究めるチーズ職人のその先は?

チーズっておいしいですよね。 海外では安いのでうらやましいです。 日本もだんだんスーパーで買える種類も増えて うれしい今日この頃です。 私の好きなパルミジャーノ・レッジャーノ 職人の道を究める 今回のクレイジージャーニーは、...
マツコの知らない世界

触覚を大事にするとご飯が美味しくなる

久しぶりのマツコの知らない世界です。 今回ご飯が美味しくなる茶碗の世界を紹介してくれるのは、田辺玲子さんです。 人目見ただけで、田辺さんはちゃんとしたロハス的な人と見抜きます。 確かにきちんとされていますね。第一印象って大事。 ...
クレイジージャーニー

最凶グンタイアリの行列を探す旅

やってきました、アリマスター島田拓さんです。 南米のフランス領ギアナへグンタイアリの行列探しの旅です。 90%が熱帯雨林という生き物満載の地ですね。 イケメンライダーに会う グンタイアリの行列を見たいという島田さんですが、 ...
心地よく生きる

香りを味方につけて助けてもらおう

香りって結構人に作用すると実感しています。 例えば胃が重くなるようなストレスを感じている時にも 香りを嗅ぐとストレスが軽くなるのを感じます。 良い香りは人によって違う 嗅覚は五感の中で唯一、脳の本能や情動に直接、ダイレクトに働きかける感...
クレイジージャーニー

カンボジアで1日に1回しか会えない魚をゲット

今回のクレイジージャーニーは、カンボジアの淡水魚に恋をして カンボジアに移住までした佐藤智之さんです。 確かにカンボジアは暑そうだし 魚の種類も多そうです。 ムツゴロウ スマイルマン佐藤 佐藤さんは笑顔も優しい、しゃ...
健康向上

中国茶は癒し効果だけじゃない?風邪にも効果的な中国茶

中国茶って種類がたくさんあって どれを飲もうか迷いますよね。 一番メジャーなのは烏龍茶でしょうか。 中国茶の種類とおいしい入れ方 中国茶は7種類に分けられます。 でも同じ種類でも茶葉が全く違う形をしていて 面白いですよね...
クレイジージャーニー

月の石で硯を作る|「月の石」はきなこ味?

硯なんて小学校の習字の時間で使ったきりではないでしょうか。 中学でも習字はあったのかな、なんて記憶もあやふやな限りです。 硯が友達のイケメン制硯師 「硯(すずり)は友達」と語るのはイケメン俳優のような青柳貴史さんです。 ...
クレイジージャーニー

愛すべきプランクトンと健気なクラゲ

プランクトンと聞いて何を思い浮かべますか。 私はジンベエザメのエサ、オキアミでしょうか。。 プランクトンはオキアミように小さいものだけでなく 2mを超えるものもあるんです。 流氷の天使 プランクトン撮影 今回のクレイジー...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました